2014年04月03日

北国街道その5・金津宿→粟津

いよいよ県境。石川県に入ります。


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_9424.JPG

金津宿の朝。

まだ6時前だからか町はひっそり。
この日はかなり気温が下がりました。

IMG_9431.JPG

宿場の端で直角に曲がると勾配がはじまります。

かつてはここから先の県境まで
鬱蒼とした雑木林が続いていたそうです。

IMG_9438.JPG

IMG_9436.JPG

現在はなだらかな田園地帯も
難所のひとつだったのでしょう。

往時の危険さを物語るように沿道には
道中安全を願うお地蔵様がいくつもありました。

IMG_9446.JPG

千束の一里塚。

片側のみですが状態はかなり良いです。
素晴らしい枝っぷりに感激。

IMG_9455.JPG

IMG_9457.JPG

IMG_9504.JPG

細呂木の集落。
ここには関所がありました。

IMG_9511.JPG

IMG_9515.JPG

他の関所と同じく取締りは
女と鉄砲が中心だったそうですが
加賀藩との最前線ということで特に厳しかったそうです。

IMG_9522.JPG

IMG_9521.JPG

そんな重要拠点の関所の町も
今はとっても静かな雰囲気でした。

IMG_9527.JPG

IMG_9528.JPG

吉崎御坊への道との追分。
右に曲がると北国街道の”のこぎり坂”。
昔は九十九折りが続き相当な難所だったようです。

左の吉崎御坊にちょっと寄り道してみました。

IMG_9537.JPG

IMG_9564.JPG

寄り道といっても往復8キロの歩きです。
それでも、寄ってよかったと思える良さがありました。

御坊跡からは日本海が眼下に広がり、
境内の広さはこれまた立派。

さすがは蓮如上人の寺内町でした。

IMG_9557.JPG

IMG_9559.JPG

さてさて、北国街道に戻ります。
のこぎり坂を越えると草道になってきました。

IMG_9577.JPG

IMG_9584.JPG

やがて県境。

県境というと峠があったり険しい場所が多いですが
ここはそんなことはなく県境がどこなのかわかりづらく、
知らず知らず加賀に入ってしまった感じです。

IMG_9597.JPG

IMG_9599.JPG

IMG_9602.JPG

大規模な梨農園の横を進み、
ゴルフ場の中を通ってしばらく行くと
北陸自動車道の加賀インターにたどり着きます。

IMG_9615.JPG

IMG_9625.JPG

インターのすぐ横にある藪道。
あまり人が通らないからか藪が酷く大変でした。

IMG_9629.JPG

一瞬、間違えたかと思ったのですが
出口には旧北国街道の看板がありホッと一安心です。

IMG_9642.JPG

IMG_9647.JPG

IMG_9656.JPG

ひと山を越えていくと
ようやく大聖寺宿が見えてきました。

IMG_9693.JPG

宿場の名前にある「大聖寺」
その寺は町中を探してもどこにもありません。
すでに古い時代になくなってしまったのだそうです。

IMG_9720.JPG

しかし町のいたる場所に多くの寺があり、
どれも立派な造りなんですよね。
実に見ごたえがありました。

IMG_9664.JPG

IMG_9663.JPG

大聖寺宿の入口には「関町」があります。

名前のとおり、関所があった場所で
ここでは越前を警戒していました。

IMG_9709.JPG

大聖寺は城跡や現代には加賀市役所があるように
この地方の古くからの中心地であったようです。

古い家々が立ち並ぶ町並みはいいですね。
街道筋の角には大きな鐘楼が建っていました。

IMG_9735.JPG

IMG_9741.JPG

IMG_9755.JPG

大聖寺を後にし動橋(いぶりばし)へ。

ここまでかけての街道は少し高台を通っていて
見渡しが良かったのが印象的でした。

IMG_9765.JPG

IMG_9779.JPG

この辺りの民家の屋根の瓦には
同じような色合いのものが多く使われています。

「越前瓦」というようですが
雪害に強く丈夫という特徴があるのだそうです。

IMG_9799.JPG

IMG_9805.JPG

動橋の町並み。
かつては片山津温泉の入口の役割があって、
特急も止まる大変賑わった町だったのですが
今は普通しか止まらず雰囲気になっています。

それはまるで時間が止まっているかのようです。

IMG_9821.JPG

七曲り付近。

道筋が曲がりに曲がっていたそうですが
今は痕跡のみが残っています。

IMG_9825.JPG

なぜ曲がるように作られたのでしょう。
1つは軍事的な意味で街道を行く人を警戒するためだったり
距離を長くすることによって領地を広く見せるなどの
理由があったのだといわれています。

IMG_9833.JPG

IMG_9819.JPG

白山がよく見えてきました。

IMG_9840.JPG

IMG_9852.JPG

本日最後の宿場町が月津宿。
この日は少し先にある粟津駅でゴールとしました。

posted by にゃおすけ at 19:48 | 大阪 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 北国街道(北陸道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック