2014年06月18日

伊賀街道その3・島ヶ原宿→木津

伊賀から山城の国へ。西に進みます。

IMG_2991.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_2992.JPG

島ヶ原宿の朝。
本陣跡も残る静かな町並みです。

IMG_3022.JPG

ここからは木津川に沿って進むのですが
しばらくは川幅が狭く崖が多いので
山あいに迂回する形で街道が通っています。

さっそく
宿の外れからアップダウンが始まりました。

IMG_3000.JPG

IMG_3024.JPG

歩いた季節は春。
ちょうど山つつじが見ごろでした。

関所の跡を過ぎると
いよいよ伊賀と山城の国境です。
国境には境界を示す2本の石柱が建っています。

IMG_3035.JPG

この石柱は元々は木製でした。
しかも背中合わせに建っていたそうです。

IMG_3039.JPG

今回の区間は伊賀街道として紹介してますが
別名では大和街道(加太越奈良道)とも呼ばれています。

調べるところ、伊賀街道は
古来から伊賀地方から伊勢方面に向かう道でした。
また伊賀地方から京、奈良へ抜ける重要な道でもありました。

IMG_3047.JPG

IMG_3041.JPG

江戸時代に入り藤堂家が治めるようになってからは
新たに津城と伊賀上野城とを結ぶ道も整備されたようです。

ちなみに、江戸から奈良へ向かうには
大和街道(加太越奈良道)を利用するのが一番の近道でした。
大名行列も見られ全国的に見ても重要な街道だったようです。

さぁ、藪漕ぎです。

月ヶ瀬口駅から大河原駅にかけては
このような草道が今も残っています。

IMG_3058.JPG

踏み跡がしっかりしているので難なくいけるのですが
それでも道がわかりにくい場所がありました。

こういう時は上を見てみましょう。
電柱や電線がある時は大抵は道沿いに立っているので
100%頼ってはダメですが意外とうまくいくものです。

IMG_3062.JPG

藪漕ぎで、迷った時は、空をみる

もちろん、GPSと地図も併用しておくと安心です。

IMG_3068.JPG

IMG_3092.JPG

IMG_3102.JPG

大河原。
その名の通り目の前には大きな河原が広がります。

そして山の新緑はパッチワークのようで美しい。
街道にはチューリップが咲き誇り実に春らしい光景です。

IMG_3088.JPG

IMG_3096.JPG

ここからしばらくは国道を歩きます。
歩道がなく交通量も多い大変なデンジャラスな区間です。

IMG_3120.JPG

雨の日や夕暮れ時などは特に注意が必要で
心配な方は無理をなさらないほうが賢明でしょう。

ただ、木津川が横に流れてるので景色は良いんですよね。
それだけに少し勿体ない区間ではあります。

IMG_3107.JPG

IMG_3129.JPG

IMG_3148.JPG

笠置の手前には大きな峠があります。
ひと山を越えるのでなかなかハードな道のりです。

急こう配が続いたてっぺんの峠には
なんとも言えない良い雰囲気がありました。

IMG_3152.JPG

IMG_3158.JPG

笠置は磨崖仏で有名な笠置寺や温泉があり
今日でも人気スポットになっています。

笠置から奈良市内へのルートは
いくつか存在していて少しややこしくなっています。

1・舟で木津川を下り木津から奈良街道で奈良へ
2・笠置より柳生街道を経由して奈良へ
3・笠置より笠置街道(月ヶ瀬街道)を経由して奈良へ
4・笠置から五軒屋の渡し、山田、加茂、奈良阪を経由し奈良へ
5・木津まで行き奈良街道で奈良へ(今回)

今回のルートでは京へ向かう利用者も多かったようです。
なお、奈良へのルートで一番人気があったルートは
分間絵図にもある4番目のルートだったのではと思います。

IMG_3170.JPG

IMG_3182.JPG

その4番目のルートの分岐点が木屋の集落。
かつては木屋集落の手前に五軒屋の渡しがあり多くの人が利用したようです。

木屋の対岸からは山に入っていき山田→加茂へと続いてるのですが
現在は藪が茂り放題で通行は一部困難な状態です。

古くは木津川の南岸を加茂にかけての街道があったのですが
度重なる川の氾濫で川沿いから山中に移ったのだそうです。

IMG_3183.JPG

木屋の中心部にあった道標。
この場所は信楽への道の分岐点でもあったようです。

右:和束、前:笠置 上の、左:奈良

IMG_3192.JPG

木屋を過ぎると加茂宿です。

位置的に宿場は今回のルートから離れていて
先ほどの4番目のルート上に存在しています。

IMG_3241.JPG

IMG_3232.JPG

今回のルート上には何もないかといえばそうではなく、
恭仁京の跡や、国分寺の跡など見どころも豊富でした。

もちろん、これら2つの名所は江戸時代は跡だったわけですが
加茂宿にある渡しを利用すれば奈良と信楽、近江を結ぶ最短経路上でもあり
対岸の加茂の宿場町に近い賑わいがあったのではないでしょうか。

IMG_3261.JPG

IMG_3272.JPG

再び国道歩いていくと木津の町に入ります。

木津は奈良の物流の拠点で
”津”という名の通り大きな港があったそうです。

IMG_3277.JPG

IMG_3280.JPG

立派な茶の施設が並びます。

あの伊右衛門の福寿園もここにあり、
茶の良い香りが漂っていました。

IMG_3281.JPG

この地方に多い形の道標前でゴールとしました。
昭和初期のもので実に立派なものでした。


posted by にゃおすけ at 19:23 | 大阪 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 伊勢への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいております。
先日、このルートで木津→島ヶ原を予定しておりましたが、
急な雷雨により月ケ瀬口駅でやめました。
その時にわかったのですが、月ケ瀬口駅北側に4月にオープンしたばかりの道の駅を発見しました!
駅の東側(伊賀側)に線路をくぐるトンネルがありそれを使います。
また、1時間に1本しか来ない電車の暇つぶしにも使えますよ。
街道から少し逸れますが、きれいなトイレもあり、食事もでき、とても良い休憩場所と感じました。
Posted by mogmog at 2017年05月02日 09:12
おつかれさまです!

これからの季節は特に休憩所はありがたいですよね。
今度車で立ち寄ってみることにしますー。
Posted by にゃおすけ at 2017年05月02日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック