2014年10月28日

『街道歩きのススメ』 撮影テクニックと記録

街道を歩いていると感動する場面が出てきますが
それらをどうやって記録していくかが今回のテーマです。

街道歩きは人それぞれ楽しみ方があります。

各地の歴史を調べながらという人や、
街道風景の写真を撮りながら歩いてる人、
中には名物グルメを求めて歩く人も。

記録の取り方として
写真やスケッチやメモが思い浮かびますが
街道歩きでは行程に余裕がある場合は別として
じっくり何かをする時間が限られているので
効率良い記録となると写真が一番でしょうか。

以下、自己流の撮影テクニックになりますが
中山道の写真を交えて紹介させてもらいます。

R0012379.JPG

上の写真は塩尻の平出一里塚です。

歩いている最中に撮影した
いわゆるスナップ写真というジャンルです。

この写真には農作業の人が写っています。
人を入れると生活感が出て時代の風俗もわかって
後から見ると実に良い記録になったりします。

R0012446.JPG

人を入れての写真をもう一枚。
中山道に落ちた栗を掃除する光景です。

この後すぐに作業を終えて帰られたのですが
仮にカメラを鞄の中にしまっていたままだったら
せっかくのチャンスを逃していたかもしれません。

こういうチャンスを逃さないためにも
私は基本的にカメラを片手に持って歩いています。
一眼レフは画質は良いですが長距離歩きには重いので
軽いミラーレス一眼のEOSMを愛用しています。

honnzin.JPG

この2つの写真を見比べてみてください。
塩尻付近にある茶屋本陣跡(今井家)です。

右の写真は少し斜めになっているのがわかると思います。
一方、左は垂直の線が出ているので引き締まって見えます。

いつも撮る時に気を付けてるのは水平線です。
レンズの特性で広角になると歪みが生じて難しいのですが
ポイントとなる被写体は斜めにならないようにしています。

この写真の場合だとポイントを門構えにしました。
こう並べて見比べると写真の印象が随分違いますよね。

R0012623.JPG

下諏訪宿の町並みです。

この写真の一番残念なところは
奥の道路上にある赤いカラーコーンです。

このように色が目立つものは
出来るだけ写真に入れないように気を付けています。
アングルを変えると目立たなくすることが出来ますが
この時は少し急いでいたのかもしれません。

例としてカラーコーンをあげてみましたが
奇抜な色の車や派手な服装の人にも当てはまります。
他に巨大なポスターや変わった色の家もそうでしょう。

それらをメインとして撮りたいなら別ですが
本来主張したいものが脇役になってしまう恐れがあります。

要は何がいけないとか良いのかではなくて
何をメインに撮りたいのかなのかもしれません。

DSC04664.JPG

この写真は妻籠宿付近のものです。
観光客が結構いたので休憩がてら少し待ってると
ほどなく誰もいない静かな空間になってくれました。

観光客は本来はそこの土地の人ではないので
カメラを持っていたり着飾っていたりするもので
どこか違和感を覚えることがあります。

よっぽど混雑している場合は別ですが
観光客はできるだけ写っていないほうが
本来の町の様子を記録出来るかなと思います。

R0010481.JPG

木曽路の寝覚ノ床付近の光景です。

左の写真は電線が目立っています。
電線は基本的に空に張り巡らされているので
これをどう処理するかが悩みのタネです。

左は順光で右は半逆光で撮っています。
どちらもほぼ同じ時間に撮っているのですが
右はうまく電線が消えてるのがわかると思います。

このように目立たないようにすることは可能です。
他の技としては広角で撮ると目立ちにくいです。
望遠だと空間が圧縮されるので目立ってしまいます。

電線に限らずとも
写真の中に何もかも詰め過ぎてしまうと
ゴチャゴチャしてわかりにくい絵になってしまいがちです。
伝えたい部分をうまく切り取ることが出来れば
見る側にもうまく伝わるかなと思います。

R0012800.JPG

和田峠のススキです。

基本的に花はバックを暗めにして逆光気味で撮ると
立体感が出て面白い写真になると思います。

花1つにしても構図によって随分印象が変わってくるもので
三分割法などの方法がありますが説明が長くなるので割愛します。

被写体を真ん中に置く”日の丸構図”は
一般的に当たり外れのない写真になると言われていますが
街道歩きでは出会った道標や看板を記録をするときは
構図をあまり考えず撮ったほうが良い記録になるかもしれません。

R0012823.JPG

和田峠の風情です。

同じ場所でも季節や時間によって違う表情を見せてくれます。
またの機会に再度訪れてみたいものです。

さいごに。

いまやデジタルカメラが主流になってきて
枚数をそれほど気にせず撮れるようになってきました。

フィルムカメラは色の味わいなどで根強い人気がありますが
デジカメはシャッターを押すたびに時間や露出、
GPS付きなら場所までも記録されていくので
行動記録としてピッタリだと思います。

このようにデジカメは気軽に撮れて良いのですが
気軽に撮れるがゆえ一枚にかける情熱が少なくなってる気がします。

シャッターを切る前に一呼吸おいて
ファインダーを隅々まで確認してから撮影すると
良い写真が増えていくのではと思います。

そして撮ったものはそのままにしておかず
たまには整理して眺めてみましょう。
懐かしい思い出が蘇ってくるはずです。

整理はGoogleのPicasaというソフトを使用しています。
操作が簡単。しかも無料でオススメです。


  
posted by にゃおすけ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街道歩きテクニック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック