2014年12月18日

清滝街道・守口宿→平群

大阪から奈良・伊勢への街道。
生駒山系にある清滝峠を越える道です。

R0013542.JPG
東海道と分岐する細い道が清滝(守口)街道


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

東海道の守口宿をスタートします。

ルートマップを見てみますと
ほぼ直線で奈良盆地へ通じることから
守口周辺の人々は伊勢へ行く際は
清滝街道が便利だったものと思われます。

R0013545.JPG

R0013548.JPG

もっとも清滝街道といっても
ルートに諸説があるわけなんですが
今回は守口街道とも言われている四條畷までの区間と
清滝峠と奈良県側の平群町へと至る清滝街道区間を
ひとくくりにして扱っています。

R0013560.JPG

R0013556.JPG

右には京阪電車の線路、
そして左にはパナソニックの工場。

さすがは大企業のお膝元です。
あちこちに関連施設が立ち並んでいます。

R0013577.JPG

そんな中でも旧道には昔ながらの光景がありました。

古い寺社があったり大きな木が植わっていたりして
この道には歴史があることがわかりますね。

R0013584.JPG

古川橋のあたりの道標。

この付近は開発によって消滅している道が多いのですが
昔の道筋を知るにはありがたい存在です。

R0013581.JPG

R0013590.JPG

その道標なんですが時代によっての特徴があります。

まず江戸時代に作られたものは
彫りが深かったり崩し字が凄かったりしますが
明治時代や大正時代に建てられたものは
線が細く読みやすいのが多い気がします。

大正時代ごろになると指さし型もあったりと
時代時代の流行の形があって面白いものです。

R0013596.JPG

巣本までくると田畑が増えてきました。

さらに第二京阪道路を過ぎると
蔵のある町並みが広がって良い雰囲気です。

R0013622.JPG

R0013614.JPG

道標を発見。
大峯山と書かれている下に「いせ、なら道」

伊勢の文字を見ると
この道は伊勢へと続いてるのだと実感しますね。

R0013637.JPG

どんどん生駒の山が近づいてきました。
外環状線を越えると東高野街道との交差点。

ここまでは別名「守口街道」でしたが
ここからは「清滝街道」として進んでいきます。

R0013652.JPG

古い神社や景色に癒されます。

本来の峠への道では草道が2ヶ所あったのですが
ほぼ廃道状態で大変なことになっていました。

そこで仕方なく迂回路を通ったわけですが
階段状に整備されていて歩きやすかったものの
風情がなくつまらないものでした(^^;

R0013679.JPG

R0013696.JPG

峠には大きな柿の木がありました。

旧道には古い家や石碑も立っていて
峠の風情がかなり良い感じ。

R0013697.JPG

R0013702.JPG

峠から先の下り道は国道沿いを進みます。

でも国道には歩道が殆どありません。
しかもトラックがバンバン。

進むにはかなりの勇気が必要でした。

R0013707.JPG

R0013716.JPG

R0013711.JPG

やがて枚方より南下してきた磐船街道と合流。

この辺りはルートマップを見てもらうとわかるのですが
少し北へ移動している格好になっています。

橋の関係で現在はこうなってると思うのですが
昔はそのまま真っ直ぐだったのでは?と思います。

R0013763.JPG

R0013750.JPG

生駒山を右手に眺めながら南下していきます。

東生駒までは郊外な町の雰囲気で飲食店も多数。
街道は4車線のバイパス道を進みます。

R0013766.JPG

たまに砂利道や旧道も残っていたり。
単調な道が多い区間もメリハリがあると楽しいですね。

R0013794.JPG

平群の入口には渓谷が。
比較的大きな滝がありました。

水の音はまさしく轟音です。

地元なので車では付近をよく通るのですが
このような渓谷があったなんて知りませんでした。
歩いてきたからこそ発見ですね。

R0013799.JPG

R0013826.JPG

平群町内は田園風景が続きます。

長屋王の墓など見所もたくさん。
この辺りの名産の仏花が咲き乱れます。

R0013839.JPG

八尾からの十三街道と合流すると
やがてゴールの竜田川に到達です。
ここは竜田越奈良道との追分でもあります。


  
posted by にゃおすけ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から奈良への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック