2015年02月24日

西国街道その9・岡山城下→矢掛宿

夜明けが遅くなってきた10月の朝。
矢掛の本陣を見学したく暗いうちに出立しました。

IMG_1580.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_1584.JPG

岡山城下の宿場機能は
下之町、上之町付近が担っていました。

今もこの付近は大きな商店街になっていて
かつての賑わいを感じることが出来ます。

ただ、古い家は皆無に等しく、
戦災の影響で残っていないようです。

IMG_1586.JPG

柳川交差点。
この辺りの道路はとてつもなく広いのが特長的です。
戦後、道路の拡幅とロータリーの建設が行われています。

江戸時代においてもこの道筋は重要だったようで
古地図を見ると堀があり小橋が架かり枡形があったそうです。

IMG_1592.JPG

町がようやく目覚めてきました。

新幹線の高架をくぐっても
別の商店街がまだまだ続いています。

IMG_1595.JPG

IMG_1607.JPG

こちらは奉還町商店街。
明治になって武士は失職した際の退職金を奉還金と呼ぶのですが
奉還金を元手に武士が商売を始めたという歴史のある商店街です。

IMG_1614.JPG

IMG_1616.JPG

水路がある街道風情。
石積みに古さを感じますね。

この辺りからは古い家をちらほら見かけることができます。
空襲の影響は山沿いなので少なかったのでしょう。

IMG_1619.JPG

IMG_1620.JPG

IMG_1638.JPG

やがて街道はちょっとした高台へ。
矢坂宿と呼ばれる間の宿に差し掛かります。

IMG_1649.JPG

この写真のあたりは本陣跡と呼ばれていますが
おそらく茶屋(本陣)の意味かと思います。

IMG_1654.JPG

郊外の風景になってきました。

左には吉備津彦神社があるのですが
以前寄ったことがあるのでスルーしています。

IMG_1660.JPG

今回の区間ではこのように史跡が豊富です。
もしかすると西国街道一番の見どころ多い区間と思うので
余裕があれば2回に分けて歩いたほうが良いかもしれませんね。

IMG_1664.JPG

この辺りは左にカーブをしてますが
右方向からの細い道と合流します。

この道こそが藤井宿付近で分岐した古代山陽道です。

IMG_1665.JPG

IMG_1673.JPG

この先で備前、備中の境界碑(元禄年間)を見て
真金一里塚にたどりついます。

上の木は後年のものになるのですが
盛り土に往年の面影を感じることができました。

IMG_1672.JPG

IMG_1678.JPG

吉備津神社への参道と分けます。
立派な松並木が西国街道の鳥居から出ています。

この吉備津神社近くの宿場町が板倉宿です。

IMG_1682.JPG

IMG_1686.JPG

江戸時代の後期は歓楽街としても賑わっていたそうで、
なまこ壁の立派な家があるなど面影を感じます。

IMG_1693.JPG

IMG_1698.JPG

IMG_1694.JPG

この昭和60年に復元された道標には
松山(備中)や陣屋のあった庭瀬などの文字を確認できます。
板倉宿は交通のジャンクションだったことがわかります。

IMG_1700.JPG

IMG_1709.JPG

備中高松城攻めで有名な足守川を渡ります。
この周辺は田畑が広くなんとも気持ちの良い眺めです。

川の堤防横には明治天皇野立場跡があるのですが
明治43年にあった軍事訓練の観閲時によるもので
さぞ見渡しが良かったものと思います。

IMG_1714.JPG

IMG_1722.JPG

IMG_1723.JPG

IMG_1770.JPG

国分寺の五重塔が見えてきました。
ここからしばらくは右手に眺めながら進んでいきます。

この付近の風情ある旧道。
造り酒屋があり試飲が出来るみたいです。

IMG_1761.JPG

IMG_1763.JPG

土壁が実にいいですね。
「金」と書かれた立派な金毘羅さん常夜灯もありました。

IMG_1771.JPG

IMG_1779.JPG

IMG_1782.JPG

IMG_1807.JPG

やがて高梁川の堤防へ。

現在は橋で渡るしかないのですが
かつては舟で渡っていました。

対岸の川辺宿側には渡し場跡が残っています。
川には高瀬舟の往来もあり相当な賑わいがあったそうです。

IMG_1811.JPG

IMG_1814.JPG

川辺宿。

今回のゴールは有名な矢掛宿ですが
川辺宿は川止め対策の宿場町でもあったので
矢掛宿を上回る重要な拠点だったといいます。

現在は国道のバイパスが出来ているので
宿場の風情はひっそり。なんとも静かなものです。

IMG_1823.JPG

IMG_1829.JPG

秋は祭りの季節。
立派なのぼりが立ってました。

ここからはひたすら西へと進んでいきます。

IMG_1842.JPG

IMG_1839.JPG

途中なにもないところで街道は屈折します。

大曲です。

なぜこれほどまでに曲がってるかというと
条里制に関係しているという話です。

IMG_1844.JPG

この付近は吉備真備の史跡を多く見かけます。

街道を歩いていると歴史を感じることがありますが
それは江戸時代から近世にかけてのものが多いです。

ところが今回の区間に関しては
江戸時代以前の歴史を感じる箇所が多いもので
先ほどの国分寺にしろ数多くの古いものが残っています。
それだけ山陽道は古くからの重要道だったということでしょう。

IMG_1859.JPG

IMG_1861.JPG

IMG_1874.JPG

黄金に輝く稲。
西日が強くなってきました。

家族総出の光景をあちこちで見かけました。

左手の山は猿掛城跡です。
街道は山と山の間の空間を抜けていきます。

IMG_1880.JPG

IMG_1894.JPG

国道と離れ旧道に入ります。
三谷駅付近ではしばらく高台の道を進みます。

おそらくは川の氾濫対策だったのでしょう。
かなり高い位置まで上ったので国道が真下に見えました。

IMG_1898.JPG

IMG_1897.JPG

IMG_1903.JPG

IMG_1914.JPG

やがて矢掛宿に到着です。
ここは本陣と脇本陣の建物が残る街道唯一の宿場です。

IMG_1934.JPG

IMG_1941.JPG

IMG_1955.JPG

脇本陣の見学は15:00までなのですが
本陣は17:00まで見ることができます。
希望すれば係員から説明を受けることができます。

IMG_1939.JPG

次回は広島県へと進めていきます。


  
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 西国街道(山陽道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何年か前に吉備津神社にお参りに行った事があります。
お願いごとが叶うと護摩木を焚いている護摩の釜がなるという体験をしました。
岡山には姪がいますが、まだまだ知らない処ばかりで
懐かしくかんじました。
Posted by 昔の at 2015年03月04日 09:43
>昔のさん

あの辺りは古き良きものが残ってますよね。
西国街道を歩いていても上位の区間だと思います。
また訪れてみたいものです。
Posted by にゃおすけ at 2015年03月04日 11:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック