2015年03月10日

能勢街道その2・池田→黒川&妙見山

能勢街道の続きを池田より。

IMG_0580.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_0575.JPG

季節は晩秋。
前回は38度の炎天下の中を歩きましたが
葉が色づいて町の雰囲気が違って見えます。

IMG_0573.JPG

IMG_0579.JPG

IMG_0593.JPG

猪名川のほとりを進みます。

少し下流では夏に花火大会が開催されます。
交通の便が良く規模も大きい大会なのですが
それほど混雑がないので穴場だったりします。

IMG_0598.JPG

川沿いには阪神高速の高架橋が立ち並びます。
かつての街道は高架橋下を進んでいたようですが
残念ながら消滅してしまっています。

IMG_0589.JPG

能勢街道のルート看板。

池田の周辺はこのような看板が設置してあり
迷うことなく進めるのはありがたいことです。

IMG_0602.JPG

IMG_0607.JPG

でも問題はここから先。
能勢街道はいくつかのルートに分かれています。

現代の感覚から考えると
川に沿ってのルート(現在の国道)が楽に見えるのですけど、
険しい崖があり道を通すには江戸期の技術では難しかったようで
明治期になってから作られたルートなのだそうです。

今回は伏尾を通る尾根沿いルートで進んでいきます。

IMG_0616.JPG

IMG_0617.JPG

勾配を少しづつ稼いでいくと
ゴルフ場の中へと導かれていきます。

伏尾ゴルフ倶楽部です。

IMG_0636.JPG

入口にはこんな感じの看板がありました。
「街道ウォーカーのために道が開放しているよっ!」

IMG_0637.JPG

IMG_0640.JPG

ゴルフ場では飛球があるので立入禁止が多いと思うのですが
このようなウォーカーへの配慮は嬉しいですよね。

ただし指定された場所以外は入ってはいけないようで
うろうろと寄り道することはできませんでした。

IMG_0641.JPG

ゴルフ場内の片隅にあった石仏群。
かつては道沿いにあったものなのでしょう。

IMG_0632.JPG

IMG_0643.JPG

ゴルフ場手前には大きな常夜灯がありました。

こういう古いものがあるということは
ここが街道であった何よりの証拠ですね。

IMG_0663.JPG

IMG_0666.JPG

IMG_0680.JPG

尾根道を進み住宅街を抜けると
妙見口駅の手前に差し掛かります。

IMG_0696.JPG

IMG_0705.JPG

IMG_0706.JPG

妙見山は関西の霊峰の一つ。
江戸時代後期は特に賑わっていました。

今回の能勢街道は妙見山への参詣道でもあるので
数多くの参拝者が通っていたと思われます。

IMG_0709.JPG

IMG_0711.JPG

多くの人が通る重要な道というだけあって
道の改良は古くから活発に行われていたようです。
先ほど述べた明治になって出来た川沿いの道もそうですが
新しい道や鉄道が開設され便利になっていきました。

今回の区間において廃道になってる場所が多いのですが
こういった事情があるのかもしれません。

IMG_0713.JPG

IMG_0714.JPG

さあ、妙見山です。
一旦ここで能勢街道と分かれて寄り道をします。

今はケーブルカーや車で楽々といけますが
昔はというと、もちろん登山になります。

江戸時代のルートは
現代のコースでは上杉尾根ルートが該当します。
今もあちこちに常夜灯や石積みなど見ることができます。

IMG_0723.JPG

IMG_0724.JPG

この上杉尾根ルートですが
江戸時代は現在の入口と少し違っていました。

この鳥居の場所が江戸時代の入口です。

IMG_0727.JPG

IMG_0732.JPG

本来はここから上にあがっていくのですが
藪が多すぎて進むには困難な状態です。

IMG_0747.JPG

IMG_0741.JPG

IMG_0767.JPG

妙見山の頂上は
まさに霊場といった雰囲気がありました。

IMG_0782.JPG

IMG_0786.JPG

IMG_0798.JPG

古い飲食店もなかなかの雰囲気。

帰り道は主に京都方面から使われていたであろう
余野への妙見山参道で下山しました。

IMG_0809.JPG

大正時代に造られた大鳥居。
鳥居の奥には古い参道が伸びていました。

IMG_0814.JPG


IMG_0827.JPG

IMG_0833.JPG

こういう倒木多数の区間もありました。

山の中の道はある程度整備されていないと
雨やら台風やらでこうなってしまいますね。

IMG_0840.JPG

IMG_0844.JPG

かつては賑わっていたであろう旧参道。
まるでひっそりと眠っているかのようです。

今回は余野でゴールとしました。


   
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から京都への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック