2015年04月01日

淀川河口部の道の変遷と梅田街道・難波橋→尼崎

先日、大阪歴史博物館の講演会で
梅田街道が取り上げられていました。
大阪は中之島の難波橋から尼崎の大物への道です。

IMG_4035.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_3985.JPG

難波橋は通称”ライオン橋”で人気があります。
明治45年に架橋されています。

それ以前の橋は25mほど下流に架かっていました。
ここが梅田街道のスタート地点になります。

IMG_3986.JPG

IMG_3993.JPG

横に流れるの堂島川。そして中之島が見えます。
江戸時代は蔵が立ち並んでいました。

川筋には数多くの案内板が設置されて
天下の台所と言われた大坂を感じることができます。

IMG_3996.JPG

IMG_3997.JPG

かつての大阪市内は舟運が盛んで
市内を縦横無尽に運河が掘られてました。
まさに水の都といった光景だったことでしょう。

梅田街道沿いの運河の名残に
堂島掘割(梅田入堀)という大阪駅付近までの堀がありました。

この堀は明治に入ってからのものなので
大阪駅に着いた荷物を船に乗せ換えて市中に運んだようです。

IMG_4002.JPG
かつて高架道路の下に堀があった

IMG_4012.JPG
出入橋

出入橋は堂島掘割に架かっていた橋で
今も舗装されず石造りのまま残っているのは驚きです。

福島、旧梅田貨物駅の横を進んでいきます。

IMG_4014.JPG

IMG_4015.JPG

この梅田という地名ですが
江戸時代は元々湿地帯だった場所を埋めて田んぼにしたところ
埋田となり後年に梅田と呼ばれるようになっています。

大阪に住んでいると梅田というと
阪急梅田駅あたりをイメージしてしまうのですが
この辺りの町名も梅田ということで随分広いものです。

IMG_4028.JPG

IMG_4030.JPG

都会から郊外の様相に変わってきました。
旧道沿いには大きな工場の名残を散見できます。

新淀川の手前にある旧紡績工場の敷地には
明治時代に作られたレンガの壁が今も残っています。

IMG_4031.JPG

IMG_4034.JPG

新淀川を渡ります。

江戸時代の淀川というと
下流で大川、堂島川、中津川と分かれていたのですが
明治期の治水で大きな川筋を作られることになりました。

それが現在の(新)淀川の流れで
元々あった道や村は川の底に沈んでしまいました。

IMG_4038.JPG

新淀川が開削された後も
しばらくは渡し舟が運行されていたようですが
現在は遠く離れた国道2号線の淀川大橋で迂回するしかありません。

この淀川大橋ですが
新淀川開削時は西成大橋という名前でした。
下流側に平行して架かっていたそうです。

欄柱は鼻川神社に保存されています。

IMG_4042.JPG

IMG_4043.JPG

鼻川神社は本来は新淀川の河川敷にあったのですが
開削の際に現在地に移設を余儀なくされました。

またこの付近が中津川と新淀川が合流する地点になっています。

IMG_4047.JPG

IMG_4054.JPG

梅田街道には渡し場が2カ所存在していました。

その一つが「野里の渡し」
現在は埋められている中津川を渡るもので
柏里付近が大坂側の船着場でした。

かつての堤防跡には
サンリバーという商店があるのですが
おそらく中津川を意識しての命名なのでしょう。

IMG_4055.JPG

IMG_4059.JPG

野里の渡しのモニュメンがありました。
明治9年になると「槲(かしわ)の橋」が架けれられています。

この後しばらくは中津川の旧堤防沿いに進みます。

IMG_4063.JPG
中津川の旧堤防の風情

IMG_4067.JPG

八丁橋の交差点。

この付近の住民は梅田街道を八丁街道と呼ぶ人が多かったそうです。
橋は延宝6年(1678)に出来た中島大水道に架けられていました。

IMG_4069.JPG

IMG_4070.JPG

中島大水道は今は緑道になっています。
この地域の悪水を海に流すために作られていたのですが
新淀川開削後は役目を終える形で埋められてしまいました。

IMG_4080.JPG

IMG_4078.JPG

2つ目の渡し場が「佃の渡し」

神崎川を越える渡しですが
近代的な堤防によって名残は残っていません。

対岸は佃島です。

佃煮は江戸の佃が発祥ですが
元々は大阪の佃の漁民が江戸に移って(後の佃)のものとなります。

現在も東京と大阪の交流は続いているそうで
学校では交換授業という形でお互いに行き来しているようです。

IMG_4087.JPG

弧を描いたような道筋。
地盤が安定せず砂地でもあったので
右側に長屋が建っていたのですが阪神大震災で崩壊しています。

この地域に多い神社は住吉神社です。
かつては村ごとに住吉さんがあったそうですが
現在は合祀されたりと少なくなってしまっています。

IMG_4088.JPG

IMG_4091.JPG

佃地区の住吉さんは田蓑神社。

名前は変わってしまっているのですが
拝殿の奥には住吉さんが四連並んでおられます。

そして拝殿の上に書いてある文字は住吉神社。
こういう名残り探しは楽しいですね。

IMG_4101.JPG

IMG_4109.JPG

右手に左門殿川を見つつ歩いていくと
尼崎は大物(だいもつ)の辰巳橋にたどり着くことができます。

大物は大きな港があり
堺への船が多く出ていたそうです。

大物の隣が尼崎城のあった尼崎になるのですが
今では一つの尼崎のくくりになっちゃいましたね。

IMG_4113.JPG

IMG_4114.JPG

最後に梅田街道の歴史を書いておきましょう。

中世までの大阪と尼崎を結ぶ街道は
遠く山陽道と接続する中国街道がメインでした。
その頃の梅田街道は湿地帯の中に細道として存在するだけで
たとえ近道であっても通る人は少なかったようです。

中国街道のレコ
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-163845.html

戦国時代に入ると軍勢を移動するために道が整備されていきますが
梅田街道の原型はこの頃に出来上がってきたと思われます。
江戸時代になっても尼崎へのメイン扱いにはなっておらず
あくまでメインは中国街道で梅田街道は脇道扱いでした。

整備されてもなお遠回りの中国街道がメインだった理由として
古くからの賑わいがあり街道筋に人々が多く住んでいた上に、
一段高い場所なので地盤が安定していたということなのでしょう。

それでも近道ということで結構利用者は多かったようです
「摂津名所図会大成」よると「中津川の下流 野里村にあり この街道は
大坂より尼がさきにいたる近道なるがゆへに西国往返の旅人兵庫西の宮
尼が崎等の諸商人ことごとくこの渡しを越ゆるにより常に行人間断なく
別けて尼がさきの魚商人飛脚をはじめ西宮兵庫の飛脚諸商人日毎に通行して
頗る賑わしき道条なり」と賑わいぶりを今に伝えます。

明治時代になると街道名が付けられ、
梅田街道は難波橋北詰から辰巳橋までと定義されていきます。


   
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック