2015年07月01日

茨木・枚方街道・芥川宿→枚方宿→郡山宿

摂津の主要都市を結ぶ2つの街道を歩いてみました。

IMG_6768.JPG
高槻の芥川宿のたたずまい。


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_6772.JPG
芥川宿の追分。左が枚方街道。右が西国街道。

今回の街道は距離が短いですが
双方とも西国街道の宿場町を起点としています。

枚方街道・芥川宿−枚方宿
茨木街道・郡山宿−枚方宿

枚方では東海道と接続しています。

IMG_6790.JPG

IMG_6773.JPG

まずは枚方街道。
高槻の芥川宿からスタートします。

旧道の狭い一本道。
駅前のマンションとの対比が面白いですね。

IMG_6774.JPG

IMG_6820.JPG

IMG_6816.JPG

道の右手にある水路は古地図を見ると
形は変わってはいますが昔からあるようです。

付近は高槻城の城下町だったので
碁盤の目のような町並みが特長的です。

IMG_6830.JPG

IMG_6832.JPG

IMG_6835.JPG

途中で見かけた斜めに立つ道標。

南面「右 八はた 淀 前島 舟のり場、すぐ 京伏見 山さ記 柳谷 よしみね」
東面「右 あくた川 かさのも里 のせ妙見、左 そうち寺 とん田いばら木」
北面「すぐ 大坂三しまへ からさき そうちヽ ひらかた」

北から南に進んできたので
「ひらかた」の文字がきちんと書かれてあるのがわかります。

IMG_6836.JPG

ちなみに東に進むと枚方市牧野へ出ることができます。

いわゆる前島街道という道なのですが
牧野付近の淀川の渡しが廃止されたので、
迂回路を10キロも歩く必要が出てきてしまいます。
地図を見ると淀川を渡ればすぐなんですけどね。

IMG_6840.JPG

IMG_6841.JPG

高槻城下の出入り口には
「六口(ろっくち)」と呼ばれる木戸(門)がありました。

今回は芥川宿から歩いてきたので
城下の入口には「芥川口」をくぐってきました。
そして城外へは「大塚口」から出ることになります。

IMG_6842.JPG

大塚とは淀川の渡しのある集落にあたります。
それぞれの口には行き先に因んだ名前がついていて
他に京口、前島口、大坂口、富田口がありました。

IMG_6846.JPG

城下を出ての旧道風情。
さすがは市街地だけあって古い風情は少ないです。

IMG_6851.JPG

この場所はかろうじて残っている感じですが
かつてはこれの2、3倍ぐらいの道幅があったことでしょう。
家の敷地として払い下げられてしまったようです。

IMG_6876.JPG

IMG_6870.JPG

尊重寺は立派な鐘楼があるお寺です。

淀川が近くなってきました。
堤防の手前にある立派な道標は明治期のものです。

IMG_6882.JPG

IMG_6878.JPG

この他にも今回の道中においては
同じタイプの道標をよく見かけることができました。

IMG_6888.JPG

IMG_6898.JPG

淀川の渡し場(大塚の渡し)跡。
ここから対岸の枚方宿へ舟が出ていました。

現在は枚方大橋で大きく迂回せねばなりません。
その距離2キロ(往復4キロ)。約30分の迂回です。

IMG_6899.JPG

IMG_6897.JPG

IMG_6901.JPG

枚方大橋。
大きな橋だけあって眺めがいいですね。

ここから上流は京都府境の八幡まで橋がありません。
距離にして12キロ以上。結構なものです。
昔は橋本の渡しや前島街道の渡しなどあったのですが
バスや車があるとはいえ不便になってしまいました。

IMG_6903.JPG

IMG_6907.JPG

やがて東海道と合流して枚方宿。
ここが枚方街道の追分にあたります。

道標を眺めつつ
茶を飲んでしばし休息・・・。

IMG_6908.JPG

本日2本目の街道、茨木街道を進めていきます。

淀川の渡し場(大塚の渡し)跡までは
先ほど歩いてきた道を戻ります。

IMG_6912.JPG

IMG_6932.JPG

淀川沿いを進むと最初の集落である唐崎へ。
屈曲した細い道筋が続いています。

唐崎は江戸時代主要な河港として賑わったのですが
河岸には護岸工事の影響で名残りがなくなっています。

IMG_6937.JPG

IMG_6943.JPG

信楽寺の角にあった道標。
ここには三島江と刻まれています。

この三島江も唐崎と並ぶ主要な河港だったそうです。

IMG_6942.JPG

IMG_6947.JPG

IMG_6959.JPG

江戸時代に開削された番田水路。
街道は水路に沿って進んでいきます。

この付近は玉川と呼ばれていて
全国六玉川の一つで有名な場所でした。

IMG_6961.JPG

IMG_6960.JPG

そう言われてみると川の水は
町中にも関わらず意外と澄んでいて
流れもゆったりしていて風流がありました。

IMG_6968.JPG

IMG_6965.JPG

IMG_6992.JPG

茨木城下に入ります。

城下といっても一国一城令で
江戸初期に廃城になってしまっているのですが
町の雰囲気は城下町そのものの感じがします。

IMG_6999.JPG

IMG_7003.JPG

IMG_7004.JPG

今回の道中では城下を2ヶ所も巡ることが出来て
ちょっと欲張りな街道でもありますね。

高槻城下、茨木城下に関しては
高槻街道の時の記録も合わせてご覧ください。

→高槻街道・南茨木→富田→高槻
http://borabora.seesaa.net/article/413568054.html

IMG_7014.JPG

IMG_7017.JPG

茨木城の門の前で右折し丹波橋を渡ります。

かつては茨木川が流れていたのですが
昭和20年代に埋められてしまっています。

IMG_7023.JPG
信号の先の盛り上がりが川の跡。

IMG_7022.JPG

この丹波橋の手前にある農地付近が
茨木城の本丸であったと言われています。

IMG_7035.JPG

IMG_7037.JPG

やがて亀岡街道と合流します。
この道は妙見山や能勢、亀岡へと抜ける道です。

もっとも街道名は明治期につけられたものなので
昔はただ単に亀山道や妙見道といった感じだったのでしょう。
(注・江戸時代の亀岡は亀山と呼ばれていました)

IMG_7045.JPG

これまで平坦な区間が続いていたのですが
千里丘陵が近くなってアップダウンが出てきました。

IMG_7067.JPG
右からの道が茨木街道。左の道は京都からの西国街道

IMG_7070.JPG
郡山宿。本陣。

やがてゴールの西国街道の郡山宿。
ここには本陣が残っていて”椿の本陣”として有名です。


   
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府内の街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック