2015年07月16日

北国街道その11・滑川宿→泊宿

11月3連休の2日目。
ほたるいかで有名な滑川宿を出立します。

IMG_2415.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_2405.JPG

この日の富山は雨風ともに強かったのですが、
街道沿いはそれを隔てる建物がなかったおかげで
何度も吹き飛ばされそうになりそうでした。

IMG_2409.JPG

IMG_2416.JPG

この立派な街道松は約240年の樹齢。

日本海側は11月になると天気が悪い日が多くなります。
結局は昼には天候が回復して助かったのですが
北陸の冬の厳しさを垣間見ることができました。

IMG_2440.JPG

IMG_2451.JPG

IMG_2449.JPG

橋には”ほたるいか”の装飾がされています。
やがてミラージュランド(遊園地)が見えてきました。

IMG_2457.JPG

ここまで殺風景な景色が続いてたので
なんだか気持ちがホッとします。

IMG_2465.JPG

IMG_2466.JPG

IMG_2477.JPG

魚津宿は港町であり城下町、宿場町でもあります。
有名なものとしては蜃気楼や埋没林があげられます。

街道筋には風情あふれる松が植わっていました。
左手に蔵が見えますが魚津は米騒動の舞台の一つでした。

IMG_2485.JPG

IMG_2496.JPG

街道は魚津城を囲むように通っています。

本丸は小学校の敷地内なのですが
この日はたまたま中に入って見学することができました。
校内には魚津城に関する手作りの資料が展示されています。

IMG_2492.JPG

魚津城は戦国時代には珍しい平城です。

上杉関係の史跡も増えてきて
越後(新潟)が近いことを実感させてくれます。

IMG_2499.JPG

IMG_2506.JPG

IMG_2516.JPG

レトロ感のある商店街。

朝早いので殆どシャッターが閉じてたのですが
雨が降って人通りはなく少し寂しさを感じる場所でした。

IMG_2524.JPG

魚津の古くからの中心部は魚津城のあたりなので
後年に作られたJR魚津駅付近は新しい雰囲気があります。

IMG_2523.JPG

IMG_2545.JPG

片貝川を渡ります。

北国街道の富山県内では
このような大きな川を何度も渡ります。

IMG_2552.JPG

代表的なのはこの先にある黒部川ですが
3000m級の山岳から一気に海へと流れる場所は
世界的にも見てもあまりないそうです。

こういう地形だからこそ洪水が多く、
街道の道筋は川の影響をモロに受けています(後述)

IMG_2556.JPG

IMG_2590.JPG

三日市宿。
今の黒部駅のあたりです。

名前のとおり3日に1回程度の市が開かれていました。

IMG_2593.JPG

IMG_2583.JPG

立派なケヤキ。

この木が植わっている辺りは
元は三嶋神社の境内だったのですが
新しい道路によって分断されてしまいました。

IMG_2598.JPG

なんともレトロな雰囲気ある三日市宿は
良い意味で寂れていていい感じです。

IMG_2603.JPG

三日市宿から先の北国街道は2ルートに分かれます。

今回のルートは下街道と呼ばれ冬によく利用されていました。
夏は山沿いを進む愛本橋経由の上街道がメインでした。

下街道=冬ルート。上街道=夏ルート。
上街道は参勤交代路でもあります。

なぜ、この二つのルートが存在したのか。
それはこの先にある黒部川が関係しています。

IMG_2618.JPG

IMG_2625.JPG

IMG_2641.JPG

黒部川は黒部四十八瀬とも呼ばれていて
当時の川幅は今より相当広いものだったようで
増水時は48もの川筋があって極めて通行困難でした。

IMG_2639.JPG

左の堤防は旧のもの。右は近年の堤防ですが
江戸時代はさらに西側に堤防(のようなもの)が築かれています。

時代ごとに当時の技術を駆使したものを作ってきたと思いますが
治水の歴史を見てると黒部川に対する人々の大変さがわかります。

IMG_2650.JPG

IMG_2644.JPG

11月中旬の黒部川。
渇水期なので驚くほど水量は少な目です。

IMG_2654.JPG

IMG_2674.JPG

IMG_2693.JPG

入善宿。
養照寺の立派なイチョウ。

IMG_2684.JPG

IMG_2681.JPG

富山県内のお寺には
イチョウが植わってることが多い気がします。
今回の道中では時期的にどの寺も見頃でした。

IMG_2703.JPG

IMG_2713.JPG

街道松。
こういう昔ながらの景色は癒されますね。

IMG_2720.JPG

IMG_2724.JPG

途中で道路工事がありました。

IMG_2736.JPG

左側に石積みの跡が見えますよね。

アスファルトの少し下は昭和中期の表面で
江戸時代の層はそれより下になると思うのですが
こういう断面は見てるとわくわくします。

IMG_2745.JPG

IMG_2747.JPG

泊宿が近くなってきました。

道行く人を見るとすっかり冬の風情です。
この先で愛本橋からの夏ルート(上街道)と合流します。


  
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北国街道(北陸道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック