2015年08月26日

善光寺西街道その1・ 洗馬宿→岡田宿

中山道の洗馬宿。
善光寺への巡礼者はここで分かれます。

IMG_8612.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_8614.JPG

9月の3連休。ヒンヤリした朝です。

道標が立っています。
「右 中山道、左 北国脇往還善光寺道」

この場所は追分ではあるのですが
昭和初期に新道が開通してから移ったもので、
江戸時代の追分はもう少し先になります。

IMG_8616.JPG

こちらが元々の追分。
立派な常夜灯が今も堂々と立っています。

IMG_8618.JPG

本来なら常夜灯も移設すべき存在なわけですが
道標と比べると重すぎたということなのでしょう。

IMG_8626.JPG

晴れ渡った青空。
奈良井川の河岸段丘上を進んでいきます。

IMG_8621.JPG

さて、今回の善光寺西街道ですが
正式には北国西脇往還と名前がついています。

「北国」の「脇」とついてるので
日本海へと通じる北国街道の脇道なわけですが
ただ単なる脇道ではなく善光寺参りの人々以外にも
中山道からの日本海への道といった重要な役割もありました。

IMG_8644.JPG

IMG_8638.JPG

塩尻はぶどうの産地。ワインが有名ですね。
道中を歩いていると甘い香りに誘われます。
「ナイヤガラ」という種類が特産です。

この品種は昔ながらの方法で栽培してるので
種は多めで皮が薄いのが特長です。

IMG_8646.JPG

家への土産にひと箱買ったのですが
「途中で食べな!」と2房も手に持たせてくれました。

IMG_8642.JPG

穂高連峰がチラッと見えてきました。
街道はほぼ一本道。気楽に歩けます。

最初の宿場は郷原宿です。

IMG_8667.JPG

IMG_8673.JPG

雀おどしのある立派な家々が連なっています。

現在の町並みは安政年間の大火後のものですが
これほどまでの連なってる姿はそうそうありません。

「宿場全体が誠に見事な一個の作品だ」
と絶賛した人がいたほどです。

IMG_8675.JPG

IMG_8698.JPG

家々の前には立派な庭木が植えられ
道路と民家の間には小さな石橋がそれぞれに架かり
他の宿場にはない独特な景観があります。

IMG_8703.JPG

「左、東京 すわ いな道 右、京 いせ きそ道」

”江戸”表記でなく”東京”表記に注目です。

明治になると石の道標に代わるもの(看板類)が増えて、
道標自体が少なくなっていく傾向になるので
”東京”表記はちょっと貴重ですね。

IMG_8705.JPG

IMG_8718.JPG

村井宿。
こちらも大火に見舞われています。しかも2度。

その影響か古い風情はあまり残っていないですが、
町割や鍵の手、用水路に面影を感じることができます。

IMG_8731.JPG

IMG_8734.JPG

本陣跡にある立派な門。
元禄年間では82軒ほどの家々がありました。

IMG_8740.JPG

宿場の外れで国道19号と合流します。

この辺りはいつも混んでる印象があります。
幹線なのに片側一車線。

松本市街地の交通事情は
昔とあまり変わってないかもしれません。

IMG_8756.JPG

これから秋祭りの季節です。

街道沿いの家々の軒先には
下のような白い紙が垂らしてありました。

IMG_8755.JPG

IMG_8765.JPG

道端には道祖神などの石仏。
松本平ではよく見かける光景ですね。

IMG_8760.JPG

南松本付近。通称ナンマツ。
ここには市の文化財になっている中田家住宅が建っています。

IMG_8771.JPG

外観も結構なものですが庭園も大そうなものらしく、
今回は見れなかったのですが事前電話予約で見学できるみたいです。

IMG_8783.JPG

IMG_8789.JPG

「國道十九號線」

今に残る昔の字体はいいですね。
この橋を渡ると松本市街地中心部に入ります。

IMG_8788.JPG

IMG_8795.JPG

町中ではこのような
旧町名のいわれを書いた案内をよく見かけます。

IMG_8792.JPG

IMG_8799.JPG

この立派な緑橋の石材は
元は松本城の大手門のものだそうです。

本陣跡付近は開発されて面影が残っていませんが
角を曲がると蔵のある町並みがありました。

IMG_8807.JPG

IMG_8810.JPG

レトロな建物がいっぱい。

松本市街地は湧水が多いのも特徴的です。
町のあちこちには水飲み場が設置されています。

IMG_8814.JPG

IMG_8823.JPG

IMG_8820.JPG
女鳥羽川からの眺め。奥には北アルプスが見える。

街道は他の城下町と同じく
城の近くを避けるような道筋になっています。

IMG_8839.JPG

IMG_8845.JPG

松本の市街地を過ぎると上り坂が始まります。
信大の横を通って旧道を進みます。

振り返ると松本平がよく見えてきました。

IMG_8852.JPG

IMG_8857.JPG
宿場の入口にある大きなケヤキ。岡田神社への参道です。

次の宿場町は峠を前にした岡田宿です。

元々松本の次の宿場は刈谷原宿だったのですが
距離が長い上に峠の先ということもあって
後年になって追加設置されています。

IMG_8860.JPG

岡田宿が設置される前は
ほど近い場所にある浅間温泉に泊まるのが定番でした。
設置後もその状況は一行に変わらなかったので
岡田宿に泊まる客はあまり多くなかったといいます。

だったらなぜ設置したの?なのですが
宿場機能というのは宿泊させる機能だけはないので
他の宿場同様にそれなりには繁盛はしていたようです。

IMG_8869.JPG

宿場内の道幅は広くて特長的です。
これは真ん中に水路があった影響です。

次回は大きな峠を2つ越え麻績宿を目指します。


 
 
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック