2015年09月09日

善光寺西街道その3・麻績宿→善光寺

お盆の街道歩き。
曇り空の涼しい道中になりました。

IMG_7773.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_7754.JPG

麻績宿。
今回は大阪から夜行バス入りでした。

宿場近くには麻績インターというバス停があるので
目覚めたらすぐに歩き始めることができます。

IMG_7760.JPG

麻績宿の端にあった番所跡には
かつては「右 うゑ田道 左 せんこう寺道」の道標がありました。
”うゑ田”とは上田のことで北国街道に繋がっています。

IMG_7775.JPG

IMG_7781.JPG

IMG_7784.JPG

市野川は峠を前にした間の宿。
奥に見える山が今回の難所の猿ケ馬場峠です。

IMG_7785.JPG

IMG_7787.JPG

IMG_7790.JPG

コスモスが早くも咲いていました。
標高が高いこともあって秋の訪れは早いようです。

IMG_7804.JPG

IMG_7823.JPG

草道を進んでいきます。
九十九折で標高を稼いでいきます。

IMG_7829.JPG

お仙の茶屋跡は美人が働いていたので
麻績村の男衆はここまでよく通っていたのだとか。
まぁ、この手の話はあちこちでありますね。

IMG_7830.JPG

IMG_7838.JPG

峠の手前には聖湖が広がります。
古くは馬場池、夜が池とも呼ばれていました。

現在はリゾート地な場所なのですが
かつては周辺の村々の貴重な水源ということで
湖を巡っての争いが多かったといいます。

IMG_7842.JPG

IMG_7843.JPG
旧峠入口。左へ。

旧猿ケ馬場峠へは草道を進みます。
通る人が少ないからか藪が酷い状態です。

IMG_7850.JPG

峠には碑が立っています。
先ほど書いた湖を巡っての争いのものです。

IMG_7849.JPG

村の境は元々はこの位置でした。
争いの結果少し標高を下げた場所に馬塚を作り、
明治までは馬塚を境界として続いていました。
後に元の峠に戻され記念碑が建てられたわけです。

IMG_7859.JPG

IMG_7862.JPG
念仏石

IMG_7865.JPG
馬塚

峠からは急な坂が続きます。

ざっと一気に600m下ることになるので
善光寺からの逆ルートだと結構きつい登り坂です。

IMG_7869.JPG

IMG_7876.JPG

火打石茶屋の跡を過ぎると、
立派な一里塚がありました。

IMG_7883.JPG

上は「のぞき」と呼ばれた場所。
善光寺平を一望できる良い場所だったので
望遠鏡の貸し出しがあったといいます。

現在は木が生い茂って何も見えませんが、
有名な姨捨のような絶景だったのでしょうか。

IMG_7892.JPG

IMG_7900.JPG

峠を下った先にある桑原宿という間の宿。

IMG_7914.JPG

IMG_7906.JPG

ここにある七曲り松は老木で
名所絵図にも描かれるほどの有名なものです。

IMG_7933.JPG

桑原宿を過ぎると稲荷山宿です。

宿場周辺から見える山々を見てると
善光寺平は山に囲まれた盆地であることがよくわかります。

IMG_7934.JPG

上の写真は軽井沢方向のもの。
中山道に繋がる北国街道は山と山の間を進んでいくわけです。
今通ってきた猿ケ馬場峠や妙高の山々も見えました。

IMG_7949.JPG

稲荷山宿は大火で燃えているので古い風情は少ないですが
その後に建てられた明治時代の蔵が数多く残っていて
重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

IMG_7944.JPG

宿場の入口にあった道標には「西京街道」
西京とは京のことです。

明治になって江戸は東京になったわけですが
京は東京に対する西なので西京と呼ぶことがありました。
この道標はその名残ということですね。

IMG_7956.JPG

IMG_7963.JPG

IMG_7965.JPG

稲荷山宿の本陣。
善光寺地震の影響により門が大きく傾いています。

IMG_7970.JPG

稲荷山宿は善光寺西街道で一番大きな宿場町でした。
近くにある長谷寺は奈良、鎌倉と三長谷寺と謳われていて
多くの人が寄り道をしていったといわれています。

IMG_7974.JPG
右 東京 の道標

IMG_7976.JPG
長谷寺が山の中腹に見える

宿場を抜けて少し進むと
北国街道との追分があります。

IMG_7991.JPG

かつては大きな道標があったようですが
現在はモニュメント的なものがあるぐらいです。
一見すると見過ごしてしまいそうな場所ですが、
ここは江戸へも続く道と分かれる重要な場所でした。

IMG_7990.JPG

IMG_7996.JPG

真新しい北陸新幹線の高架をくぐります。
交差点には立派な道標がありました。

IMG_7999.JPG

「せんく王うし道」

善光寺への道という意味です。
道標には当て字を用いるこうが多いですが
「うし」は「牛に引かれて善光寺参り」からでしょうか。
江戸時代の道標で指さしは珍しいですね。

IMG_8008.JPG

IMG_8018.JPG

篠ノ井駅付近や今井駅付近は平坦な道が続きます。

今井は長野オリンピックの選手村があった場所で
モダンなマンションが立ち並んでいます。

またここには大仏がおられます。
奈良の大仏ほどではないですが大きなものです。

IMG_8021.JPG
大仏はこの建物の中に

IMG_8027.JPG

IMG_8047.JPG

犀川の手前にあるのが丹波島宿。
家々には魔除けの飾り瓦があるのが特長的です。

家の門には昔の屋号が書かれてあったりと
宿場を意識した町づくりを感じます。

IMG_8043.JPG

IMG_8037.JPG

この先では犀川を渡りますが
河川改良で渡し場を含めて一部消滅しています。

犀川は松本平では梓川や奈良井川なのですが
新潟県内になると信濃川へと名前が変わります。
松本付近から続く流れは日本海へと流れているわけですね。

IMG_8054.JPG

IMG_8053.JPG

橋の欄干に注目です。
時代毎の橋のイラスト描かれています。

当初は渡し舟、舟橋、木橋の時代を経て鉄橋。
そして今のコンクリ橋。

交通量が多かったことこともあって
各時代の技術を取り入れた様子がわかります。

IMG_8059.JPG

橋を渡った先には立派な常夜灯。

元の渡し場付近から移設されてきたもので
善光寺が近いことを感じさせてくれます。

IMG_8064.JPG

IMG_8073.JPG

しばし旧道を進むと長野駅前。

IMG_8080.JPG

ここからは善光寺まで真っ直ぐ道なりに進みます。

丁石しかり常夜灯しかり。
次第に参道の光景が濃くなっていきます。

IMG_8082.JPG

IMG_8083.JPG

IMG_8086.JPG

善光寺の門前には立派な芝居小屋がありますが
江戸時代においても付近には芝居小屋が建ち並んでいて
多くの人で賑わっていたそうです。

IMG_8087.JPG

この場所は善光寺の入口と呼べる場所で
日本海への北国街道は右へと進路をとります。

IMG_8088.JPG

IMG_8091.JPG

IMG_8098.JPG

夕方なので人通りが疎らな参道。
善光寺は提灯がぶらさがる珍しい光景に出会えました。

IMG_8104.JPG


    
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック