2015年09月14日

【街道シンポジウム】 京都の古道。志賀越道・三条大橋→唐崎

京の都から滋賀県の唐崎に至る道です。

IMG_9951.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_9958.JPG
高瀬川沿いを進みます。

かつての京の都には御土居という土塁があって
中の人は”口”と呼ばれる出口から外に出ていました。

今回は三条大橋からスタートしましたが
志賀越道の本来の起点は荒神口です。

古くは吉田口、今道口、志賀道口ともよばれています。

江戸時代はここを境に洛中、外を洛外と分けられ
御土居が作られた戦国時代には七つの口がありました。

IMG_9966.JPG

荒神橋は大正3年製。
水害で2度も流されてますが復旧しています。

御所からの重要な道(避難路)ということもあって
幕末においても立派な橋が架けられています。

IMG_9967.JPG

IMG_9971.JPG

荒神橋を渡ると斜めの道を進みます。

京の道は碁盤の目のような道筋が基本ですが
志賀越道は平安時代の頃からと歴史が古い上に、
洛外であったことで町割りに関係しなかたっようです。

IMG_9972.JPG

京大の吉田キャンパス。

幕末までは構内を斜めに横切っていたのですが
尾張藩下屋敷が作られる際に分断されています。

なぜ歴史ある街道の道筋をわざわざ分断したか。
調べていくと面白いものがありました。

IMG_9974.JPG

一つに志賀越えの途中にあった崇福寺の衰退。
延暦年間には当時の十大寺に選ばれて栄えたのですが
抗争や火災などで室町時代には廃寺になってしまっています。

元々、志賀越道は崇福寺の関係で賑わっていたので影響は大きく
追い打ちをかけて東海道などの新道が整備されていくと
京から近江へのメインルートが変化していきました。

IMG_9973.JPG

角にあった宝永年間の道標には

右 さかもと、からさき、白川
左 百まんへん。

と、刻まれています。

一応、行き先となる名前は書かれてますが
志賀越道は江戸時代においてはすでに脇道的な存在だったようで
尾張藩下屋敷で迂回させても特に問題なかったと考えられています。

IMG_9979.JPG

IMG_9983.JPG

志賀越道は歴史が古い道だけあって
古い時代の石仏が数多く見かけることができます。

上の子安観音さんは鎌倉時代のものです。
秀吉が聚楽第に石仏を移したところ不気味な声で
夜な夜な「白川へ返せ」と言っていたそうで
元の場所に戻すと声が止んだという話があります。

IMG_9987.JPG

少しずつ勾配が出てきました。

明治時代に出来た琵琶湖疎水との交差地点。
疎水の位置が高いので滝のように潜る形で立体交差になっています。

IMG_9985.JPG
志賀越道は琵琶湖疎水と直交する

IMG_9988.JPG

IMG_9991.JPG

白川と平行する府道を進みます。

この道は比叡山ドライブウエイや
国道161号のバイパス道とも接続しているので
交通量が結構多いのは難儀なところです。

しかも歩道がないのでヒヤヒヤしました。

IMG_9992.JPG

川は次第に渓谷に。

次の山中集落の手前には
不動院とラジウム温泉がありました。

IMG_9995.JPG

温泉旅館のような佇まいですが日帰り入浴が可能で
ラジウム量が半端ないことで有名だそうです。

IMG_9996.JPG

川に沿った道は洪水などの影響にさらされることが多いですが
ふと、川向こうを見ると人工的な石積みと路盤がありました。

IMG_9997.JPG

おそらくは旧道だとは思うのですが
明治の地図では今歩いてる府道が道筋になってるので
旧道だとするとそれ以前のルートかもしれません。

IMG_9998.JPG

滋賀県との県境を越えます。
峠はまだ先。

山中の集落は比較的大きなもので
名前のとおり山間の村で風情があります。

IMG_0007.JPG

古くは宿場だったという記述もあり
峠の拠点として栄えていたそうです。

IMG_0010.JPG

また寺が多いのも特長的で
鎌倉時代の阿弥陀如来石仏は道沿いにあり
街道をゆく我々を見守ってくれてるかのようです。

IMG_0011.JPG

IMG_0004.JPG

このような双体道祖神も多いです。
関西では珍しいものです。

IMG_0013.JPG

IMG_0014.JPG

志賀越道は県道(京都府内では府道)と分かれます。
この先の県道は永禄年間に信長の命によって作られた新道で
志賀峠の道筋はそれ以前の本道にあたります。

IMG_0016.JPG

IMG_0017.JPG

次第に山深くなっていきますが
砂防ダムの影響で随分と地形が変わってるようです。

IMG_0020.JPG

IMG_0022.JPG

旧道は砂防ダムの底を通っています。
水が蓄えられていないので歩くことが出来ますが
「白川砂」という川砂なので歩きづらいものです。

IMG_0023.JPG

それでも路盤はしっかりしてる感じで
明治の資料では川の右側を進むルートなのですが
砂防ダムが出来てから水路が変わってしまったと思うので
多少疑問点はあるもののこの道が正解なのでしょう。

IMG_0025.JPG

立派な常夜灯です。

左 むどうじ道と書いてる道標もあります。
”むどうじ”とは比叡山無動寺のことで
常夜灯の間を抜けると寺へ行けるようです。

IMG_0027.JPG
門型の砂防ダム

IMG_0028.JPG

ここからはさらに歩きづらくなっていきます。

案内看板は所々に立っていて安心感はあるのですが
道はこの通り、びっしりのシダの藪道。

IMG_0030.JPG

IMG_0037.JPG

IMG_0032.JPG

所々では崩壊している箇所がありました。

IMG_0041.JPG

コンクリの擁壁は比叡山ドライブウェイのもの。
道路をくぐると峠になります。

IMG_0042.JPG

IMG_0043.JPG

展望は雨のためか皆無でしたが
晴れだと違っていたかもしれません。

IMG_0048.JPG

峠から先は古道の風情の中を進みます。
大きな掘割状になっている所もあり見事なものです。

IMG_0045.JPG

IMG_0055.JPG

ただ、こちらも崩壊してる箇所が多く、
水路には土砂がたまり道に水が流れ込んでいるなど、
道がどんどん崩れていってる感じがします。

IMG_0060.JPG

IMG_0061.JPG

IMG_0063.JPG

張り紙には今通ってきた道が通行不能とあります。
京都府側には何もなかったのに。

IMG_0065.JPG

IMG_0066.JPG

志賀大仏。
5mはあるでしょうか。

ここには立派な小屋があり
雨をしのげて昼食を取れました。

IMG_0072.JPG

大仏を過ぎるとあとは良い道です。
目の前には琵琶湖が広がります。

IMG_0078.JPG

やがて西近江路との追分。唐崎です。
近くには近江八景のひとつである唐崎神社があり
ここからの眺めはなかなかのものです。

志賀越え道は崩落を止めなければ
どんどん廃道に向かってるように思えます。

崩落個所だけでも整備すると距離も手ごろだし
人気のハイキング道になるのではと思いました。


  
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 街道シンポジウム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

砂防ダムがこんな風に出来てしまっているところをみると、この区間は道と言うより涸れ沢と認識されていて、治水上は何れここは土砂で埋まってもやむを得ないという想定になっている様ですね。あまり古道として省みられている風ではないのがちょっと残念です。
Posted by kanageohis1964 at 2015年09月14日 20:51
 
kanageohis1964さん
コメントありがとうございます。

周囲の高い場所には迂回路も整備されてましたし
いずれ土砂で埋まってしまうと思うと残念です。
常夜灯も埋まってしまうのでしょうね。
Posted by にゃおすけ at 2015年09月15日 09:12
こんにちは。

先日、この区間を歩きましたが、山中町〜志賀峠までの区間では下草が少なくて歩きやすかったです。道標もかなり容易に見つけれます。冬で薮枯れだけではなく、下草も刈られているのではと推測されます。
冬なら藪漕ぎしなくてもハイキングを楽しめると思いました。
Posted by mogmog at 2017年02月27日 22:20
mogmogさん
コメントありがとうございます。
やはり季節によって歩きやすさは違うようですね。
Posted by にゃおすけ at 2017年02月28日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426058257

この記事へのトラックバック