2016年03月31日

西国街道その14・西広島駅→玖波宿

宮島を眺めながらの道中。

IMG_0122.jpg


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_0118.jpg

西広島駅からは山沿いを進んでいきます。

現在のJRと国道は海沿いなので意外ですが
江戸時代は海が迫っていて地盤が悪かったので
干拓よる平地になるまでは迂回せざるえませんでした。

IMG_0125.jpg

IMG_0129.jpg

IMG_0135.jpg
原爆の爆風に耐えた鷺森神社。この辺りも被害があった。

古江付近。「江」という地名は
かつては海沿いだった証拠ですよね。

草津にある立派な建物は小泉酒造さんです。
明治天皇が小休止されています。

IMG_0137.jpg

IMG_0152.jpg

もともと草津は間の宿の役割があって
広島湾に面する港であったことから浜田藩の船屋敷あったり、
近代においては広島牡蠣養殖の中心地になっています。

草津という地名は群馬の草津温泉や滋賀にもありますが
広島の草津も結構有名だったわけですね。

IMG_0153.jpg

IMG_0155.jpg

草津の先で江戸時代の本道と海辺近道と分けます。
本道は右折してさらに小高いほうへ。

広電建設などによって途中で分断されていますが
古い時代の味わいある道が続いていました。
一方、海辺近道は干拓以後のものとなるので
新しい時代の道らしく広くて対照的です。

IMG_0158.jpg
海辺近道

IMG_0160.jpg

IMG_0173.jpg

井口の先にある龍神山。
この山の中に街道の痕跡が残っています。

IMG_0171.jpg

IMG_0172.jpg

西国街道と書かれたモニュメント。いいですね。

今歩いている街道は山陽道、西国街道と
大きくわけて2つの呼び方があるわけですが
五街道と違って名前は藩によって違っていたそうで、
広島藩では専ら西国街道と呼ばれていました。

IMG_0176.jpg

まるで登山のような藪道。
道の脇には古い石積みが残ります。

IMG_0178.jpg
山頂への道の脇に残る旧道

龍神山は古絵図を見るに
断崖が迫る難所だったようです。

一応、海沿いに迂回路もあったのですが
潮が満ちては通れず足場が悪いということで
迂回するにも大変な場所でした。

IMG_0187.jpg
宮島が目の前に現れた

IMG_0208.jpg
賑わう五日市駅前

IMG_0213.jpg

IMG_0229.jpg

IMG_0233.jpg

五日市を過ぎると楽々園。
ここには名残の松が数本残っています。

川の様子を見ると海水が少し混ざっているように見えます。
これは海が近く昔は海だったことが影響してるのでしょう。
近くの隅の浜は塩業で賑わっていたそうです。

IMG_0238.jpg

IMG_0243.jpg

IMG_0251.jpg

廿日市宿。
由来は毎月二十日に本陣近くで市があったことから。

山の上には廿日市天満宮があります。
ここからの眺めは最高で宮島がよく見えました。

IMG_0256.jpg

IMG_0261.jpg

廿日市から先は再び山へと進路をとります。

その直前に地御前さんへの道筋と分けます。
いわゆる「地の御前道」です。

IMG_0278.jpg
ここを左に進むと地御前さん

宮島の対岸に位置する嚴島神社の外宮で
かつて厳島は上陸が許されていなかったので
地御前神社から対岸を拝んでいたとのことです。

IMG_0281.jpg

IMG_0303.jpg

山陽自動車道沿いの区間。
この先は並行する場所が多くなります。

街道は峠越えで距離を短絡して進むのが基本ですが
高速道路も高速性を生かすためにトンネルを利用して
距離を短絡して進んでいくのが基本になっています。

このような感じで似たルートを通ることから
平行する箇所では街道が犠牲(消滅)になった箇所が多く
便利さと引き換えになくしたものが多いように思います。

この四朗峠周辺もそんな感じ。
峠付近だけはかろうじて昔の道筋が残っていました。

IMG_0306.jpg
四朗峠

IMG_0311.jpg

IMG_0326.jpg

狭い山道を進んでいきます。
少し藪っているところもありました。

ここは高庭駅跡。
古代山陽道の駅家にあたります。

IMG_0334.jpg

IMG_0339.jpg

IMG_0336.jpg

実は田んぼのあぜ道のような場所もあって
本当に街道なのか?と不安があったのですが
こういう史跡があると安心しますね。

IMG_0344.jpg

その先にある高畑ため池は江戸時代のもの。
この付近の灌漑対策に一役買っています。

IMG_0353.jpg

IMG_0355.jpg

妹背の滝に寄ってみました。
雄滝と雌滝があって双方とも豪快なものです。

街道から少し離れるので寄り道した形ですが
マイナスイオンをたっぷり堪能できました。

IMG_0356.jpg

IMG_0360.jpg

IMG_0361.jpg

大野浦駅を過ぎると再び山の中へ。
坂道を上っていくと海が見え宮島も見えます。

IMG_0368.jpg

IMG_0372.jpg
宮島

IMG_0381.jpg

IMG_0386.jpg

この付近の道はかつては石畳だったそうです。
今は保存の観点から特殊なアスファルトで保護されています。

少し先には復元された石畳もありました。

IMG_0393.jpg

IMG_0407.jpg

今回のクライマックスは残念道です。

残念という変わった名前は
幕末期において間違えて味方を切ってしまった話で
霊を慰める意味で残念社という神社が作られています。

残念道はそこへ通じる道なわけですが、
幕末の話なので明治以降に名前が付いたのでしょう。

アップダウンがありハイキング感覚で進みます。

IMG_0410.jpg

IMG_0415.jpg

残念社。静かな場所です。

ここからの展望は見事なもので
「三県一望の地」と言われています。

大分県、愛媛県、山口県の三県ですね。

IMG_0421.jpg

IMG_0424.jpg

ここには吉田松陰の腰掛岩がありました。
山口に近づくにつれ松陰の史跡が多くなっていきます。

IMG_0436.jpg

長い下り坂の長坂を下っていくと
目の前に大竹のコンビナートが見えてきました。

玖波宿まであと少しというところですが
昔の街道はまたまた山へと入っていきます。
ここも安全重視で海を避けるルートを取っていたわけです。

IMG_0446.jpg

IMG_0449.jpg

IMG_0451.jpg

IMG_0459.jpg
線路に削られて道が細い

鉾の峠を越えると、
馬ためし峠を越えていきます。

馬ためし峠は早い時期にトンネルが出来たので
旧峠への道筋は少しわかりづらいものになっています。

IMG_0465.jpg
旧峠の入り口は山裾を右へ。トンネルは左へ

IMG_0466.jpg

先人達のサイトを見ても旧峠を進む人はおらず、
トンネルを迂回するしかない!と半ば諦めていたのですが
よーく見てみるとありました!江戸時代の峠!

IMG_0468.jpg

IMG_0469.jpg

急坂で蜘蛛の巣が半端なかったですが
馬ためしというだけあって相当なものでした。

IMG_0476.jpg

IMG_0479.jpg

峠を越えると玖波宿。

枡形の跡などがくっきり。
夕闇が迫る静かな空間を楽しめました。


posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西国街道(山陽道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック