2016年05月12日

伊勢南街道その6・七日市宿→大石

中央構造線沿いに進みます。

IMG_1766.jpg


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_1768.jpg

伊勢南街道を攻略しようと考えるとき
一番ネックになるのが交通の問題です。

昔は山奥でもバスが走っていたのですが
過疎化で大部分がなくなってしまっています。

そんなことで
今回は自家用車で現地入りしました。

IMG_1763.jpg

道の駅飯高駅に車を置いて、
バスで前回の終了地点に向かいました。

キーンと冷えた早朝の空気。
三峰山の頂上付近を眺めてみると
うっすらと雪があるのが確認できました。

IMG_1772.jpg

IMG_1779.jpg

IMG_1788.jpg

旧道は櫛田川に沿って下っていきます。

川沿いは中央構造線にあたるので
岩肌が実にダイナミックです。

IMG_1784.jpg

IMG_1790.jpg

IMG_1794.jpg

周辺には茶畑が非常に多いです。
露よけの扇風機が勢いよく回っていました。

IMG_1799.jpg

この石仏は「咳の地蔵」。
咳が止まらずに悩んでいる人は
早朝に人に知られずに参るとご利益があるそうです。

IMG_1805.jpg

IMG_1801.jpg

櫛田川には所々に沈下橋がかかっています。

九十九曲と呼ばれる所は川が大きく蛇行していて
川に平行する街道も崖にへばりついて進んでいきます。

今の時代は整備された道筋も
かつては相当な難所だったといいます。

IMG_1817.jpg

IMG_1823.jpg

田引集落を過ぎると珍布峠に入ります。

ウォーキングコースになっているので
入口に立派な看板がありました。

IMG_1854.jpg

IMG_1839.jpg

IMG_1857.jpg

珍布峠の読み方は「めずらしとうげ」
なかなかの難読ですよね。

峠といっても勾配は緩やかで
上りを実感することなく峠に辿りつけます。

IMG_1861.jpg

IMG_1867.jpg

川沿いにあった大きな石は礫石(つぶていし)

この石に向かって小石を投げると
男子が生まれるという言い伝えがあります。

IMG_1873.jpg

立派な切通しの珍布峠。

車一台がやっと通れるほどの幅で、
岩が完全に真っ二つに切り裂かれた姿は
なんともいえない凄みがありますね。

IMG_1881.jpg

IMG_1885.jpg

峠を過ぎると宮前宿。

宿場の入口には道標がありました。
紀州みち、よしの、かうや、なら、はせ。

IMG_1894.jpg

IMG_1897.jpg

宮前宿の名前のいわれは花岡神社です。
街道は神社の周りをぐるりと通っています。

宿場は伊勢らしい家が立ち並び
なんともいえない雰囲気です。

IMG_1900.jpg

IMG_1903.jpg

伊勢の家は注連縄を年中飾ってることが多いですが
見かける度に伊勢神宮が近いことを実感させられます。

IMG_1907.jpg

IMG_1913.jpg

IMG_1927.jpg

かつて「オオセン」という店があった「オオセン坂」を過ぎ、
江戸時代に作られた高束池を過ぎると
分岐点の粥見に差し掛かります。

IMG_1939.jpg

IMG_1950.jpg

粥見神社の前には道標があります。
さんぐう、まつさか道。

IMG_1947.jpg

松阪には紀州藩の支城「松阪城」が
参宮方面には紀州藩の支城「田丸城」があり、
どちらも紀州藩にとって重要な道です。

今回は松阪方面に向かいました。

IMG_1955.jpg

粥見の先には山越えがあります。大見坂です。

IMG_1960.jpg

IMG_1963.jpg

国道は川沿いですが鋭い渓谷状になっているので
当時の技術では通すことが出来ず迂回する形になってます。

若干、荒れていましたが難なく向こう側に出れました。

IMG_1968.jpg

IMG_1976.jpg

柿野神社で伊勢本街道と合流します。

櫛田川の川幅もこの辺りになると広くて
大きな石がごろごろあるのが印象的です。

IMG_1985.jpg

IMG_1987.jpg

柿野の集落。
街道自体は1本山側の道という説がありますが
既に2回歩いているので今回は国道を歩いています。

この付近の詳細は伊勢本街道歩きの記録をご覧ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-244762.html

IMG_2002.jpg

IMG_2004.jpg

ゆったりした流れの櫛田川。
ほどなく本日のゴール大石バス停に到着です。


posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック