2016年05月27日

伊勢南街道その7・大石→松阪宿

2016年初歩きは伊勢南街道。

IMG_2675.jpg


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_2673.jpg

広い構内をもつ大石バス停(フェンスの部分)
元々は松阪とを結ぶ鉄道の駅でした。

鉄道は勾配を避けるために
川沿いを大回りするルートを通っているのですが
街道は鳥羽見峠を通る道筋になっています。

IMG_2674.jpg

IMG_2677.jpg

乞食坂。

なだらかな勾配が続きます。
この先の分岐点は左が正解と思われます。

IMG_2678.jpg

kyudou.jpg

大半の資料では右と書いてるのが多いのですが
明治初期の地図を見ると実は存在しない道なのです。

どっちが正しいのか。
資料を作った人も考えてのものと思うのですが
道がない以上は信憑性にかけちゃいますね。

IMG_2681.jpg

IMG_2687.jpg

IMG_2688.jpg

さて、柿野神社から重複していた伊勢本街道とは
鳥羽見峠を前にして左右に分かれます。

地蔵型の道標には
右、山田六里、左、松坂三里。

あと12kmほどの道のりです。

IMG_2690.jpg

鳥羽見峠への道筋は一部消滅しているようで
本来の峠入口は藪で酷い有り様でした。

IMG_2694.jpg

結局は迂回路を使うことになったのですが
こちらは遊歩道として整備され歩きやすい道でした。

IMG_2695.jpg

IMG_2697.jpg

左手に北谷池が見えます。
別名で鳥羽見池。

1883年に出来た人工の池で
灌漑目的で作られたようです。

IMG_2700.jpg

IMG_2703.jpg

峠の手前から旧道が復活。
立派な切通しがある雰囲気ある峠道です。

鳥羽見峠には広場があって
祠(とりまめさん)がありました。

IMG_2707.jpg

IMG_2714.jpg

真冬とは思えないのどかな光景。
今年の正月は実に穏やかな気候でした。

獣除けの扉を開いて七曲りに入ります。

IMG_2718.jpg

IMG_2719.jpg

七曲りは山裾の道で
名前の通りウネウネとした道筋です。

IMG_2725.jpg

この先に瀬戸峠があるのですが
峠と峠に挟まれた谷間という風情があります。

IMG_2740.jpg

IMG_2731.jpg

瀬戸峠。
車を通すために随分と改良されています。

この先は阪内川に沿って進みます。

IMG_2749.jpg

IMG_2758.jpg

紀州の文字がある大きな道標。

IMG_2746.jpg

左、紀州道、右、まつ坂。
ここは多気道との分岐点になります。

こんな三重の山の中に紀州の文字なんて
今の時代では不思議な感覚になるものですが
江戸時代の当地は紀州藩だったわけで
当たり前の感覚だったのではと思います。

IMG_2755.jpg

IMG_2767.jpg

歩いているとほんと暖かい。

左右に特長ある小山が続いています。
脇谷城や大河内城など北畠氏の城です。

特に大河内城は織田信長と50日戦ったことで有名で
養子(信雄)を貰うことで和睦になっています。

IMG_2764.jpg

左 大師道。

丹生大師と呼ばれる神宮寺への道筋です。
この右側にも小さな道標がありました。

大河内神社を過ぎると
阪内川の川幅は随分と広くなってきます。

IMG_2771.jpg

IMG_2809.jpg

IMG_2823.jpg

松阪の市街地に入ったあたりの旧道は
蒲生氏が敷設した雷光型街路の名残があります。

村中安全、永代常夜灯、五穀成就。

IMG_2814.jpg

IMG_2828.jpg

旧近鉄伊勢線の新松阪駅跡を過ぎて
熊野道との追分を過ぎるとゴールも間近。

右、わかやま道 左、さんぐう道。

立派な道標に迎えられてのゴールです。
ここで伊勢参宮街道と合流します。

IMG_2842.jpg

IMG_2833.jpg

伊勢南街道としては田丸への支線が残っていますが
踏破しての全体的な感想をいくつか。

まず資料が少ない。
伊勢へ続く街道の中ではトップクラスの少なさです。
先人の記録に何度となく助けられました。

2つに交通の便が悪い。
高見山付近は過疎地帯なので
バスが平日のみの運行だったりします。
よって宿泊の旅になるので宿の確保が大変だったこと。

この2点が主だった大変さでしたが
逆に廃道になってる場所は意外と少なく
全体的に予想していた以上に歩きやすくて驚きました。

また昔の風情が多く残っているのも特長的でした。
中央構造線沿いを歩くというダイナミックさもあるので
街道的に面白い部類に入るのではと思います。


  
posted by にゃおすけ at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック