2016年07月21日

西国街道の魅力と踏破しての感想とか

西国街道を踏破しました。
京都→下関間を20日かかりました。

感想を一言で言い表すとすれば
「西へ行くほど面白い!」これに尽きます。

IMG_0183.jpg

西国街道は東海道のような五街道ではないものの
江戸と長崎を結ぶ幹線道路の一角になっていたので
五街道に次ぐ重要な脇街道に位置づけられていました。
また、船運が発達するまでは大幹線としての時代があったので
歴史が非常に古いという一面がある街道です。

このように重要な位置づけの街道だったからこそ
出来るだけ昔に忠実に歩きたい!という思いがあったわけですが
どのように計画をし踏破していったか感想など紹介していきます。

IMG_5600.jpg

まず西国街道を歩くにあたって悩んだのは
自治体によって様々な「西国街道」という名称。
広島県、京都府、大阪府、兵庫県は西国街道を推していて
岡山県と山口県は旧山陽道と推すのが一般的でした。

岡山県で旧山陽道と呼ぶのは理由があるそうです。
現国道2号である新西国街道が鴨方往来のルートを通っているので
本来の西国街道とは全く別の場所を通っていることから
区別するために旧山陽道を用いてるという話があります。

西国街道の全体を見まわしてみても
京→西宮は山崎通と称されたり(分間延絵図があります)
大阪からの道を含めて中国街道と称されたりと様々です。
またスタート(東寺or西宮)、ゴール(亀山八幡宮or永福寺)が
資料によっていろんな説が存在しています。

このように名称一つとっても各地で複雑なので
一般的に通用している西国街道として歩くことにしました。

IMG_4321-c0544.jpg

次に悩んだのは歩くルートについてです。
五街道の東海道などと比べると資料は少な目ですが
歩いてる方が結構いるもので先人の情報は参考になりました。
文献としては太陽コレクション山陽道にある中国行程記、
航空写真、古地図、分間延絵図など参考にしました。

ただ、これだけ様々な資料があると
資料によって道筋が違う場合があるのは逆に悩むところで
例えば明治道のはずなのに江戸時代の道と記載がある場合は
戦後すぐに撮られた航空写真や明治の地図で修正を重ねました。
この作業は結構な手間ですが歩く際の達成感は格別なものがあります。

下調べで不明な点が残った場合は現地に行ってからのお楽しみ。
現地調査でも謎が残る場合は気になる道を両方歩いたりしました。

IMG_5510.jpg

次に悩んだのは交通手段です。

幸いにして西国街道は新幹線など交通に恵まれています。
京都から兵庫県内に関しては特に問題ないのですが、
それ以西は峠を避けるように鉄道が敷かれている場合があるので
うまく行程を組み合わせていく必要があります。

例えば19日目は10キロ程度の行程になったのですが
今思えば岡山県内からは先を見据えて計画を立てていれば
こういう極端に短い行程にならなかったのかなと思います。

最初に書いた「西に行くほど面白い!」ですが
行程を考える際のパズル的な意味合いもありました。

IMG_0307.jpg

さて、感想について書いていきます。
西国街道は大きくわけて3区間に分かれていると思います。

・京都→兵庫県内の市街地&平坦な区間。
・岡山県内→広島県東部の起伏と平坦を織り交ぜたバラエティある区間。
・広島県→山口県の峠、山越えなどが続くハードな区間。

このように西に行けば行くほど大変になっていきます。
その分、多くの昔の風情が残っているといえるわけですが
広島県あたりから廃道が多くなって攻略に手こずる場所がありました。

これまで東海道など東に向けての街道を歩いてきましたが
今回が西へ向かって街道を歩くのは初めてだったので
石仏一つにしても雰囲気が違っていたり瓦の色合いや建物など
東に向かうのとは一味違った新鮮さがありました。

この新鮮さこそ西国街道の魅力かなと思います。

IMG_5685.jpg

一番大変だった場所というと松子山峠です。
通った季節が春だったので思っていたよりは楽でしたが
三原−八本松の長距離な上に藪漕ぎ多数という行程は
西国街道歩きのクライマックスだったかもしれません。

一番感動した場所は下関直前にある山越えでした。
広島県内においても九州の山を見ることができるのですが
関門海峡大橋と九州の山々がパッと視界に現れた瞬間は
ゴールまで残り僅かということもあって感慨深かったです。

あと、吉備路の国分寺付近もよかったです。
現在の交通のメインである国道2号から離れているおかげで
良い意味で開発に取り残された懐かしい光景がありました。

IMG_3625.jpg

以上、感想などを書いてみましたが
どっちから歩くのがオススメか?と聞かれた場合は
東から西に向かうほうが良いと答えると思います。

大阪に住んでる分にとっては
岡山まではどんな風情かなんとなく想像が出来るのですが
その先はというと未知な部分があります。

お楽しみを先にもっていくか後にもっていくかの違いですが
後のほうがモチベーション的にも良さそうです。

ただし、西に向かうとすると西日が強烈です。
疲れてる時に顔面に西日は結構つらいものがありました。

では、Enjoy!西国街道!

  
posted by にゃおすけ at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西国街道(山陽道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440259511

この記事へのトラックバック