2016年09月30日

北国街道その16・妙高高原→善光寺

春先の妙高高原はまだまだ冬。
街道歩きで初めてスノーシューを使用しました。

IMG_3680.jpg


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_3681.jpg

前回は夏場に歩いたのですが
同じ場所でも季節が変わると違うものです。
一変してモノクロームの世界に支配されていました。

ただ、1週間あたり前から暖かい日が続いていたので
これでも雪はそれほどでもないとのこと。

雪の中を延々と歩くことを思えばラッキーでした。

IMG_3691.jpg

道端には除雪によって出来た大きな雪山。
スキー神社の境内はまるでゲレンデのようです。

IMG_3688.jpg

IMG_3695.jpg

IMG_3699.jpg

妙高高原の宿場というと上原宿と関川宿です。
距離が近いので2つで1つの役割がある合宿でした。

IMG_3704.jpg

関川の関所。
全国の数ある関所の中でも重要な一つです。

ここは越後、信濃の国境にあたります。

IMG_3705.jpg

IMG_3710.jpg

旧道には雪がたんまりと残っていたので
ここでスノーシューを装着。

装着はやや面倒なものの(慣れ次第?)
雪が締まっていたので楽に歩けはしたのですが
一晩で何十センチも積もるような場所だけに
新雪直後だったらと思うとゾッとしますね。

IMG_3708.jpg

スノーシューは街道歩きの新たな一面を見出せるものですが
問題は積雪のある場所とない場所での脱着の手間と重量増。
ただでさえ長距離の街道歩きなので大変なものです。

仮に普段は4キロ55分のペースで歩いていたとすると
スノーシューでの行軍は積雪路で4キロ1時間10分でしょうか。
あと脱着で3分はいるので余裕ある行程を組んだほうが良さそうです。

IMG_3725.jpg

IMG_3721.jpg

野尻坂峠。
妙高山や黒姫山がよく見えてきました。

目を下にやると池尻川が流れていて低湿地帯になっています。
街道はそれを避けるように小高いところを通っていきます。

IMG_3728.jpg

IMG_3730.jpg

IMG_3739.jpg

野尻宿。
かつては約70軒の家々が連なる宿場でしたが
大部分の町並みが嘉永の大火で失われています。

IMG_3737.jpg

IMG_3742.jpg

IMG_3745.jpg

かつての宿場は今やリゾート地。
旅籠ではなくペンションが立ち並んでいます。
野尻湖というとナウマンゾウで有名ですね。

IMG_3747.jpg

IMG_3750.jpg

IMG_3752.jpg

IMG_3763.jpg

標高700mにある柏原宿。
この先にある古間宿と合宿でした。

かの俳人小林一茶が晩年過ごした地でもあって
町の至るところに句碑が建てられています。

今も住んでられた旧宅が残ります。

IMG_3774.jpg

IMG_3775.jpg

IMG_3777.jpg

宿場の中心を国道が貫いていますが
季節的なものもあってか交通量は少ない様子。
比較的静かな雰囲気が残っていました。

坂を一気に下っていくと古間宿です。

IMG_3780.jpg

IMG_3786.jpg

古間宿は信州鎌の製造が盛んで
全国第2位の生産を誇っていたそうです。
また商人達がよく利用して商売が盛んでした。

宿場のメインストリートの中を
鉄道が斜めに堂々と横切ってるのは珍しいですね。

IMG_3791.jpg

IMG_3807.jpg

古間の名前は付近一帯が湿地(沼)多いことからですが
新田開発のおかげで昔の面影は少ないようです。

勾配を上っていくと草道に出ました。
歩きたくなる道500選にも選ばれている「小玉坂」です。

IMG_3813.jpg

IMG_3827.jpg

IMG_3829.jpg

雪解けの影響でドロドロ道でしたが
なんとも風情のある道が続いています。

小玉一里塚跡では眺望が開けるのですが
昔は次の四ツ谷一里塚が見えたというから驚きです。

IMG_3833.jpg

IMG_3843.jpg

一里塚から先は江戸道と明治道とに分かれいて
江戸道はちょっとした藪がある草道になっています。

観音平という広くなった場所には石仏が集められていました。

IMG_3845.jpg

IMG_3847.jpg

IMG_3851.jpg

再び明治道と合流すると急坂です。
一気に下るので見晴らし良好!

きっとこの眺めが500選に選ばれた所以なのでしょう。

IMG_3853.jpg

IMG_3859.jpg
中間地点を示す碑

牟礼宿。

ちょうど加賀と江戸の中間地点。
加賀藩参勤交代の際ここに到着すると
早飛脚を立てて本国に無事を知らせたといいます。

他にも佐渡の金を江戸に運ぶ中継地点でもあったので
「金附場跡」が残っていたりと重要な宿場でした。

IMG_3877.jpg

IMG_3871.jpg

IMG_3869.jpg

坂のある宿場はいいですね。
十王坂の枝垂れ桜はかなりのもんでした。

宿場を過ぎて坂を上っていくと四ツ谷一里塚跡。
先ほどの小玉一里塚から見えたと言われる塚ですが
現在は塚の上に目印になるものがないので見つけるには厳しそうです。

IMG_3891.jpg

IMG_3885.jpg

IMG_3893.jpg

りんご畑が増えてきました。
平出追分で北国脇往還松代道と分けます。

松代道は戦国時代の一時期は北国街道の本道として扱われたり、
それ以後も舟渡が川止めになった場合は迂回路で使われたりと
北国街道と切っても切れない関係の深い道です。

IMG_3903.jpg

IMG_3905.jpg

IMG_3906.jpg

追分にあった道標は近くの民家に保存されています。
「左、ながぬまみち、右、善光寺みち」

IMG_3922.jpg

IMG_3909.jpg

この先はだらだらとした一本道が続きます。
長野市に入って善光寺平が見えてきました。

正面に見える山は志賀高原あたりでしょうか。
手前には小布施、須坂の町並みが見えます。

IMG_3924.jpg

IMG_3928.jpg

田子池。
東山道の駅があった場所ともいわれています。

近くの神社から湧き出る水があるのですが
わざわざ街道まで引っ張ってくるほど美味しくて
茶屋と造り酒屋が並んでいたそうです。

IMG_3937.jpg

IMG_3939.jpg

IMG_3942.jpg

新町宿。善光寺を控えた宿場町です。
稲積、徳間、東条の三村が集まって成立しています。

IMG_3955.jpg

IMG_3961.jpg

この辺りになるともう市街地。
車の交通量もかなりのもんです。

IMG_3967.jpg

IMG_3972.jpg

北国街道と書かれた街灯がいい感じですね。

善光寺に向かって緩い上り坂が続きます。
道路元標がある場所が今回のゴール。

IMG_3994.jpg

左が長野駅方向。右が善光寺。
善光寺宿の本陣は左手すぐのところにありました。

IMG_3993.jpg

IMG_3995.jpg

やはり歩いての参拝は格別です。


  
posted by にゃおすけ at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北国街道(北陸道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442385890

この記事へのトラックバック