2016年12月01日

北信貴街道と信貴山旧参道・八尾→信貴山→平群

八尾から高安山越えを寒い時期に歩いてきました。

R0016325.jpg


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

R0016286.jpg

信貴山は人気のあるお寺で
特に寅年には大勢の人が訪れます。

河内平野から信貴山へ向かう街道は幾重にありますが
北信貴街道は遠く伊勢にも続く道筋です。

八尾の中心部よりスタートします。

R0016302.jpg

R0016295.jpg

市街地の中にも関わらず
この旧道のクネクネ具合。たまりませんね。

やがて街道は桜の名所の玉串川にぶつかります。
南北5キロもの桜並木は春は花見で賑わいます。

R0016314.jpg

R0016316.jpg

高安駅筋との交点に道標がありました。

「左 信貴山」
「右 八尾 大坂」

しっかりした文字で書かれています。

玉串川というと元々は大和川の本流でした。
現在の約4倍の川幅があったのですが氾濫が多く難儀したそうです。
そこで江戸中期に現在の流れに変更になったわけですが
この変更によって河内の街道においても格段に通行が便利になったことでしょう。

R0016318.jpg

高安駅筋を山に向かって歩いていきます。

少し狭いながらも交通量の多い道を抜けると
京都と高野山を結ぶ東高野街道との交点にたどり着きます。

山沿いの南北の交通はというと
現在は外環状線という幹線道路にとって変わりましたが、
ふた昔前(S40年代)までは東高野街道がメインでした。

R0016331.jpg

ここをバスやトラックが行き交っていたなんて
今の道幅などを見るとちょっと信じがたいところなのですが
それだけ当時は長閑だったということなのでしょうか。

R0016333.jpg

交点には大きな道標がありました。

「すぐ信貴山毘沙門天」
「毘沙門天王」
「和州信貴山道是四丁」

R0016336.jpg

R0016338.jpg

今回の街道の見所の1つ教興寺。
大きな楠が立派です。

R0016346.jpg

風情ある町並みが広がってきました。
勾配がキツクなり眼下には大阪平野が見えてきます。

R0016373.jpg

R0016359.jpg

R0016352.jpg

狭くて細い道が続いてきますが
この辺りから増えてくるのが「町石」です。

寺までの距離程が書いてあります。
かつては一丁(約100m)ごとに立っていたそうですが
現代はなくなってしまってるものが多いようです。

R0016377.jpg

R0016378.jpg

いよいよ、山の中へ。
入口に信貴山道の案内標識がありました。

一見、普通の山道に見えるのですが
勾配は登山道に比べると緩く設定されていて
多くの人が行き交った街道の雰囲気を感じることができます。

R0016381.jpg

R0016390.jpg

所々には九十九折になっている場所があったり、
明らかな人工的な石積みがあったり。

森の中をどんどん進んでいきます。

R0016401.jpg

R0016412.jpg

R0016411.jpg

やがて視界が開けると高安山霊園に出ました。

R0016449.jpg

R0016433.jpg

この霊園付近の街道は開発で一部消滅しているのですが
スカイラインの裏手には旧道が痕跡が少し残っています。
(この件はヤマレコでのレポに詳しく書いてみました)

R0016456.jpg

R0016455.jpg

スカイラインの一部は昔は電車が走っていました。
今も随所に痕跡を見ることが出来ます。

ちなみに開業する前の電車の搬入経路はというと
ケーブルカーで持ち上げるという驚くべき方法だったそうです。
(詳しくは→信貴山急行電鉄wiki

R0016465.jpg

R0016472.jpg

R0016471.jpg

信貴山門バス停の手前には、
旧道にあった石碑などが集められていました。

左は信貴山までの距離の町石。
右は伊勢神宮への常夜灯。

こういうのがあると伊勢へ続いてると実感させられますね。
スカイラインから外れると街道沿いには古い家が多く良い雰囲気でした。

R0016479.jpg

街道は信貴山(寺の中)へと入ってきました。

現代の参道は大きな橋が架けられているのですが
昔は一旦谷底に降りるルートになっていました。

R0016480.jpg

R0016481.jpg

急な下り坂に急な上り坂。

ふと道横にある常夜灯の刻んでる字を見てみると・・・
全部が全部、見事に年代が古い!

R0016484.jpg

R0016483.jpg

参道が新しい別ルートになってしまったので
新しいものが立っていない=立てる必要がないということなのでしょう。

R0016485.jpg

R0016487.jpg

R0016489.jpg

旧参道はこんなところに出てきます。
有名な朝護孫子寺はすぐそこ。

R0016491.jpg

R0016493.jpg

街道は右に折れて平群側へと下る形になりますが
せっかくなので「空鉢さん」という信貴山頂上に寄り道してみました。

R0016497.jpg

R0016502.jpg

空鉢さんは「一願成就」の守護神として信仰されています。
戦国時代においては信貴山城があった場所でもあります。

ここからの眺めは頂上だけあって絶景です。

特に南側には隔たるものが何もないので
他の展望台に比べると葛城山など一風変わった眺めを楽しめます。

R0016513.jpg

R0016514.jpg

街道に復帰してゴールを目指します。

仁王門を過ぎれば下り道がずっと続く形になります。
一本道なのですが結構キツイものです。

R0016517.jpg

R0016525.jpg

R0016529.jpg

途中で奈良盆地を一望できたり
信貴山のペイントされたタンクがあったり

R0016534.jpg

R0016544.jpg

龍田越奈良街道と合流してゴールとしました。
北信貴街道はバラエティーに富んで楽しい道でした。


 
  
 
posted by にゃおすけ at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪から奈良への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444494883

この記事へのトラックバック