2017年01月12日

熊野古道紀伊路その6・海南→湯浅

峠が3か所あるダイナミックな区間です。

IMG_5507.jpg


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_5497.jpg

熊野一の鳥居跡。

今は何も残っていませんが
かつては巨大な鳥居が立っていました。

いわば熊野の玄関口にあたる場所で
中にはこの先にある藤白神社でお参りして満足すると
引き返して帰った人も少なくなかったといいます。

IMG_5516.jpg

藤白は全国の鈴木性のルーツともいえる場所です。

熊野の神職で神聖な「すすき」というのがあるのですが
これにちなんで「鈴木」の名字を名乗った人が
藤白王子の神職になったことが由来のようです。

「鈴木さんいらっしゃい」ののぼりが面白いですね。

IMG_2386.jpg

IMG_5514.jpg

熊野古道の提灯が美しい藤白神社。
なかなか立派な境内です。

ここから先には藤白坂が待ち構えています。
非常に険しく大坂から最初の難所といえる場所です。

IMG_5527.jpg

IMG_5533.jpg

IMG_5549.jpg

坂には旅人の無事を祈るように
一町ごとに石仏がおかれています。

この石仏群は道の荒廃によって不明になったものがあるのですが
近年になってほぼ昔の場所に復元されつつあります。

IMG_5537.jpg

IMG_5542.jpg

IMG_5544.jpg

坂は地道が基本になってるのですが
中には階段で整備されている場所がありました。

急坂を上っていくと展望が開けてきました。
海南の海が綺麗なこと!

IMG_5547.jpg

IMG_5551.jpg

IMG_5552.jpg

筆捨松と硯石。

植わっている松の樹齢は若いのですが
いわれ自体は平安時代と古いもので
宮廷の絵師が熊野権現の童子と絵書き対決をして
絵師が負けたので根元に筆を捨てたとありました。

硯石はその話にちなんで
江戸時代に作られたものになります。

IMG_5561.jpg

峠のピークにあるのが地蔵峰寺。
本殿は室町時代のものです。

ちょうどこのあたりが藤白塔下王子にあたります。
当時は峠のことを「塔下」とも書いたのでしょうか?

IMG_5557.jpg

IMG_5559.jpg

ちなみに寺の裏からの眺めは
和歌山県朝日・夕陽100選に指定されています。

IMG_5565.jpg

峠から先は舗装されている箇所もあるのですが
新道と旧道が入り組んでいてややこしいです。

ここで助かるのが現地の案内看板。
これに沿って歩けば安心です。

IMG_5569.jpg

IMG_5572.jpg

これまでいろんな街道を歩いてきましたが
細かな分岐点にまで案内看板があるのは素晴らしいもので
あの東海道でさえここまで多くのものは記憶にありません。

これはひとえに熊野古道のメインたる場所が
和歌山県という一つの自治体で完結しているので
街道全体を整備しやすかったのではと思ったりもします。

IMG_5582.jpg

IMG_5589.jpg

橋本の集落に入ってきました。

「土橋」という橋を渡りますが
紀伊名所図会にも描かれている橋です。

絵を見ると川沿いにも道があるのがわかります。
これは難所の藤白坂を避ける別ルートのもので
和歌の浦方面への海路がありました。

IMG_5587.jpg

では行き(熊野方面へ)も海路だと楽と思うのですが
そこは苦労したほうが御利益的なものがあったのでしょう。
帰り限定で利用されてた旨が書かれていました。

IMG_5592.jpg

橋本は紀伊名所図会にも描かれていた場所だけに
人々が集まるジャンクションでもあったようです。

古風な家が所々に残っていましたが
かつては茶屋などが立ち並んでいたと思われます。

IMG_5593.jpg

IMG_5595.jpg

お菓子や柑橘類の神様で有名な
橘本神社は所坂王子跡でもあります。

境内には橘の木が植わっているのですが
古い時代に苗木を中国から持ち帰ってきたもので
いわば有田ミカンの先祖にあたります。

IMG_5596.jpg

IMG_5598.jpg

IMG_5606.jpg

ミカン畑の中を進んでいくと
再び急坂が始まります。拝ノ峠です。

IMG_5609.jpg

IMG_5620.jpg

IMG_5626.jpg

なかなかの絶景です。
苦労した分ダイナミックな景色を堪能できます。

紀伊名所図会によると茶屋があって
昔の人も休憩しながら眺めていたことでしょう。

IMG_5644.jpg

IMG_5651.jpg

IMG_5657.jpg

IMG_5671.jpg

「宮原」集落に入ります。

町の真ん中に大きな有田川が流れているのですが
熊野古道は天神社付近から渡しで渡っていました。

かつての渡しの情景が下の絵図。

IMG_5677.jpg

IMG_5680.jpg

IMG_5674.jpg

中将姫ゆかりの得生寺を過ぎると
一里塚と文久年間の立派な道標があります。

IMG_5689.jpg

IMG_5693.jpg

熊野古道は平安時代に賑わった街道ですが
江戸時代においても重要な道筋になっていたので
このような近世のものも所々で見かけることができます。

IMG_5706.jpg

IMG_5707.jpg

本日最後の難所が糸我峠です。

振り返ると先ほど通ってきた拝ノ峠が見えました。
ぐんぐん標高をあげていきます。

IMG_5705.jpg

みかんの花が満開です。
下っていくと逆川王子がありました。

IMG_5718.jpg

IMG_5721.jpg

逆川の由来は近くに流れる川からで
地形の関係で海と逆方向に見えることからきています。
こういうトリックは東海道の左富士みたいなノリですね。

IMG_5725.jpg

方津戸峠。
湯浅に藩の役人が来たときは
醤油商人が見送りにきたといわれています。

さあ、湯浅の町へと入ります。

IMG_5733.jpg

IMG_5741.jpg

湯浅は醤油の町です。
ぷーんとする醤油の香りが町中に漂っています。

重伝達地区にも指定されているので
なかなか雰囲気の良い町並みが続いています。

IMG_5748.jpg


 
 
posted by にゃおすけ at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 熊野・紀州への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めて??コメントさせてもらいます。
勝手にTwitterなどフォローさせてもらってます。
自分が歩くのに、お手本にさせてもらってます。

私も年明けすぐに、このコースを歩きました。
想像より楽しめたコースでした。
ブログ記事の時期は、5月頃でしょうか??
やはり季節が違うと同じ景色も印象が違いますね。

これからも更新楽しみにしています。
失礼しました。
Posted by 白木蓮 at 2017年01月19日 10:56
コメントありがとうございます!
歩いたのは5月ごろで峠越えではかなり汗をかきました。
山が多い区間なので冬は気持ちがよさそうですね。

ブログ見させてもらいました。
いろいろと歩かれているご様子で
ちょくちょくのぞかせてもらいます。
Posted by にゃおすけ at 2017年01月19日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445851535

この記事へのトラックバック