2018年03月14日

長尾街道その1・堺→国分

長尾街道は古くは難波京・住吉津と当時の京を結ぶ重要路で、
近世は遠くは伊勢へも通じることから産業の流通の他に
道明寺や葛井寺への参詣道としての役割もありました。

明治になると名称が長尾道→長尾街道と定義されていきますが
今も古代の直線道路の名残があるのは大きな魅力です。



IMG_9753.jpg

紀州街道との分岐点の花田口よりスタートします。

堺市街地は空襲で焼け野原になったので
古い建物はというと殆ど残っていません。
寺院の建物もコンクリ造りのものが多いですね。

IMG_9757.jpg

そういう中でも
上の写真のような街道の石柱は嬉しいものです。
大阪府では長尾街道に限らず主だった街道に
案内標識の設置が進められています。

IMG_9762.jpg

ゆるやかな坂道は「三国の坂」の名残り。

三国の名前は河内、摂津、和泉の境からきていて
「堺」の名前もこれに由来しています。

坂の上部にあたる場所にあるのが方違神社です。

IMG_9767.jpg

社地は三令制国のいずれにも属さない地、方位のない地として
方位、地相、家相などの方災除けで信仰を集めていました。

この様子は和泉名所図会にも描かれています。
大仙陵とは一般的に仁徳天皇陵と呼ばれている古墳ですね。

IMG_9765.jpg

IMG_9772.jpg

JR堺市駅前の踏切を越えると商店街があります。
その入口には「長尾街道」の文字。

早朝はひっそりとしてましたが
昼ははまた違った光景なのでしょうか。

IMG_9774.jpg

IMG_9775.jpg

街道は国分まで基本的に直線なのですが
上の写真のように若干ウネウネ箇所が多いです。

もっとも長尾街道の前身である「大津道」は
他の古代官道と同様に本当の意味での直線になっていました。
しかも幅は10〜12mあったというから驚きです。
今でいう4車線の国道と同じ大きさというわけですね。

こうした古代官道は時代を経ると往時の姿は失われ、
次第に土地利用の変化や地形に合わせた改良によって
多少面影は残るものの近代の街道の姿になっていきます。

IMG_9778.jpg

堺の「丁目」表記は「丁」です。

この表記に関しては法律で決まっているものではないので
どういう風に付けるかは町ごとになんでも良いわけですが
堺では江戸初期の区割りに由来しているそうです。

この「丁」は〇〇町の「町」と同格の意味になるのだとか。

IMG_9781.jpg

クスノキが立派な愛染院前。
この辺りまで来ると街道風情が出てきます。

本堂は江戸時代前期のもの。
綺麗なトイレがあったのでお借りしました。

IMG_9783.jpg

IMG_9784.jpg

一見、普通に見えるお地蔵様ですが
赤い布をめくると道標になっています。

「ひだりハふじゐ寺 はせならみち」

”はせ”とは長谷寺のことですね。

IMG_9785.jpg

下の指先道標は明治以降に多いタイプです。
道標も時代時代によっての流行りがありますね。

IMG_9788.jpg

IMG_9786.jpg

IMG_9792.jpg

遠見地蔵。
昔はここから堺の海を見えたそうです。

西除川の西側の堤防上で下高野街道と交差します。
この付近は古代の大津道の駅家の跡でもあって
施設の名残りの一つに「惣井戸」が保存されています。

IMG_9796.jpg

IMG_9798.jpg

IMG_9799.jpg

西除川は狭山池から流れる河川です。
大和川付替え以前は淀川(大川)に直接流れていました。

この西除川は河川が少ない和泉地域では貴重な存在で
流域から離れた場所には数多くの溜池が作られました。

近年は埋め立てされたものが多いですが
下の写真の今池も往時の半分の大きさになっています。

IMG_9803.jpg

IMG_9801.jpg

IMG_9804.jpg

河内松原が近くなってきました。
松原の名前は反正天皇の宮殿跡の「松生いし丹比の松原」からで
長尾街道沿いにも近世まで多くの松が植わっていたそうです。

下の大きな道標には長尾街道と書かれていますが
「街道」と書かれた道標は明治以降のものが一般的です。

「ちちかみ橋」とは乳児がお乳を飲んで寝ていたら
悪夢で驚いて乳首を噛み切って母親が死んだというお話です。

IMG_9807.jpg

IMG_9806.jpg

昔の絵図に「ちちかみ橋」があることがわかります。
また街道に沿って小さな川も描かれています。

川は現在は暗渠化されてはいるものの健在で
暗渠の上にはモニュメントが置かれています。
堰があった場所には分量石も保存されています。

IMG_9813.jpg

IMG_9812.jpg

IMG_9814.jpg

IMG_9815.jpg

阿保(あお)交差点。
この左手に阿保(あおん)茶屋が3軒あったそうで
中高野街道との交点ということもあって賑わっていました。

阿保の由来は奈良時代の阿保親王からきています。
下の写真の親王池の名前もそこからですね。

IMG_9820.jpg

IMG_9824.jpg

IMG_9826.jpg

東除川を渡ります。
これも狭山池を源とする河川です。

狭い道ながらも比較的交通量が多いので注意して進みます。

IMG_9833.jpg

IMG_9836.jpg

「右 いせ 道明寺 葛井寺」横には「村内安全」の文字。
元は常夜灯だったと思われる江戸後期の道標です。

長尾街道は古市街道(平野-古市)と交差しますが
上の道標の他にもう一つ古いものが立っています。

IMG_9838.jpg

IMG_9840.jpg

「かうや」「ふじい寺」の文字が見えます。

元禄年間のものですが元々の場所から移設されています。
もっとも車が衝突して破損する可能性のことを考えると
危なげない場所に移設もありかもしれません。

IMG_9841.jpg

説明板には田尻峠の文字が見えますが
江戸時代においては存在はするものの脇道的なもので
関屋峠が古くからのメインルートになっていました。
その後、明治時代に田尻峠が開削されメインの座が移ります。

「長尾街道」という名称は明治時代からのもので
そういう意味では間違いのない記述ではあるのですが
江戸時代の長尾道も指してるなら誤解を生むかもしれません。

この古市街道と交差する付近では
長尾街道は少し南下する形でルートの進路が変わります。
大津道は進路を変えずそのまま東へ直進という話なので
古代道路を踏襲しているのは実質ここまでということになります。

IMG_9843.jpg

西名阪道路の藤井寺インター付近からは古墳が目立ちます。
長尾街道は全般的に歴史の深い場所を通ってるわけですが
竹ノ内街道などと同様に有名になっても良い道です。

IMG_9848.jpg

IMG_9850.jpg

このお地蔵様の下部にも道標があります。

「右 大坂さかひ、左 ならはせ道。右 ふじゐてら道」

IMG_9851.jpg

この先にある東高野街道との交点にも道標がありました。

「右 道明寺」

少し前までは折れて倒れていたそうですが復活していました。

IMG_9857.jpg

IMG_9859.jpg

IMG_9870.jpg

石川を橋で渡って大和川の堤防上にでます。

今回は国分の国豊橋で終了としました。
次回は関屋峠を越えて奈良県の磐城まで歩きます。


posted by にゃおすけ at 16:00 | Comment(0) | 大阪から奈良への街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: