2008年01月10日

衝撃的だった台湾のバス!その1

海外で1人でバスに乗るとなると
言葉の壁とかで敷居が少し高くなるのですが
乗ってみると市民の生活ぶりがよくわかって
旅の乗り物としては最高です♪

IMG_5205.JPG
金瓜石にてバスは比較的新しい方?

まずは基隆近郊の以下の路線に乗りました。

★瑞芳(鉄道接続駅)→金瓜石(黄金博物館)
★金瓜石→九分(階段のある名所)
★九分→基隆(比較的大きい港町)
★基隆→野柳(クレオパトラの横顔の奇石が多くあるところ)
★野柳→基隆


いずれも台北に比べると田舎の路線で
使ってる車両はボロイ!そしてガタガタ(笑)
でも、料金がめちゃくちゃ安い。
比較的長い野柳の路線でも片道43元だったかな(200円弱)
これら一帯を旅行会社で回るツアーなんてのもあるのですが
(値段は2000元〜3000元ぐらいはするものも)
安心感や楽さを考えればツアーもアリ!
でも少々ぼったくりなような気がしてなりません(^^;

IMG_5228.JPG
野柳のクレオパトラ

基本的な乗り方は
上票って書いてるのは最初に払って
上下票ってのは乗るときと降りるときと両方払うようです。
”ようです”というのは実は僕もまだイマイチよくわかりません。
運転手に行き先を紙に書いて見せるのが1番無難でしょうか。

基隆のバスは台北と比べて古い車両が多く
めちゃくちゃ運転が荒い!(荒さは台北の比ではないかも)
野柳の路線は山道も走るのでカーブの度に
手すりを持ってないと椅子から確実に落ちます。
ここはまるで鈴鹿サーキットか!と思うぐらい(^^;

田舎町の景色は台北と違って驚きの連続で
その一つに「ビンロウ小姐」でしょう。
ビンロウは台湾で合法の麻薬の一種で
合法だから道端の店によく売ってるのですが
売っている小姐(小姐はギャル)がスゴイ格好で
透明の店にバーのような椅子に座ってるんです。
台北では規制が入って見かけれなかったのですが
まー台湾はいろいろとスゴイです。

posted by にゃおすけ at 18:16 | 大阪 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 海外ボラボラ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は知らない場所でバスに乗るとガラにもなく緊張してしまいます・・・ (*μ_μ)恥ずかし
そんなわけで海外で一人で乗るのはとても無理ですネ〜 笑
檳椰(ビンロウ)は、トラック運転手の多くが眠気覚ましに噛んでいるようで、ガラス張りの店内に超ミニスカのお姉さん達が売っているそうですね
海外に行かねば体験出来ないでしょうね〜


Posted by ぶらり〜☆デス at 2008年01月11日 23:40
>ぶらりさん
ビンロウは発ガン物質もあるようで
ちょっと怖いなと思い食べませんでした。
ひじょーに興味があったのですが・・・小姐も(笑)
Posted by にゃおすけ at 2008年01月15日 11:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック