2017年01月26日

大文字山からの京都の絶景と明治の香り

如意ヶ嶽の支峰である大文字山は、
毎年8月16日の「五山の送り火の大文字」で有名で
山上や火床からは京都市内を一望することができます。

IMG_1975.jpg



IMG_1977.jpg

大文字山へは幾つか登山道があるのですが
一般的なのは銀閣寺から登るものです。
急登ですが最短距離で登ることができます。

今回は三条から東海道を進み、蹴上、南禅寺を経て、
山頂、火床、銀閣寺を経由して吉田山、京大に至るルートです。

IMG_1985.jpg

ルートを先に明かしちゃいましたが
今回はミステリーツアーと称しての計画でした。
三条駅集合だけを告げて行き先は明かさずというもので
参加者の中には比叡山に行くのか?大津に行くのか?と
皆一様にドキドキしていたのは面白いところでした。

IMG_1988.jpg

IMG_1991.jpg

まずは蹴上、南禅寺付近。
紅葉や湯豆腐の名所だったりするわけですが
この一帯は明治の香りが漂っています。

琵琶湖疎水、インクライン、水路閣 etc

古い煉瓦造りの建物群は
東京遷都によって荒廃しつつあった京都が
いかに復興していったかがわかるものです。

IMG_1995.jpg

IMG_1997.jpg

日本で最初の営業電車は
琵琶湖から水を引くことで得られた電力からですし、
水を引くことになった理由はそもそも飲料水確保からのもの。

IMG_2003.jpg

IMG_2006.jpg

サスペンスでよく出てくる南禅寺の水路閣も
京都の復興の為ならと境内を通すことを許可しています。

IMG_2022.jpg

IMG_2048.jpg

IMG_2051.jpg

さて、前置きが長くなりましたがメインの大文字山です。

山頂からの眺望はそれなりに良いものがありますが
火床と呼ばれる場所はそれ以上のものがありました。

IMG_2063.jpg

正直ここまで展望が良いとは思いませんでした。
正面には愛宕山、遠くは大阪市内のハルカスや男山、
金剛山や生駒山、手前に吉田山、御所に京都タワー。etc。

標高がそれほど高くない分、
有名な史跡が目の前に手に取るように見えます。

IMG_2069.jpg

ちなみに「大」の字の中心部にある特別な火床は
京都人にとって神聖なものだから入ってはいけないのだとか。
傍にいた自称観光ボランティアが言ってたのですが
皆さん中に入って記念写真を撮っている様子。

IMG_2085.jpg

IMG_2103.jpg

急坂を下りていけば銀閣寺。
さすがの賑わいがありました。

IMG_2104.jpg

この後は吉田山に登って京大を見てから帰りましたが
吉田神社の辺りは一般的な観光ルートではないだけに
京都の新たな一面が見れて面白いものでした。


  
 
posted by にゃおすけ at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 近畿ボラボラ | 更新情報をチェックする