2017年06月16日

『街道プレゼン』熊野古道と街道マップのこと。

今回は先日の街道シンポジウムで発表しました
熊野古道と街道マップについてをテーマに話していきます。

1.jpg

熊野古道は平安時代がピークの信仰の道です。

その後は時代とともに衰退していくわけですが
世界遺産登録を機に再び脚光を浴びています。


2.jpg
和歌山県の街道概要(わかやま観光情報のページより)


いわゆる「熊野古道」と名前が付いてる道筋は
出発地点や目的の違いから幾重ものルートがあります。

江戸や伊勢神宮方面からの「伊勢路」
高野山方面からの「小辺路」
京や大坂からの「紀伊路」「中辺路」「大辺路」


どのルートも熊野本宮大社へと続いている点が
大きな特長といえるものです。

ただ、大まかな道筋はわかっていたとしても
どこを経由していたか等の細かい部分は推定が多くて
江戸時代の五街道は絵図が残ってるのとは対称的に
平安時代の街道資料はほぼ皆無といえます。

数少ない平安時代の資料があったとしても
日記の一文に〇月×日に△△に寄った的なものが多いので
道筋の特定の判断材料となると弱いところです。
3.jpg

熊野古道は信仰の道だったことから
都市と都市を結ぶだけの街道とは少し役割が違うところで
ルート周辺にある寺社に寄り道する人が多かったものと思います。

こういう点からも熊野古道のルートは
推定が多くなってる上に複雑なのは仕方ないところで
これを理解して歩くことは他の街道歩きと違う点といえます。

昔の道を忠実に歩きたいウォーカーにとっては
やや消化不良なところがあるかもしれません。


4.jpg
わかりやすいウォーキングマップ(わかやま観光情報のページより)


熊野古道を案内するマップとしては
わかやま観光情報が良いものを作成されています。

街道マップ|高野巡り・熊野古道
https://www.wakayama-kanko.or.jp/walk/

名所や所要時間などもしっかり書かれていて
熊野古道をとりあえず歩いてみたい層にとっては
これほど役に立つものはないでしょう。

ただ、ルート自体は間違っている部分が多く、
トンネルなど明らかに違う場所が指定されてたりします。

例えば上のマップの濃い茶色の線に注目です。

5.jpg
地図の左端「朝日楼」と書かれている付近

一見すると国道の脇にある旧道に見えますが
元を正せばJRの旧線だったりします。

こういう旧線跡を遊歩道などに転用してる例は多いですが
当然のことながらここは熊野古道ではありません。

ここをあえてルート指定になっているということは
大人の事情が絡んでいるものと思われます。

この点で和歌山県観光連盟にお聞きしました。
6.jpg
・歩いていただく方の安全性を考慮したルート
・地元の関係者の意見を聞いてのもの


これはよくあることなので納得です。
熊野古道のメインの時代は平安時代で資料が少ないので
あらゆる方面からの意見を募っての決定は重要なことです。

また別のメールでは

・街道マップは和歌山県の古道を多くの人に触れてもらうのが目的
・調査や研究に基づいてのルートではない


街道マップを制作した趣旨はこの2点だったそうです。
これはこれでアリだと思います。

ただ、重大な問題点が一つ。
それは間違ったルートが既成事実化してしまうこと。

熊野古道には長い歴史があるので
ルート変更での消失は多かったものと思います。
またルートは推定箇所が多いのは前述のとおりです。

しかし、明らかに違う場所を指定してしまうと
20年後、50年後という長いスパンで考えてみれば
そこが本来の道と疑う人は少なくなってしまいます。

結果、指定されなかった本来の道は
歴史の中に埋もれてしまうことになりかねません。
自治体のサイトは個人と違って発信力があるので
間違ってる道でも正しくなることがあるのは怖いところです。

もし、街道マップのわかりやすい場所に

「自治体推奨のルートだよ!」
「本来の道でない所もあるよ!」


というようなことが書かれていたなら
こういう問題はおきないのではと思います。

閑話休題。

7.jpg

熊野古道は実際歩いてみると
雰囲気は良く他の街道にない良さがいっぱいあります。

上の写真は小辺路にあった茶屋の跡です。
石積みなどの大部分は江戸時代のものですが
山の中だけあって時間が止まってる感覚がします。

このような場所には案内看板があることが多いですが
案内看板を見て往時の様子に思いをはせることができます。

しかしながら全部の見どころに案内看板があるとは限りません。
こういった場合は図書館などで調べる方法があるのですが
もっと簡単な良い方法といえば「古老」のお話です。

8.jpg

昔話を聞くことは意外な発見があったりするもので
地元の人の話は調査の上で有意義になることが多いです。

古老というと老人をイメージしますが
若者や子供だって十分に古老である資格があります。
よそ者より長くそこに住んでるというのが重要です。

今の時代は下手に話しかけると怪しまれることがありますが
まあ、その辺りは臨機応変にいきましょう。

9.jpg
隠れている古道を探し出す方法としては
地理院地図や旧版地図を用いた調べ方があります。

道となる場所は太い線や点線で描かれてるのですが
山間部での点線は大抵は登山道である場合が多いです。
その中でも明らかに山頂方向に向かっていないとか
車道に平行してる点線などは旧道である可能性が高いでしょう。

ただ、気を付けないといけないのは
測量ミスと思われる点が多いことです。

下の地図では実際に歩いた道(緑色)と点線では違いますね。
特に山の中の道筋はこういうことがザラだったりするので
100%信用して計画を立てていると痛い目にあいます。

10.jpg

最近ではデジタル資料をネットで公開が増えてきて
旧版地図も簡単に見れるようになってきました。

スタンフォード大学の旧版地図
http://stanford.maps.arcgis.com/apps/SimpleViewer/index.html?appid=733446cc5a314ddf85c59ecc10321b41

このサイトでは日本各地の旧版地図が公開されてますが
旧版地図の中でも比較的新しい時代のものです。

江戸時代の道を知ろうとすると
出来る限り江戸時代に近い年代の地図が欲しいところですが
これはなかなかネットでは出回ってくれてません。
地理院で取り寄せという形が一般的でしょう。

11.jpg

最後に熊野古道小辺路の知られざる旧道のご案内。
上の地図の急斜面には点線が描かれているのがわかります。
場所は十津川村。有名な果無集落の手前です。

後にこの点線の道は廃道になってしまうのですが
現地で確認すると意外と痕跡が残っていました。

12.jpg

こういう平場の場所が道だったんですよね。

今にも消えてしまいそうな痕跡だったので
20年後、50年後はどうなってるかわかりません。

街道マップから外されてしまった道筋の末路。
ここも歴史に埋もれてしまうのでしょうか。

以上です。



posted by にゃおすけ at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 街道シンポジウム | 更新情報をチェックする