2018年05月15日

有馬道その1・神崎津→安倉

京や大坂から有馬温泉を結ぶ道で
古くから湯治目的の人々で賑わっていました。



IMG_7330.jpg

神崎川のほとりにあった神崎津。
大坂からの中国街道や瀬戸内海から舟で来る人々の拠点でした。

ここが有馬道としては実質的なスタート地点で
伊丹市、尼崎市域ではルートが本道と間道と2つに分かれますが
再び宝塚付近で合流して六甲山中へと抜けていきます。

本道は新道、間道が旧道にあたりますが
古い絵図など見ても名称の区別が見当たらないので
おそらく近代になって便宜上名付けられたものと思われます。

IMG_7327.jpg

神崎川には昔は橋がなく広さは四十間程あって舟で行き来していました。
旅人は1人につき40文、増水時は24文の追加料金だったとあります。

歴史的には天平年間で行基によって築かれた摂播五泊の一つ「河尻泊」
14・15世紀になると尼崎が神崎川河口地域の中心的な港になっていきます。

IMG_7328.jpg

摂津名所図会を見ると往時の賑わいがわかります。

神崎津は商人荷物を扱うことでも繁栄していました。
川を利用した近隣の年貢米の船出しや伊丹の酒造米の受け入れにも対応。
このような荷物を扱う問屋が江戸中期には6軒あったそうです。

ちなみに近くにあるJR尼崎駅は設置当初は神崎駅でした。
元々の尼崎の地名は尼崎城下の阪神尼崎駅付近を指す地域なので
開業当時としては「神崎」と名付けるのが自然だったのでしょうね。

IMG_7333.jpg

IMG_7329.jpg

神崎津のメインストリート。
絵図そのままの光景が広がっています。

突き当りに仏像を兼ねた道標があり
側面には「左 大坂」などの文字が刻まれています。

IMG_7334.jpg

IMG_7335.jpg

IMG_7338.jpg

ダイセルの工場の先で本道と間道と分かれます。

ここには明治初期の道標が立っています。

「右 伊丹 中山 池田 能勢」
「左 昆陽 小濱 有馬 三田」
反対側の文字には「大坂 西京」

西京とは東京に対しての京都の言い方ですね。

IMG_7339.jpg

IMG_7344.jpg

途中まで新幹線と平行して進むので
何度か交差して少し不思議な感覚になります。

猪名川水系である藻川の堤防の上を進みますが
他の河川と同じく大きく改良を受けているので
往時の道筋とは若干違うようです。

45463.jpg

IMG_7356.jpg

IMG_7361.jpg

大井組の碑。

大井組とは猪名川水系の最大の井組で
水争いの乱闘の末、斬首数名となった話が書かれています。
意外にも周辺では水に困っていたことがわかりますね。

川もあるし不思議な感じがするのですが
有名な昆陽池を筆頭に街道沿いで見かける池は
灌漑用のものが多いので今とは違った環境だったのでしょう。

それにしても、街道沿いは歴史があるからいいですね。
今回の歩きは短距離な上に市街地の中ではあったのですが
何も調べないで歩くとツマラナイような道であっても
歴史を調べてみると発見があり実に楽しいものです。

IMG_7368.jpg

やがて風情が残る猪名寺の集落に入ります。

街道から少し逸れて猪名寺廃寺を見てきました。
東に金堂、西に五重塔の白鳳時代創建の大きな寺だったのですが
織田信長による有岡城攻めで焼失しています。

IMG_7369.jpg

IMG_7372.jpg

IMG_7371.jpg

摂津名所図会に有馬街道が描かれています。
廃寺跡の背後の森が佐璞丘(さぼくがおか)と言って
大阪湾を見渡せる景勝地になっていたそうです。

また、「猪名の笹原」としても有名で
辺り一面は笹が生えそろっていたとあります。

IMG_7376.jpg

IMG_7379.jpg

IMG_7386.jpg

伊丹城下へと入っていきます。

大坂道の標識が目によく入ってきましたが
ここでは大坂道と呼ぶのが一般的だったようですね。

古い家々が立ち並ぶ街道筋。
城下に入ると道筋がいくつもあることが多いですが
どの道筋が一番多く使われてメインだったのだろうと
街道を調べる際の一つのポイントになっています。

IMG_7388.jpg

新しいビットマップ イメージ.jpg

文禄伊丹之図を見てみると
家の並び方でなんとなくメインルートがわかります。

青い丸は江戸時代の高札場があった場所で
現在は道路元標が立っています。
いわば伊丹の道路上の中心地というわけです。

ちなみに緑色の丸の箇所は三軒寺です。

新しいビットマップ イメージ (2).jpg

IMG_7393.jpg

IMG_7398.jpg

先の震災では倒壊が酷かった地域です。
ここは名前のとおり三軒の寺が並んでいたのですが
震災後は大きな広場を整備して三軒寺広場となっています。

ピンク色の丸は猪名野神社。
伊丹郷町の北端で有岡城(伊丹城)の北端でもあって
惣構えの「岸の砦」が置かれていた場所です。

古くは「野宮、天王宮、牛頭天王宮」と呼ばれていて
摂津名所図会では「野宮牛頭天皇」と紹介されています。

IMG_7400.jpg

IMG_7401.jpg

猪名野神社を過ぎると若干の勾配が始まります。

段差がある場所は美味しい水が関係することが多いですが
周辺の地名が「清水」とあるのもそういう関係でしょう。
また、伊丹の酒造りにも関係する段差かもしれませんね。

IMG_7404.jpg

IMG_7405.jpg

大鹿(おじか)。ここで西国街道と交差します。

「すぐ西宮」「すぐ京」「すぐ中山ありま」「すぐ大坂」。
中山とは中山寺のことですね。

ここには古絵図を現代語に翻訳された看板がありました。
こういうのはわかりやすくてとても助かります。
大鹿あたりにも池があったことがわかりますね。

IMG_7406.jpg

IMG_7414.jpg

瑞ヶ池は伊丹市民の貴重な水がめです。

池の前後の街道は住宅整備によって消滅したのですが
池の周囲の一部分のみは旧道が残っています。

ただし昔の雰囲気とは大きく違うようです。

古地図を見るに土手の上を通っているように見えますが
いざGPSを頼りに同じ場所に立ってみると普通の道路です。
おそらく昔の土手は改修の際に崩されてしまったのでしょう。

新しいビットマップ イメージ3.jpg

IMG_7420.jpg

鴻池という地名。
実は「鴻池財閥」の出身地です。

伊丹で清酒の醸造を始めた後に大坂で両替商に転じて
江戸時代における日本最大の財閥になっていきます。

河内に住んでいた者にとっては
鴻池新田辺りが出身地とばかり思いこんでいたのですが
まさか伊丹だったとは意外でした。

元々の鴻池の地名のいわれとしては
周辺の池に鴻(ヒシクイ)が群れを成していたという説、
摂津国の国府(コウ)を当地に移す計画があった説があります。

IMG_7424.jpg

「阿り満たしま」は有馬但馬。
他に中山観音、小浜、三田の意味する文字が刻まれていました。

享保年間のもの。

IMG_7425.jpg

IMG_7427.jpg

姥ヶ茶屋(ばんがちゃや)。
ここで有馬街道の別ルートの間道と合流します。

祠の中には寛文八年の兵庫県下で最も古い道標が残っています。
「あまがさきみち」「いたみみち」

IMG_7428.jpg

次回は間道を神崎から宝塚に向けて歩く計画です。



  
posted by にゃおすけ at 11:38 | Comment(0) | その他の街道 | 更新情報をチェックする