2020年11月30日

こんなに違う季節によっての混雑ぶり

真夏の暑い季節。
公園には人っ子一人いないことがよくあります。
炎天下で熱中症の心配もあるから当然といえば当然です。
では、逆にそういう人たちはどこに行ってしまっているのか。

答えは簡単です。
屋内ものの施設か涼しい場所が多いでしょうね。
特に水族館は涼むにはもってこいな場所の筆頭格で、
科学館の類も夏休み時期がピークが多いようです。

先日、さわやかな秋の日曜日に自転車を走らせて
大阪市中心部にある大阪市立科学館へ行ってきました。
ところが客は開館時間になっても疎らな状態でした。

IMG_6467.JPG

以前、真夏に訪れた時は凄い人でした。
チケットを買うにも大行列で大変でしたが、
案内の人に聞いてみると秋は意外と空いてるとのことです。

理由として、
心地よい季節なので天候が良いと外で遊ぶ層が増える。
つまり晴れだと室内ものや買い物は相対的に減ると思われます。

逆に言えば、空いてる場所へ行きたいなら
好天時は室内ものを選び、雨天時は極端な話で外を選ぶ。
実際は雨天時は外で遊ぼうとする人は少ないと思いますが、
例えば、ドライブは晴れとは違った良さもあるもので、
普段は人の多そうな観光地でも意外と空いていたりします。

「ずらし旅」とはよく言ったもので、
ただ単に空いてる旅を楽しもうと思うのなら、
人と違う行動をしてみることをオススメします。

紅葉の時期の京都を例にあげるならば、
紅葉に興味なければ思い切って別の季節がいいでしょうし、
混んでいても紅葉が見たいという人は早朝を狙うとか、
連休を避けたり、遠方の人が減る日曜の夕方に見るとか。
こういうことは一人旅なら割と融通が利きますね。

それにしても来年の今頃はどうなってるのでしょうか。
去年はマスクしてたねって話になっていればいいのですが。



  
posted by にゃおすけ at 08:57 | Comment(0) | 近畿ボラボラ_大阪 | 更新情報をチェックする