2013年04月10日

伊勢本街道その5・多気駅→伊勢神宮

大阪から歩いてお伊勢さん。
いよいよ最終回です。

R0027357.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

それにしても寒い!
すっかり冬景色の道中になりました。

でも、今回の楽しみの一つは
ゴールで食べれる「赤福ぜんざい」という代物。
おかげ横丁の赤福で冬の限定品なのです。

きっと寒い中でのぜんざいは最高でしょう(^_^)

R0027370.JPG

山の中を進み
柿がたわわに実る場所を進みます。

この辺り産地なのでしょうか。
農作業の姿に懐かしい日本を垣間見れました。

R0027377.JPG

R0027385.JPG

雑木林の中。
立派な掘割がありました。

昔の人が苦労して作ったもの。
当時の形がそのまま残っていて萌えますね。

R0027393.JPG

そういえば
最近の日帰り街道歩きでのお供は、
「キャメルバッグ」を背負っています。

IMG_6734.JPG

体にフィットして軽くてコンパクト。
それでいて傘も入って雨対策も万全。
急ぐ時は走ることも出来ておススメです。

やっぱ軽いのは長距離歩きで1番の利点ですね。

R0027396.JPG

R0027403.JPG

”はせ街道”の看板が多くなってくると
まもなく田丸宿に到着です。

ここは城下町でもあって
宿内は曲がり角が多いこと。多いこと。

R0027424.JPG

R0027419.JPG

田丸城は
戦国時代のものなのに”平山城”になっています。
この形式としては初期にあたるのだそうです。

石垣も実に立派ですねー。

R0027421.JPG

R0027416.JPG

和歌山街道との追分には
立派な道標が立っていました。

R0027429.JPG

R0027431.JPG

R0027439.JPG

遠くに朝熊山が見えてきました。
そのふもとに神宮があるんですよね。

R0027455.JPG

宮川を渡ります。
ここに”柳の渡し”がありました。

宮川にある2つあるうちの1つで
もう1つはすぐ下流を通る伊勢参宮街道のもの。
こちらは江戸方面から来る街道です。

R0027442.JPG

R0027464.JPG

その伊勢参宮街道とは筋向橋で合流します。

ここからは
いろんな方言が聞けたでしょうね。
楽しげな光景が目に浮かびます。

R0027468.JPG

まずは外宮を参拝。
そして次に内宮へ向かいます。

R0027474.JPG

R0027479.JPG

宇治橋の手前におかげ横丁が広がります。

さぁ、待ってました!
こちらが赤福ぜんざいです。

IMG_6746.JPG

寒く冷えた体にとてもGood!
角餅もウマー。

R0027481.JPG

それにしても
おかげ横丁はいつ来ても賑わっていますね。
江戸期の賑わいを感じれるかのような人出です。

R0027482.JPG

その波に身を任せるとほどなく内宮。

伊勢本街道ゴール!!

当初、計画を立てた時は、
山深き場所を通るので困難だと思っていたのですが
意外と道は良くスムーズに進めることができました。

歩いて大阪からお伊勢さん。
おすすめです(^_^)/

 
posted by にゃおすけ at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢本街道 | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

伊勢本街道その4・上多気→多気駅

伊勢本街道の最後の難所は
大雨の中の街道歩きになりました。

R0026910.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

R0026913.JPG

今回泊まったお宿
街道沿いにある古民家を改造した感じでした。

素泊まりで3000円。安いですよね。
しかも街道本が置いてあり読みふけってしまいました。
翌朝にはおにぎりを用意してくれていて感激でした。

R0026916.JPG

R0026922.JPG

小雨から大雨に。
カッパの上下と傘で完全防備。
これ雨の歩きで結構おすすめです。

R0026929.JPG

R0026926.JPG

紅葉が美しい旧道風情。

難所の櫃坂(ひつさか)の手前には
その名も”峠”という集落がありました。

R0026966.JPG

R0026945.JPG

昔は茶屋などで賑わったのでしょう。
今は廃屋が目立ち雨も手伝って寂しさが漂います。

R0026971.JPG

R0026979.JPG

櫃坂で一気に下っていきます。

山の中って生い茂る木の枝のおかげで
意外と雨があたりません。

R0026999.JPG

櫃坂の終わりあたりは
大規模な堰堤の開発で一部消滅しています。

消滅したであろう辺りを探索してみると
古い石積みの遺構が多く残っていました。

R0027008.JPG

R0027028.JPG

大小の道標、常夜灯が多い街道筋。
櫛田川の流れに沿って進み
だんだんと平坦な道になっていきます。

R0027043.JPG

R0027052.JPG

R0027048.JPG

実はこの櫛田川。
中央構造線にあたる川になっているので
街道から見る景観は結構スゴイもの。

大きな巨石がごろごろ。
独特な渓谷美を見ることができます。

R0027064.JPG

R0027083.JPG

この櫛田川は
街道最後の難所”津留の渡し”で対岸に渡ります。

橋の近くをよーく見ると
渡しの跡がしっかり残っていました。

R0027099.JPG

R0027101.JPG

ここにある道標ですが
伊勢への矢印が川を指しています。
方角的に間違いないのですが珍しいかもしれませんね。

R0027110.JPG

R0027131.JPG

道標で面白いといえば
手前にある大石宿のあたりで
石垣に埋め込まれたものがありました。

R0027057.JPG
わかりづらいですが電柱と木の棒の間にあります

どういういきさつで
こんな見難い位置に・・・。
なんとも不思議な道標です。

R0027147.JPG

R0027139.JPG

田園風景が広がる街道。

周りが山だった景色も
どんどん開けてきました。

R0027150.JPG

R0027154.JPG

相可の集落は
熊野街道との交点にあります。

ここにある古い道標には
しっかりした「伊勢本街道」の文字。

R0027160.JPG

江戸期は
”街道”が付く呼び名はあまり見かけないだけに
こういうのを見つけると嬉しくなります。

R0027167.JPG

今回は相可の先でゴールとしました。
豪雨の中の35kmは体が冷えますね(^^;

次回はいよいよ伊勢神宮です。

  
posted by にゃおすけ at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 伊勢本街道 | 更新情報をチェックする