2015年12月09日

【街道シンポジウム】 永平寺街道・福井城下→永平寺

街道シンポジウムの一環で歩いてきました。

福井城下から曹洞宗大本山永平寺を結ぶ道として
最も近道で親しまれていたのが今回のルートです。

IMG_0874.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_0775.JPG

冬にも関わらず良い天気の福井。

永平寺街道の起点としては
福井城下の外れの志比口が一般的な考えですが
志比口までに至る道は2本存在していました。

645654654.JPG

古地図を見るとこのとおり。

1つは福井城から用水路(芝原用水)沿いに進む道筋と、
もう1つは北国街道から直線状に伸びてくる道筋。
おそらく前者は城や武家の関係者が主で、
町人や旅人は後者が主だったと思われます。

IMG_0778.JPG

芝原用水は九頭竜川から引き込まれていて
江戸時代に上水路として人工的に作られたものです。

志比口までは現在は暗渠化されていて
地上にはごく一部の川筋だけ姿を見せています。

IMG_0779.JPG

歩道の下にはこのような遺構も。

福井市内は戦災や地震で大変な目にあっていて、
古い時代の建物などはあまり残ってないだけに、
こういった遺構は貴重なものです。

IMG_0788.JPG

IMG_0790.JPG

志比口。福井七口のひとつです。
ここからが福井城下の外というわけです。

北国街道との道筋と合流した永平寺街道は
まだしばらくは芝原用水沿いに進んでいきます。

IMG_0798.JPG

所々に立っている永平寺への道標。
しっかりと距離呈が書かれています。
年代は明治のもので意外と新しいものです。

永平寺街道は明治21年に大改修が行われていますが、
それまでの道筋は大変みすぼらしかったといいます。
この道標もこの時に立てられたものではないでしょうか。

IMG_0800.JPG

IMG_0809.JPG

この付近の古地図を見てみると
街道は用水路の右側を進んでいたのがわかります。

現在は家が建ってたりして所々で迂回せざるえませんが、
昔は馬に乗って巡検(用水路の点検)をしていたと思うので
用水路から外れることなく進んでいたと思われます。

IMG_0816.JPG

えちぜん鉄道追分口駅近く。
名前のとおり街道と街道の追分の場所です。

一見すると車道と旧道が分岐するあたりが
追分と思いがちですが江戸時代のはまだ先。

IMG_0818.JPG

付近の地図を見てみると
どこが江戸時代の追分かなんとなくわかると思います。

車道は明治以降に出来たいかにもって感じの直線道。
旧道は用水路に沿って進んでいます。

立派な道標がある追分です。
勝山方面の勝山街道と分かれます。

IMG_0823.JPG

IMG_0825.JPG

「永平寺道」

享和年間のものです。
他にも古い石標がいくつかありました。

IMG_0824.JPG

かつて存在した茶屋の名物は鮎の木葉鮓だったとか。
少し手前にあった街道松は実に立派なものでした。

IMG_0819.JPG

IMG_0829.JPG

この先の難所の越坂峠までは
原目、間山、重立と各集落を縫うように進みますが、
なぜか街道は集落内には入らず霞めるような道筋です。

もっとも、この付近は
明治初期までは乱水が貯まる低湿地だったそうなので
治水の関係で良い場所を選んで道筋を引いたのか、
それとも誰が通るかわからないから街道を遠ざけたのか、
調べてみると何か面白いものが出てきそうです。

IMG_0836.JPG

IMG_0848.JPG

越坂峠が見えてきました。
ちなみに永平寺はこの峠以上の標高になるので
一旦下ってまた上るという道筋が続きます。

越坂峠は松尾芭蕉も通っていることから
和歌などに峠の名前が残っています

IMG_0868.JPG

峠道自体は明治21年の大改修を経ているので
大変歩きやすいものになっています。

2014-12-06 12-46-41.JPG

現在の峠は江戸期より10m以上掘り下げられたものです。
峠の横にある和歌の碑は掘り下げる工事の際に
上から落ちてきて見つかったという話があります。

2014-12-06 12-29-51.JPG

峠道の途中には古い大きな碑があるのですが
大正天皇が皇太子時代に展望を楽しまれた旨が書かれています。
この時は人力車で通られたそうで村中が大騒ぎだったのだとか。
皇族が珍しいのはもとよりタイヤを見るのが初めてだったそうです。

IMG_0866.JPG

所々に古い石積みが残ります。
苔がべったりとついてて年代を感じます。

おそらくこれは明治の大改修でのものでしょう。
峠にもかつてはこのような石積みがあったそうですが
掘り下げ時にコンクリが吹き付けられてしまっています。

IMG_0867.JPG

IMG_0872.JPG

越坂峠を越える道は他にもルートがあるようで
吉野集落から沢沿いに進むのが古道と文献で紹介されています。

この古道は江戸時代のものなのかそれ以前かは不明ですが
今進んできた道筋は明治の大改修があったにしても
あまりにも整っている上に明治期以前の道標や石仏がないので
沢沿いの道が江戸時代の道の可能性もあるように思います。

IMG_0882.JPG

峠を下って永平寺へ至る国道に出ます。
ここで東古市(丸岡、金津)からの街道と合流します。

ここから先は永平寺川に沿って進みます。

IMG_0886.JPG

IMG_0885.JPG

諏訪間道との分岐点。
この道標は集落にある白山神社の参詣客向けなのでしょう。

国道には時おり大型バスが通っています。
さすがは観光地です。かつては電車も走っていました。

IMG_0888.JPG

IMG_0889.JPG

IMG_0894.JPG

永平寺が近くなると古い石仏が多くなってきます。
石に刻まれた磨崖仏が何体もある場所も。

IMG_0903.JPG

IMG_0906.JPG

寺の前にあった立派な道しるべには
今来た道筋の距離呈が書かれています。

IMG_0913.JPG

「本山元標 距福井停車場四里」

本山とは大本山永平寺のこと。
福井停車場は駅にあたります。

IMG_0915.JPG

山門前が永平寺街道のゴール。

この山門を通れるのは
普段は永平寺の一番偉いお坊さんだけ。
修行僧すら特別の時でしか通ることが許されません。

まとめとして、
永平寺街道は18km弱と歩きやすい街道です。
今の時代はバスで30分もかからずにいけますが、
昔の人々の苦労を偲びつつ歩いてみてはいかがでしょうか。

  
  
posted by にゃおすけ at 20:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 街道シンポジウム | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

関西マンホールサミットに参加。

マンホールを熱く語らう会が神戸でありました。

8人のマンホーラーの講演がメインですが
会場前では出店や展示も豊富にありました。

IMG_0711.JPG

マンホールで焼く焼肉。

この時はすでに売り切れになってたのですが
残りはキャベツ焼きにして焼いていました。
熱の伝わる力はどんなものなのでしょう?

IMG_0710.JPG

私自身、マンホールについては素人で、
街道歩きで気になっていた程度でした。
ところが講演を聞き終わってからの帰り道では、
行きの倍以上時間をかけて帰る自分がいました。

マンホールの図柄は地域によっていろいろあって
色や模様など拘りをもって設置されてるわけですが
今回一番興味を持ったのは骨董蓋といわれるジャンル。

戦前に作られたマンホールが今も現役だったり、
既にない会社のものでも生き続けてるものがあります。

大阪でいうと大同電力のもの、
東京だと東京市のものが一例です。

IMG_0712.JPG

こういうベリーレアなマンホールは
マンホールマップというサイトで探すことができます。

http://manholemap.juge.me/

先人たちが投稿されたものが
GPSの座標付きのマップで一目瞭然です。

IMG_0714.JPG

自治体のマンホールには
その地域の名所や名物、花や鳥など
所せましと描かれてるものが多いです。

その限られた空間での構図は
見ていて感心するものがあります。
パッと見て地域の特色がわかる優れものです。

IMG_0713.JPG

このようなマンホール探しの旅。
車や自転車では見落としがあると思うので
やっぱ歩き旅がベストなのでしょう。

そういう意味では街道歩きの趣味と
共通する部分が多いかもしれません。

歩いて楽しめる趣味。
またまた一つ増えてしまいました。

街道歩き
ingress
マンホール

いずれも思わぬ発見を期待できるもので
さらなる充実した歩き旅になりそうです。


 
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の裏技 | 更新情報をチェックする