2020年03月24日

旅好きになった原点を紐解く。その3

高校は無難に入れる近場の学校を選びました。
元は鉄道学校だったことは入学後に知りましたが
鉄道会社とのパイプは太いままで就職に有利だったものの
校内はいたって普通の男子校の雰囲気だったと思います。

他の高校にない特長のひとつとして
希望すれば駅での実習やバイトを経験できました。
自分自身の趣味は相変わらず鉄道旅行でしたので
実習やバイトは現場を体験できる絶好の機会ととらえ、
まずはJR京橋駅で実習させてもらっています。

実習といっても本番さながらです。
駅の改札口に実際に立って切符を切ったり清算をしたり、
ホームでは安全確認をしたり案内放送をしたり。

北陸方面への珍しい臨時列車が来た時に放送していたのですが
停車する駅の「石動」の読み方がわからず一瞬無言になり、
放送中にも関わらず駅員に確認したなんてことがありました。
今だと音鉄が放送を録音したであろう貴重な列車です。
ネットに晒されていたと思うとゾッとしますね。

切符を切ると書きましたが当時は自動改札機は珍しい存在で
改札ブースに立って入鋏ハサミで切符を切るのが日常でした。
入場は日付と発駅を確認するぐらいの簡単なものですが
出場は京橋を起点とする運賃を丸暗記しておかねばならず
地方の駅からの清算と言われた時にゃてんてこ舞いでした。
京橋駅の乗降はかなりの数ですから戦場みたいなもので
逆によく高校生にやらせていたなと今になって思います。

そんな最中の休憩での駅員さんとの会話は楽しいもので
「混雑してるときは客に切符を持たせたまま切るんだよ」とか
本当かどうかわかりませんがいろいろと良い思い出です。

夏は南海電車の加太線で駅員バイトをやりました。
普段はのんびりとしたローカル線なのですが
夏場は海水浴で賑わう路線です。

大阪からの通勤は片道2時間。往復だと4時間です。
そんな時間あれば勉強しなさいと怒られそうでしたが、
通勤は苦痛ではなく毎日が旅行感覚でした。

このバイトで何が良かったかですが
住んでる場所と違う和歌山を体感することによって
和歌山に疑似的に住んでいる感覚になれたことでしょうか。
駅員という仕事を通じて現地の人とふれあっていると
旅では見つけれない発見がいろいろとありました。

そういえば、磯ノ浦駅は目の前が海水浴場だったので
水着ギャルが電車の時間を聞きにくることがよくありました。
そんな大胆なギャルは駅周りが宅地化になった今でもいるのかな?
なにわともあれ目の保養もあるお得なバイトでした。

ちなみに冬は郵便局でバイトをしていましたが、
時給が良く3年間やってはいたもののイマイチでした。
年賀状の仕分けは単純すぎて向いてなかったのでしょう。

バイトで貯めたお金の大部分は旅の費用にあてました。
中学時代から続けていた近郊の鉄道旅行はもとより、
お得な切符を使って遠方への遠征も果たせました。
無論、この時期は鉄分の濃い旅行です。
観光地を網羅していくような旅はまだまだ先の話です。

初めての関東遠征では得るものが多くありました。
特に有楽町駅の下で食べた吉野家の牛丼は最高でしたね。
当時の大阪にはそんなに進出してなかったですから。

あと、東京で驚いたのはラッシュの光景でしょう。
代々木上原駅でのこと次から次に来る列車は全て長編成にも関わらず
全て超満員。いつもこんな感じですか?と駅員に尋ねた記憶があります。

私が住んでいる大阪も相当な大都市なはずです。
ある程度の東京の様子は本やテレビで想像ができていたのですが、
やはり百聞は一見に如かず。実際に行かないとわからないものです。

次回は大学生でのお話です。
ようやく歴史好きになる転機が訪れます。




posted by にゃおすけ at 11:17 | Comment(0) | 懐かしい記憶 | 更新情報をチェックする

2020年03月13日

加悦SL広場と福知山めぐり

京都は天橋立の近くに「加悦」があります。

あまり聞きなれない地名と思いますが、
丹後ちりめんの産地といえばわかる方も多いでしょう。
産業は繊維業の他にニッケルの産地でもありました。
加悦鉄道はそれらの運搬用として存在していたわけです。

IMG_0494.JPG

晩年は大井川鉄道のような観光鉄道の一面があったのですが、
接続の路線での貨物営業が廃止になったことで連鎖的に廃止となり、
車両の多くはSL広場で第2の人生を送ることになります。

今回訪れたのは閉園間際の3月上旬。
コロナウィルス騒動にも関わらず多くのファンが訪れていました。
SL広場は広場という名前から小規模と誤解されやすいですが
かなりの両数の展示があり、もはや広場の規模ではありません。

一つの鉄道会社の博物館としては
トップレベルの展示内容と言っても過言ではないものです。

IMG_0493.JPG

上の写真は明治期に大阪ー神戸を走っていた2号機関車です。
加悦鉄道には他からの払い下げ車両が数多くありました。
客車は木造のものがあり床からは油臭が香っていたり、
ディーゼルカーは機械式で初期のものです。

ここの凄いとこは全部本物でレプリカではないんですよね。
そんな貴重な車両ですが内部を見学できるものがあって、
シートは継ぎはぎだらけでも窓や鎧戸は普通に開閉できますし
昔の汽車旅はこんな感じだったのかと簡単に想像ができます。

よくぞここまで残っていたと思います。
閉園後これら車両はどうなってしまうのでしょうか。

さて、加悦は丹後ちりめんの産地と書きましたが、
古い町並みが存在します「丹後ちりめん街道」です。
重伝達にも指定されていたので帰りに寄り道しました。

道路には人も車もほとんど見かけません。
コロナウィルス騒動だからなのでしょうか。
町並みの中心にある尾藤家では見学することができ、
時期的にひな祭りだったので雛飾りがされていました。

IMG_0506.JPG

今回、加悦へは福知山で高速を降りて下道で進みましたが、
走ってみると意外と近く道も立派なもので驚きました。
高速道路で天橋立を経由する手もあるにはあるのですが
時間と料金はあまり見合ってないかもしれません。

福知山には市民の憩いの場「三段池公園」があり、
動物園や児童科学館など子供が楽しめる施設があります。
動物園は小動物ばかりですが多くの動物には餌やりが可能で
しかも餌代は50円。これって無茶苦茶安くないですか?
葉っぱ3枚で200円の場所があることを考えると良心的です。
児童科学館には小規模ながらプラネタリウムがありました。

福知山は大阪からは距離的に近く気軽に訪れれる場所です。
しかしながらわざわざ訪れる人は少ないように思います。
大河の光秀人気で脚光を浴びるか注目ですね。



posted by にゃおすけ at 09:38 | Comment(0) | 近畿ボラボラ | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

旅好きになった原点を紐解く。その2

中学生に入っても鉄道好きは相変わらずで、
1人で鉄道を使った旅をすることが増えていきます。

優待券を使って伊勢へ行ったり、京都へ行ったり、
当時、弁天町にあった交通科学博物館に行ったりと、
近場のあちこちへ宿泊を伴わない旅をしていましたが
観光地や名物は金銭的な面からスルーでした。

今思えばもったいない話ですが
旅は何かの目的があってするものですから
乗車するだけで幸せだった当時は満足いくものでした。

学校では普通の中学生を装っていましたが
家に帰ってからの愛読書といえば鉄道雑誌でした。
大学生になるまでは毎月購入していたと思います。
ネットの普及と読む時間の減少で購入しなくなりますが
本という媒体は知識や興味を維持していくには
大事な存在なんだなとつくづく思いますね。
読まなくなると鉄道への関心が徐々に減っていきました。

話を戻しますと、
この鉄道雑誌には鉄道黎明期など古い記事もあるわけですが
ゴツイ旧型車両や鉄道施設の白黒写真を見てるうち、
おのずと時代背景にも興味が沸いてきました。
交通科学博物館の図書館ではバックナンバーが閲覧できたので
館内の見学よりも本が一番の目的だったことがあります。

今では歴史が好き好きでたまらない人ですが
古いものへの興味はこれがキッカケだったんだと思います。
ただ、興味の中心は戦国時代や城といった歴史ではなく、
本格的に歴史が好きになるのは大学生になってからでした。

さて、学校での話です。
クラブは「野外探索部」というのに入っていました。
簡単にいえばみんなで遠足に出かけるという活動です。

二色浜という場所へ潮干狩りに行ったときのこと。
大まかな行き先は顧問が考えてくれるのですが
電車は何に乗ればいいかなどは部員で考える必要がありました。

市内から遠方なので急行→普通と乗り継ぐのが一般的ですが、
当時は緩急接続の概念をあまり理解していなかったので
普通電車に乗れば着くとみんなで考え乗り込みました。

とてつもなくえらい時間がかかり大変でしたが、
顧問は口を挟まず生徒の自主性を尊重してくれていました。
みんなと一緒に考える手作りの旅は実に楽しいものです。
今でも記憶に残る旅ですが肝心の潮干狩りは記憶にありません(笑

他の活動としては近くにある生駒山へのハイキングや
真夏の夜の学校の中を探検することもやりました。
夜の学校は普段は賑やかな場所なだけに本当に怖いものです。
今思い出しても恐怖しかありません。

このクラブ活動では旅の楽しさを教えてもらいました。
体育会系のクラブもいいですが文化系のクラブもいいものです。

続きまして高校時代のお話です。



   
posted by にゃおすけ at 09:44 | Comment(0) | 懐かしい記憶 | 更新情報をチェックする