2020年10月26日

大阪の西の端の街道・尼崎街道その1

大阪と尼崎を結ぶ街道は他にもありますが、
尼崎街道は最も海よりを進む街道です。

かつての大阪の西は旧淀川の河口という場所で、
地盤が悪く島が多いことで渡し等を多用することから、
当街道よりも上流にある街道に人気があったようです。
そういう背景から街道の主な利用層としては、
地域の人々の生活道路だったのではと思われます。

IMG_0563.jpg



街道ルートは資料や時代によって違いますが、
今回は起点を大阪兵庫の境にある辰巳橋としました。
ここは尼崎城下の東端にあたり梅田街道と接続する場所で、
大阪側の終点はかつての繁栄の地である川口としました。

IMG_0564.jpg

辰巳橋を渡れば佃島です。
佃煮は元々はここの漁師の船内食だったのですが
徳川家康との縁で江戸に一部の漁師が移住することになり、
それから有名になっていきます。

そんな佃島は今は北半分は住宅地、南半分は工業地。
この先にある新淀川まではこのような光景が続きますが
元々は新田開発によって発展していった経緯があるので
昔は広々とした水田が広がっていたものと思われます。

IMG_0568.jpg

IMG_0570.jpg

中島川を渡って中島地区へ。

淀川河口部には島が付く地名が多く、
由来も島だったことから付けられたものが多いですが、
中島に関しては新田開発者の中島市兵衛からで人名になります。

川沿いに進むと五社神社があります。
創建は元禄年間で新田開発の折に勧請されています。

街道は五社神社の敷地を沿うように進むと、
神崎川沿いになり、そこにも大きな鳥居がありました。
銘には文化10年とあり、古い地図で確認してみると、
元々の入口はこの鳥居の場所だったことがわかります。

IMG_0575.jpg

IMG_0576.jpg

神崎川は淀川水系になります。
下流では幾つかの川に分かれ大阪湾に注ぎますが
その一つが先ほど見てきた中島川です。

西島に入ります。
街道は西島川の堤防沿いを進みます。

堤防沿いを進む一般的な理由としては、
自然に出来た堤防は他より地盤が固いことが多く、
人々はそういう場所を選んで歩いていたことで、
道として成立していく流れが多いように思います。

IMG_0579.jpg

IMG_0583.jpg

立派な出来島水門。
西島川の堰き止め用の水門になっています。
大阪ベイエリアにはいろんな目的の水門が多いですね。
高潮対策の立派なアーチ型のものもありますし。

IMG_0586.jpg

西島住吉神社がありました。
今は工業地帯の中にポツンとあるので違和感がありますが
元々はこの辺りに集落が存在していた証拠でもあります。

元禄11年の創建なので先ほどの五社神社と同時期のもので
尼崎街道が芽生え始めた頃の認識で良いと思います。

境内には古い狛犬や鳥居の一部が並べられていましたが
阪神大震災で倒壊し復旧した際にまとめられたそうです。

IMG_0588.jpg

IMG_0592.jpg

両島橋で西島川を渡ると百島地区です。
西島水門の先には新淀川が流れています。

明治期の新淀川開削は一体を大きく変貌させました。
北西島、南酉島、北酉島といった地域が川底に沈みましたし、
数多くの旧河川が埋め立てられています。

この福の船溜まりはそういった場所で
かつては大野川が流れこむ河口だった名残です。

IMG_0596.jpg

IMG_0597.jpg

対岸は伝法地区になりますが
開削前は当然ながら地道で歩いて行くことができました。

開削後、1942年に上流の伝法大橋が架かるまでは
対岸へは渡し(大潟渡)の利用が一般的でした。

当時の川幅(水域)は昭和になっても広いものではなく、
それは昔の航空写真を見れば一目瞭然なので、
渡し自体は短距離だったのではと思います。

さて、次回は伝法地区から歩みを進めていきます。


 
  
posted by にゃおすけ at 16:14 | Comment(0) | 大阪近辺の街道 | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

当ブログの出典などについて

街道のルートを調べ方については
以前に書いたとおりで今もやり方自体は変わりません。

「出典」の意味とは?書き方・使い方や「引用」との違いも解説
https://biz.trans-suite.jp/25074#i

出典について参考になるページがありました。
本やネット等を活用し裏をとって記事にするわけですが、
当ブログは学術的な記録というより備忘録のつもりで始めたので
情報の出典に関しての明記はこれまで少なかったと思います。

ですが、最近の記事は手の込んだものが多くなっているので、
情報の出典は今まで以上に重要なことと認識しています。
今後は出来る限り書くように心掛けていきたいところです。

特に街道や歴史のような時代考証的なものは
いろんな考えや説があり正解が一つとは限らないものです。
資料が豊富にあれば正確性のある考えに近づけることができ、
それが出典の明記の意義なんだと思います。

とはいえ、他のブロガーの方もそうだと思いますが、
時間をかけて書くような内容は適当に書くことは稀でしょう。
なので、信憑性は出典の記入がなくとも高いものと考えています。
まー、中には出典がないと便所の落書きと言う人もいますが、
そもそもブログは論文ではないですし自由研究が大半ですからね。

実際のところ私は出典の有無で他人の記事の優劣はしません。
あれば良いですが無ければ無いで自分で裏を取れば良いのです。
膨大に溢れる情報から答えを見つけ出すのは大変ですが、
調べる最中に他に気になることが出てくることがあります。
こうなると時間がいくらあっても足りなくなってきますが、
調べることは自分の知らなかったことに気付かせてくれます。

さいごに、当ブログの記事の信憑性ですが、
文中での確定的表現、例えば「です、ます調」で終わる形では、
念入りに調べあげてのものなので信憑性はあると思って構いません。
一方、「だろう、でしょう、かもしれません」といったニュアンスは
自分自身の考えや想像から述べていることが大半だと思います。
そういう箇所での信憑性はやや下がるのかもしれませんが
一つの考えと捉えて頂き各々で判断してもらえると助かります。

もし、文中で気になる箇所があれば
どうぞコメント欄にその旨をお知らせ頂けると幸いです。
そのほうが交流に繋がりますし新たな情報も得れるでしょう。
出典についても覚えていればお知らせいたします。



posted by にゃおすけ at 11:52 | Comment(0) | つぶやき | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

宝山寺。知られざる奈良の西側。

奈良の観光地は奈良盆地の東側に数多いですが、
西側はそれほど多くない印象です。

とはいえ、奈良は歴史が深い場所です。
全国的に有名でない名所が数多く存在しています。

その一つが宝山寺です。

1.JPG
Googleストリートビューより

第二阪奈道路を大阪方面に走っていると
生駒山の山麓に突き出した小山が見えてきますが、
これが宝山寺にある『般若窟』というもので
実は溶岩ドームなんですよね。

奈良に火山?と驚かれるかもしれませんが、
中生代、古瀬内火山に属する火山の噴火口だそうです。
ようするに大昔は生駒山という山は火山だったわけです。

その際に出た火山石は至るところで使われていて、
暗峠にある石畳の石もこれを流用したものですし、
二上山や屯鶴峯で取れるサヌカイトは有名ですね。

IMG_5464.JPG

この般若窟には弥勒菩薩像が祀られています。

生駒山は古くから役行者の修験道場になっていて、
空海(弘法大師)も修行したと伝えられています。
おそらく般若窟も主要な場所だったと思われます。

宝山寺の歴史は意外と新しいもので
江戸時代の延宝6年(1678年)が事実上の開山です。

境内には江戸時代からの建築物が数多く今も残り、
中には昔ながらの釜で茶を出して草餅を頂ける茶店があるなど
まるでタイムスリップした気分にさせてくれます。

IMG_5466.JPG

さて、宝山寺は大軌(現在の近鉄)と大変関わりがあります。
近代以降は「生駒の聖天さん」として大阪商人の信仰を集めて、
商売繁盛のご利益を求める人で大変な賑わいがありました。

大軌の生駒駅が開通してからは駅から伸びる参道が整備され
大正7年には日本最初のケーブルカーが開通します。
その後の大軌は近畿一円に拡大していくわけですが、
開業当初は生駒トンネル工事の支払いが重くのしかかり、
しかも乗客は雨の日は殆んどないという有様だったそうです。

そこで、取締役が自ら宝山寺に足を運んで
10万枚の切符と賽銭を交換してくれないかと直談判し、
宝山寺側も生駒トンネルのおかげで参拝に便利になったと、
快く了承し大軌を救ったのは有名な話です。

2.JPG
今昔マップより

ちなみに大軌が開通する前はというと、
生駒山を越える必要があり主に「辻子(ずし)越」でした。

大阪側の麓に石切神社がありますが
ちょうどそこから直線状に上っていきます。
道中には丁石が置かれ、茶屋の設置もありました。
ただ、峠の場所が他の生駒越えと比べ高い位置にあり、
それだけ歩く際の苦労があったと思われます。

南側には有名な暗越奈良街道が通っています。
ピークが低い暗峠経由で参拝する人もいたと思いますが、
峠道から分岐する道は立派と言える道ではなかったようなので
石切神社や興法寺も寄れる辻子越に人気が集中していたのでしょう。

『出典』生駒の古道 生駒民俗会著

IMG_5462.JPG

あと宝山寺といえば門前町にある遊郭(料理組合)ですね。
現在の状況は随分と廃れてしまっているようですが、
前回訪れた時(高校受験)は現役の店が多かったように思います。
もちろん当時はなんの店かよく知らなかったわけですが、
怪しさだけはあったと記憶に残っています。

こういった遊郭の賑わいもそうですが、
生駒駅から伸びる参道の雰囲気(石段は1000段規模!)を見ると、
やはり宝山寺は近鉄との関わりが大きいなと実感します。
なにせ今でも年間300万人も訪れる場所です。
遠方の人にも是非寄ってもらいたいと思える奈良の名所です。





posted by にゃおすけ at 11:45 | Comment(2) | 近畿ボラボラ_奈良 | 更新情報をチェックする