2021年03月10日

スーツ氏東海道中を街道ウォーカー視点から

いやー面白かった!

すでに東海道を歩いた身にとっては、
流れる景色がどれも懐かしく感じることができ、
自転車ならではの楽しみ方も知ることができました。

特に圧巻だったのは最終回。

大阪からの帰りの新幹線での実況なのですが、
平行している東海道を延々と追っているんですよね。
そして発する一言一言が共感できるものばかりで。

これって街道歩きを終えた後の感覚と似ていて、
苦労して歩いてきた場所が一瞬で通り過ぎるという、
ワープするような感覚は実に楽しいものなのです。

帰りの電車は疲れていても寝るなんてもったいない。
地図と車窓の睨めっこが常だったりします。



スーツ氏の東海道中は自転車でのものでした。

自転車での利点、歩きでの利点については
前回書いた記事を参照していただければと思いますが、
シリーズを見終えて自転車の良さが改めてわかりました。

まず第一に一気に踏破が可能である点でしょう。
歩きだと東京-大阪間は2週間かかると言われています。
ところが自転車だとその半分以下で行くことができます。

社会人の多くはまとまった休みが取れないので
街道歩きでは2日に分けたりなど分割するのが一般的です。
可能なら一気に踏破することが夢ではあるのですが・・・。

ただ、一気に行く場合、難点があることがわかりました。

それは月曜休館の資料館などに寄れないこと。
こういう系は仕方ないといえば仕方ないですが、
せっかく行くなら寄っておきたいものです。

あと、天候でしょうか。
スーツ氏の場合はうまく調整できていて
雨の日は京都付近のみで収まっていたようですが、
一方で曇りが多く富士山が見えないこともありましたね。

もし、これが分割して行く場合だと、
静岡県は富士山がよく見える冬に歩こうとか、
予定日が雨だから順延しようとかできるわけです。

こういう難点があるとしても、
自転車での良さが動画からよく伝わってきていたので
試しに街道を自転車で行ってみたいなと思っています。

DSC00743.JPG

それにしても、スーツ氏の説明はいつもわかりやすいです。
ポイント、ポイントを実に押さえている印象です。

名古屋付近では佐屋街道を経由しているなど、
マニアックな面も紹介してた点はさすがでしたね。
知らなかったこともあったりと勉強になりました。

ルートに関しては全般的に大雑把な感じがしました。
自転車なので石畳や峠道は通れないのはわかるのですが、
旧東海道ではない道も多かったのは気になりました。

でも、これは決して否定するものではありません。
江戸時代においても町中では好き勝手に歩いていただろうし
観光名所があれば街道を逸れることが当然のようにありました。
むしろスーツ氏の旅は昔の感覚に近いといえるでしょう。
寄りたい場所には寄っていくスタイル。良いと思います。

街道歩きでは人によって歩くスタイルは様々ですが、
寄り道となると少し離れるだけでも体力的にキツイもので、
街道から大きく離れて歩くことは少ないかもしれません。

もちろん寄るべき場所は事前に計画に入れておくのですが、
現地で寄りたい場所が急に出来ることが当然のようにあります。
そのためにも計画は結構余裕をもたせて作るわけですが、
寄り道ばかりしてると日が暮れちゃいますからね・・・。
自転車ならまだしも徒歩では取返しが付きにくいのです。

たかが50m程度の寄り道でもツライなんて
うん十キロも歩いている道中なのに可笑しな話ですが、
ここが歩きと自転車の違いなのかななんて思います。

とにもかくにも、今回のスーツ氏の動画は
我々、街道ウォーカーにとっても参考になることが多く、
街道の良さを再認識させてくれた良シリーズでした。

中山道期待しています!



   
posted by にゃおすけ at 11:55 | Comment(0) | つぶやき | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

スマホ料金 キミにきめた!

この春になって一気に安くなってきました。

現状はIIJの「みおふぉん」を利用しています。
各社から魅力的なプランが発表されてますが、
自分の使い方では過剰なサービスかなと思います。

月平均にして3ギガ程度で収まる使い方で、
それでいてYoutubeなどの動画サービスもよく見ます。
街道歩きでは1日に400メガほど消費するのですが、
使用量が多くなる月はプランを上位にしておくと安心で、
使い切れなかった分は翌月に繰り越すこともできるのです。

これで今まで1760円+通話料でした。
(プラン上位にしても2442円+通話料)

これが5月から始まる新プランだと、
2ギガで780円(税抜)、4ギガで980円(税抜)に。

これってヤバくないですか?
先行して発表されていたAhamoなどと比べても
桁が一つ少ないことがわかると思います。

もちろん、外で動画をガンガン見たいっていう人なら、
みおふぉんはあまりオススメはしません。

新しいビットマップ イメージ.jpg

みおふぉんの欠点としては
混雑時の回線の遅さがあげられます。
特に12時台は顕著でアクセスがままらないことも。
これはMVNO(格安スマホ)の宿命で仕方ない面ですが、
この時間はWIFIを使うなどすれば問題がないことです。

みおふぉんは開始当初から使っていますが、
遅いなーと感じたのは年に2,3回程度でしょうか。

なので新プラン発表次第ではMNPも考えたのですが、
この使い方なら続行でいいなと思いました。
MNPするにも手数料や手間がかかっちゃいますし。

それはそうと、動画サービスをよく見ると冒頭に書きました。
通信を介して動画を見ればギガはどんどん減っていきます。
私のような少ないギガ契約にも関わらず見れているのは
事前にダウンロードしているからに他ありません。

Kingbox」というiOSの無料アプリがあります。
ダウンロードする際は5秒程度の広告が1日3回だけ流れますが、
バックではダウンロードが始まっているので至ってスムーズです。
スマホに貯めておけばギガを気にせず見たい時に見れますし、
通信環境のない地下や山奥でも見れるのも大きな利点です。

新しいビットマップ イメージ (2).jpg

しかも、動画を見てる際に出る広告が一切でません。
Youtubeを見てるとよく途中で出てきますよね。その広告です。

この広告がないおかげで、
ジョギング中や車を運転してる時など、
ラジオ感覚で聞けるというのは大変ありがたいものです。

これが違法アプリかどうかはよくわかりません。
広告収入が配信者に渡っているのかもよくわかりません。
アプリの危険性はAppleStoreで審査を受けて配信されているので
それほど警戒せずに使ってもいいのではと思います。

心配な人はYoutubeの有料サービスを利用するといいでしょう。
でもちょっと高いですね。もう少し安ければ利用するのに。





posted by にゃおすけ at 10:24 | Comment(0) | つぶやき | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

六甲山スキー場は意外と良い!

実に4シーズンぶりにスキーに復帰しました。
2日経った今は筋肉痛に苦しんでいます。
この感覚・・・懐かしいです!

車のタイヤがノーマルということもあり、
近場の六甲山人工スキー場に出かけてみました。

IMG_7493.JPG

人工スキー場の雪質は多くはカキ氷の上を滑るような感覚で、
氷を砕いているだけなので当然と言えば当然です。

ところが、年に数回ある積雪の時にいけば、
まるで遠くのスキー場に来たような感じで滑れるのです。
それは薄っすらと積もるだけでも全然違うもので、
周りの景色も雪に染まり非常に興奮します。

今回はそういうスペシャルな日でした。

IMG_6032.JPG

でも、難点が一つ。
それは道路にも当然ながら雪が積もっています。

南斜面にある表六甲ドライブウェイは
比較的、雪が溶けるのが早い印象があるのですが、
それ以外の例えば西宮側からの県道を辿る道は、
交通量が少ない上に影になっている場所が多いので、
雪国さながらのバーンになってることがあります。

もちろん、ノーマルタイヤにはチェーンは必須です。

今回に備えて非金属チェーンを購入したのですが、
着けるのは片側3分ほど。意外と簡単!?と思いきや、
脱がすほうはちょっと手間取りましたね。
ま、次は大丈夫かな。

それよりも問題は、取り付けをいつにするか悩みました。
経験的に道路脇に雪が見えてきたら警戒サインでしょうか。
多くのスキー場は目的地に近づくほど標高があがっていくので、
路面が現状より良くなることが殆んどないと考えましょう。

これは高山病と似てる部分があるかもしれませんね。
上へ行けば行くほど好転せずしんどくなっていきますから。

IMG_7492.JPG

さて、肝心のスキーですが、やはり体は覚えているものです。
スキーの板は脳が命令して動かすというものではないので、
体に染みついた感覚は簡単には忘れないということなのでしょう。

4年ぶりということでゲレンデの変化も気になっていたところで、
パっと見た感じは以前と同じような雰囲気で安心しました。
というのも、ヘルメット率が高くなったと聞いていたので、
ニット帽だと場違いじゃないかと思っていたのです。

以前からヘルメットは上級者がよく使用していましたが、
ここ六甲山に関しては一割程度ぐらいかなという印象でした。
まあ、これは地域やスキー場によって使用率が違うものでしょう。
バックカントリーもできる場所でビッグなゲレンデであれば、
ヘルメット率は高くなっているのかもしれませんね。

IMG_6068.JPG

IMG_6070.JPG

上の写真は雪だるま製造機です。
なかなか本格的な道具がレンタルにありました。

六甲山は大阪からも1時間ほどで行けるので、
ちょっとした雪遊び体験にはもってこいのところです。
この日もちびっ子ゲレンデは大賑わいでした。

コースに関してはスキーの基礎を覚えるには最適な斜度で、
上級者、初級者問わず、練習に良いバーンと思いました。
遠征の前の足慣らしにも良いでしょうね。




  
posted by にゃおすけ at 13:57 | Comment(0) | スポーツ(スキー、マラソン) | 更新情報をチェックする