2011年12月09日

西方見聞禄・華麗にパリっ!

パリの夜明けは遅い!
11月になると明るくなるのは
7時30分ぐらいからなんですー。

R0014502.JPG

なので、博物館などの開館は
10:00からってのが多くて
いろいろ回ろうと思うと
綿密な計画が必要でした。

R0014954.JPG

まず上のパリ市庁舎
中は見学できなかったのですが

どうです!!この立派さ。

こういう建物がパリ市内には
わんさかあって飽きさせません。

8:00になりました。
ノートルダム大聖堂に入りましょう。

R0014977-1.JPG

R0014983.JPG

天井が高い。そして広い。

R0015001.JPG

もう、さすが!
という言葉しかありません。

R0014985.JPG

実はこのノートルダムというのは
フランスのあちこちにあったりします。

フランス語で
「私達の貴婦人」という意味で、
これは聖母マリアを指しているそうです。

R0015027-1.JPG

外観もなんともいえませんねぇ。

川の名前はセーヌ川。
この辺りの川のあたりは
世界遺産に登録されてます。

R0015039.JPG

薔薇の形をしたステンドグラス。

外から見ると上な感じですが
中から見ると・・・

R0014989.JPG

こんな感じです。

美しいですよね。。。

9:30になると近くにある
サントシャペルが開館します。
フランス語で「聖なる礼拝堂」です。

R0015052.JPG

外観を見ると
ごくフツーの教会なんですが
なんといっても中が凄いんです。

R0015055.JPG

じゃーん!
360度のステンドグラス。

しかも、かなり古いもので
よくもここまで残っていたものだと
感心せざるえません。

R0015060.JPG

ちなみに入場前には飛行場並みの
厳重なセキュリティーチェック。

ガラスだし割れちゃえば
お終いですもんね・・・

R0015014.JPG

R0014960.JPG

さて、また
ノートルダム大聖堂に戻ります。

今度のお目当ては塔に登る!

10時より登れるのですが
1度に入れる人数に制限があるんで
ちょっとした行列になってました。

R0015034.JPG

上に登るには
エレベーターなんてのはありません。

自力で螺旋階段を登っていきます。

そして着いた先はー

IMG_3902.JPG

パリの町並みの一大展望っ!

エッフェル塔からモンマントル寺院とか
もう丸見え!待ったかいがありました。

R0015069.JPG

ガーゴイルという
魔除けが上にありました。
日本の鬼瓦のイメージでしょうか。

そういえば映画2012で
ガーコイルが見つめている先の地平に
隕石が衝突するシーンがありましたねぇ。

R0015100.JPG

ガーコイルは
上のあちこちにありました。
いろんな形があるものですね。

他にも建物自体の
細部に渡るまでの装飾。
実に見応えがありました。

R0015108.JPG
ノートルダムから見たパンテオン

ノートルダム大聖堂の次は
パンテオンに向かいました。

それにしても
町を歩くだけでも楽しい!

R0015122.JPG

R0015114.JPG

石造りのマンションの
テラスの金属のデザインなんか
おフランスって感じばかり。

R0015153.JPG

そそ、
日本と全く違う点を発見。

それは車の路駐の多さ。
こういう形のマンションだから
マイ駐車場を作れないのでしょうね。

R0015124.JPG

中にはこんな間隔で止めてるものも。

でも、これはまだマシなほうだそうです。
どうやって出るんだろ?w

R0015135.JPG

パンテオンはかなりの巨大建築です。

アテネの神殿のような作りですが
それを似せて造った神殿です。

R0015141.JPG

人の大きさと比べると
驚くほど大きいのがわかりますよね。

ユーゴなど有名人のお墓が
地下にあるということで有名です。

R0015152.JPG

この時点で
ちょうど時計の針は12時。

パリ観光の後半は
次回紹介させていただきます(^^)/





  
posted by にゃおすけ at 21:30 | 大阪 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ボラボラ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック