2012年04月10日

奈良街道その2・棚倉→京都伏見

奈良街道パート2として
棚倉から伏見の区間をまとめてみました。

R0018191.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

棚倉からの木津川沿いの道は
並行する旧道が昔の街道と思われます。

R0018187.JPG

少しジグザグといった形です。
そういえば、この辺りは天井川が多いですね。
東海道の石部あたりとよく似ています。

R0018190.JPG

玉水駅の手前の堤防より下るあたり。

放し飼いの犬が2匹(^^;
しかもデカイ!

R0018207.JPG

この道は街道なので気合で通りましたが
街道歩きでなければ迂回していました(^^;

R0018210.JPG

R0018209.JPG

山城青谷駅付近の造り酒屋。
白壁の蔵がとても立派です。

R0018235.JPG

R0018226.JPG

この辺りからの旧道は
抜け道として使ってる車が多くなってきます。
町の雰囲気もこれから京都に近づくにつれ
家が多くなり田園風景から住宅街へー。

R0018253.JPG

五里五里の宿場町。
長池宿です。

奈良からも五里、京都からも五里。
ちょうど中間ということで
ここで休む人も多かったようです。

R0018260.JPG

古い家や和菓子屋も軒を並べますが
全体的にこじんまりとした印象です。

これは
木津川での水運によって
船を利用した人も多かったのでしょう。
そして、奈良と京都の間ということで
距離的にも短かったということもあるのかも。

R0018272.JPG

城陽の地域に入ると
川から離れ標高が少し高くなったからでしょうか
アップダウンのある地形を進んで行きます。

R0018291.JPG

ほとんどの区間で旧道が残り
歩いていて楽しい区間です。

R0018280.JPG

そして、古墳も。
この辺りは古くからの所なのでしょうね。

軒先の椅子やスダレなど
京風の家が多くなってくると
京都が近くなったことを実感してきます。

R0018313.JPG

小倉が近くなると宇治市。
お茶の店が増えてきました。

京都の小倉の読み方は「オグラ」
昔はこの辺りに大きな「巨椋池」がありました。

R0018317.JPG
こちらは巨椋神社

R0018319.JPG

今は埋め立てられ
往時の面影がほとんどありませんが
街道は池沿いを進む形で進んでいたようです。

途中、池の中に堤防を作って
ショートカットした部分もあったそうです。
いわゆる小倉堤ですね。

R0018330.JPG

街道より西側の土地は
明らかに低くなっていて傾斜になっています。

R0018333.JPG

近鉄線沿いに出ると
一面の広々とした田畑が出てきます。
この辺りの近鉄線(当時は奈良電)は
もともと堤防の上に作られたという話です。

R0018335.JPG

向島駅の手前は
消滅した区間があります。

R0018344.JPG

が、一部、堤防上と思われる区間が残ってました。
樹齢がかなりある立派な桜の木。
これはもしかすると小倉堤なのか?
と、想像が膨らみます。

R0018350.JPG

向島駅を過ぎると
ハクモクレンの並木が。

観月橋を渡りゴールの伏見へ。

R0018354.JPG

R0018366.JPG

ここから先は人は伏見街道。
物流は竹田街道という感じで
別れて通ることが多かったそうです。

牛車も通る竹田街道には
車石という舗装道路もありました。

R0018368.JPG

奈良〜京都の街道の完結編として
今度は伏見街道を歩いていこうと思います。

 
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪近辺の街道 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック