2015年07月07日

北国街道その10・小杉宿→岩瀬浜→滑川宿

晩秋の富山県内を歩きます。

IMG_2292.JPG


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_2099.JPG

小杉宿。
朝日に照らされた旧家は美しいですね。

しばらく進むと手崎の追分。
ここで北国街道は2ルートに分かれます。

IMG_2100.JPG
手崎追分。左が今回の道。右が富山城下。

IMG_2102.JPG

立派な道標がありました。

左、いわせ 右、とやま

前回は右の富山城下への北国街道でしたので
今回は参勤交代にも使われた左へと進んでいきます。

IMG_2106.JPG
開業直前の北陸新幹線。

IMG_2111.JPG

雪吊りをしている民家を多くみかけます。

冬はもうすぐ。
北陸の雪は重いので準備が大変そうです。

立山連峰が見えてきました。
まだこの時点では遠いですが歩くにつれ近づいてきます。

IMG_2120.JPG

IMG_2124.JPG

IMG_2133.JPG

下村宿。

この付近は集落を縫うように街道が通ります。
集落の外れには広大な田畑が広がっています。

IMG_2134.JPG

IMG_2151.JPG

祠の中に大切に仕舞われている道標がありました。
正面には「右、江戸道」とくっきり刻まれています。

IMG_2148.JPG

加賀藩では参勤交代で利用する道筋は特に整備に力を入れていて
各地に「道番」と呼ばれる役人を置いていました。

その役人の屋敷があった場所がこの辺りで
地名には道番という名前が今も残っています。

IMG_2161.JPG

IMG_2178.JPG

IMG_2182.JPG

あちこちで色づく木々の葉。
11月の街道は実にカラフルです。

神通川を渡ると岩瀬宿です。

IMG_2188.JPG

IMG_2207.JPG

IMG_2220.JPG

立派な旧家が軒を連ねます。
岩瀬宿は北前船の寄港地として賑わいました。

廻船問屋の「森家」住宅は見学をすることができます。
料金は破格の100円。宿場の古地図もあり見応えがありました。

IMG_2222.JPG

IMG_2215.JPG

家々は富山の町家形式の建て方をしています。

富山市内は大部分が空襲でやられたので
古い家が残っている岩瀬の町並みは貴重そのものです。
古き良き時代の富山を感じることができました。

IMG_2235.JPG

IMG_2243.JPG

港と立山連峰。

だいぶ山々が近くなってきました。
ここからは暫く立山連峰を前に見る形で進んでいきます。

雄大な景色を見ながらというのはいいですね。
富山県内に関しては西から東に歩くのがオススメです。

IMG_2252.JPG

古志の松原。
海岸沿いは立派な松原が連なっています。

街道を行く旅人を日差しから守る役目があった他にも
海からの風雨を避ける意味合いもあったのでしょう。

古志の松原の命名は意外と新しく
昭和初期とのことでした。

IMG_2260.JPG

IMG_2268.JPG

県道の脇にあった旧道の痕跡。

土道であるおかげで
まるで江戸時代さながらの街道光景です。

IMG_2269.JPG

IMG_2282.JPG

IMG_2286.JPG

松原は水橋宿手前まで続いています。

この辺りから増えてくるのは
立派な祠の中に入ったお地蔵さん。

窓や扉がある頑丈なものはなかなかお目にかかれません。
雪風の対策か高波や津浪の対策なのでしょうか。

IMG_2294.JPG
常願寺川河口と水橋宿。

IMG_2301.JPG

津波の話が出ましたが
次の水橋宿では安政年間に津波で壊滅しています。

いわゆる安政地震というもので
富山県内ではあちこちで相当な被害を残しています。

水橋宿においては海岸沿いにあった道筋は
民家とともども内陸へと付け替えられてしまっています。

IMG_2306.JPG

IMG_2313.JPG

白岩川に架かる橋。

かつては水橋川と呼ばれていて
現在の常願寺川と白岩川を合わせた流れでした。

川幅が広く暴れ川だったことから
江戸時代は渡し舟だったのですが2隻しか常駐がなく
交通上のボトルネックだったみたいです。
ちなみに参勤交代では舟橋が架けられました。

IMG_2326.JPG

IMG_2331.JPG

水橋宿では小杉宿の手崎追分で分けた
富山城下からのルートと合流します。

なぜ、参勤交代のルートは城下を通らなかったのか?
加賀藩はご存知、前田氏ですが富山藩も分家の前田氏です。

なので遠慮せず堂々と通ればよいと思うのですが
間柄が近いだけに気を遣うところがあったといいます。
大名行列では金銭的にもかなりの多くの費用を使いますし
城下を通らないことで費用を軽減できた意味もあったのでしょう。

IMG_2333.JPG

IMG_2339.JPG

IMG_2346.JPG

次の宿場の滑川宿を目指します。

その途中にあった「大岩道」の道標。
立山への参詣道のものです。

IMG_2365.JPG

富山県内を歩いていると
立山信仰に関するものを多く見かけます。

関西いると立山は馴染みがないですが
富山では数多くの道が整備され興味がつきません。

IMG_2360.JPG

IMG_2369.JPG

IMG_2376.JPG

滑川宿。

旧宮崎酒造さんの建物は立派です。
本陣として利用されることがあったのだとか。

IMG_2375.JPG

滑川は橋場付近に架かる橋を中心に発展したそうです。

IMG_2383.JPG

IMG_2382.JPG

IMG_2391.JPG

滑川のマンホール。
ほたるいかと立山が描かれています。

さすがは11月。日が暮れるのが早いです。
富山湾の美しい夕日を眺めてこの日を終えました。

IMG_2393.JPG

IMG_2401.JPG
 

  
posted by にゃおすけ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 北国街道(北陸道) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック