2020年07月29日

『街道歩きのススメ』2020年版ルート作成術。

最近、AppleWatchなるものを手に入れたのですが、
これを街道歩きで使えないか試行錯誤していると、
今までにない革命的な方法が見つかりました。

それは「ヤマレコアプリ」です!

AppleWatchに対応しているので
スマホを鞄に仕舞ったまま歩くことが出来る上、
ルート作成は高低差が自動で付く地図なので、
今は亡きルートラボからの移行にもうってつけです。

では、さっそく見ていきましょう。

1.jpg

ヤマレコというサービスは簡単に言うと、

・山行計画でルートを作成できる
・山行記録で歩いた記録を作成できる
・それらの情報を共有できる


この3点でしょうか。
これらはアプリ上で全てすることが出来ますが、
操作性はweb版のほうが断然便利です。
なので途中まではweb版での話をします。

ルート作成で用いられているのは「地理院地図」です。
この地図は山奥の道や旧道などの細い道も載っているので
街道歩きで有能であることはご存知の通りです。

2.jpg

〇手順 1
マイページ→山行計画を書く→地図を書く地域を選択→
手動入力をON→開始地点をクリックしてからルートを書く

地図の右側の入力欄に時間等を書く必要がありますが、
これは後で訂正できるので適当で構いません。

3.jpg

〇手順2
次からのページで保存ステップをいくつかこなします。

最後にある「確認・保存」のステップで
「提出・共有しないで終了する」を押せば完成です。

いくつかステップを踏まないといけないのですが、
こちらも入力項目はメモ程度で適当で構いません。
ルートを描く時間以外なら一瞬で出来ちゃいます。

ルート自体はこれで完成となります。

ただし、一つだけ問題点があります。
それはヤマレコの地理院地図の縮尺が細かくないのです。

地理院地図のサイトで作れば更に拡大できるので、
詳細にルートを作りたい場合はヤマレコで作ることはせず、
まず地理院地図サイトで作ってからヤマレコにインポートします。

追記:ヤマレコでも問題なく縮尺を拡大できるようになったようです

★ポイント
ヤマレコにインポートする理由は地図に高低差がつく。
AppleWatchでルート地図を見れるようにする。の2点。


インポートする場合の手順を紹介します。

〇手順1
地理院地図サイトで作ったルートはkmlファイルで保存する

〇手順2
ヤマレコの山行計画を書く→作成をスキップ→ルート作成ステップ→
GPSログを登録→ログファイル形式をkmlにする

手順1で作ったkmlファイルをインポート。
これでヤマレコの地理院地図の欠点を補えます。

5.jpg

6.jpg

ここまで文字で書くと長々となりましたが、
慣れればスムーズに出来る作業となるはずです。

では、作ったルートを使っての実践といきましょう。
ここでようやくヤマレコアプリの登場となります。

〇手順1
右下のマイページ→山行計画→該当の計画をクリック

7.jpg

〇手順2

「この地図とルートをダウンロード」をクリック。
次の画面では地図の範囲を求められます。

特に問題がなければ一番下のところにある
「この地図とルートをダウンロード」をクリック。

8.jpg

これでスマホの端末に地図がダウンロードされるので、
電波が届かない場所でも見ることができます。

〇手順3

9.jpg

一番下に登山開始というボタンが出てきますが、
まだ押してはいけません。

ここでは上の赤丸で囲んだ該当の計画をクリックします。

10.jpg

〇手順4

一番下にある「登山開始」を押せばスタートします。
開始と同時にGPSログが記録されていきます。
設定によりルートから逸脱した場合の警告や、
時間や標高の音声案内などが出来ます。

ゴール時にはGPSログ録りも終了すると同時に、
ヤマレコサイトの山行記録に下書きとして
アップロードされるという仕組みです。

11.jpg

★ポイント
ログ録りしてくれるのは超優秀。
道中での写真やメモなども残すことが出来るので、
帰ってからの記録作成が非常に便利。


以上がルート作成から歩くまでのご紹介でしたが、
ここからはAppleWatchも活用した方法のご紹介です。

10.jpg

この画面に戻ります。
左下にWatchのボタンがありますが、
これはAppleWatchへデータの転送ができるものです。

AppleWatchのヤマレコアプリを立ち上げた状態で、
Watchボタンを押せば地図もルートも転送されます。

そして、スマホの画面に戻って「登山開始」をクリック。

これで連携が取れた状態でスタートできます。

両手がフリーになることは良いことで、
藪道での藪漕ぎや山道での転倒などでの怪我や、
スマホが壊れたであろう事例からも防ぐことができます。
言わば革命的な歩き方と言っても過言ではないでしょう。

この辺りの詳しいことは
ヤマレコブログに良い記事がありましたので紹介しておきます。

徹底比較 登山に使うスマートウォッチ!
https://www.yamareco.com/10th/?p=6699

実際に歩いて試してみて気になる点を少し。

・バッテリーの持ち
・他のアプリとの同時使用でアプリが落ちるか
・写真をメモとして残した時のアップロードの通信料


バッテリーの持ちに関しては
他のGPSアプリと似たような減り方のように感じました。
問題はAppleWatchですね。これは使い方次第です。
頻繁に見ないようにするならば特に問題はないでしょう。

万が一、充電がなくなった場合はスマホで見れば良く、
AppleWatchは歩く上での必須道具ではありません。
あれば便利という程度の認識で良いと思います。

2番目の他のアプリとの同時使用については、
これも他のGPSアプリと同様のことのように思いました。
落ちる時は落ちるし、落ちない時は落ちない。
Twitter程度なら問題なさそうですが重いアプリは要注意です。
ちなみにGPSログはアプリが落ちても続きから記録されます。

3番目の写真アップロードの通信料の問題。
歩いてる時に写真と同時にメモも残せるという機能は
ゴールしたと同時にサーバーにアップロードされるようです。
スマホの料金プランによってはマズイと思いますので、
写真は帰ってからアップロードする方法もアリかなと思います。

追記:写真のアップロードは終了と同時ではなくなったようです

さいごに

まだ本格的に歩く前でのレポになりましたが、
街道を歩いてる時に欲しいものといえば古地図や航空写真です。
それらをヤマレコアプリで見れれば最高なのですが
ヤマレコは名前のとおり山歩きをメインとしているので
それらが実装されるのは期待薄でしょう。

そこで、これらを見る時は別アプリも使用します。
そう、拙ブログで何度も出ている「スーパー地形」です。
こちらにもルートデータをインポートしておくことで
昔の情報や地形が丸わかりで非常に便利です。

先般のルートラボのサービス停止、
そしてfieldaccessアプリの更新停止で
ルート作成の本命は一体何かの模索が続いてましたが
ようやくヤマレコアプリという本命が出てくれたなと思います。

また気付いたことがあれば追記していきます。




posted by にゃおすけ at 15:55 | Comment(0) | 街道歩きテクニック | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: