2021年06月11日

歩こう。佐賀県。歩くライフスタイルとは

佐賀県ではこのようなプロジェクトがあって、
歩きが楽しくなる町づくりをしてるそうです。

IMG_8415.JPG

簡単に言うと自家用車を利用しない移動は、
これまで気付かなかったものが見えてくるよという話。

街道ウォーカーの方なら実感してると思いますが、
歩くことによってスピードが遅くなることから
車では見落としがちなものに気付くことができたり、
その土地の空気を直に感じることによって、
より魅力を知ることができるのです。

欠点としては時間がかかることですが、
時間をかけた分だけ得るものはあると思います。

IMG_8340.JPG

先日、長崎街道を歩いてきました。
佐賀県内ではすれ違う同業者が多かったです。

これは東海道といった一線級の街道であれば、
1日に何度かあるのですが地方街道だと多くはありません。
案外「歩こう。」が浸透してるのかもしれませんね。

さて、佐賀市のお隣に小京都である小城という町があります。

中心部に歴史資料館的なものがありますが、
小城の魅力は町全体が資料館の役割があることでしょう。

IMG_8330.JPG

○○の跡、○○の旧家といった場所には、
必ずと言っていいほど説明板が置かれてあります。

やはり百聞は一見に如かずということで、
現地で直接、目に入るものは訴求力がありますね。

IMG_8329.JPG

小城の名物といえば「小城羊羹」です。

町のいたる場所に羊羹を売る店があるのですが、
中には試食ついでにお茶まで頂ける店まであります。

実に懐かしい味です。

砂糖をふんだんに使ってるといいますか、
今回、初めて食べるものと思っていたのですが、
おそらく、誰かの土産で頂いていたのでしょう。
以前に食べた記憶が蘇ってきました。

IMG_8337.JPG

さて、小京都と呼ばれる小城ですが、
古い町並みは殆んど残ってない気がします。

もしかすると見落としがあるかもしれませんが、
駅前から伸びるメインストリートは立派なものなれど、
区画整理がなされており残念ながら情緒がありません。

ただ、少し脇道に逸れてみると、
区画整理から免れた古い家々に出会うことができました。

IMG_8335.JPG

IMG_8344.JPG

小城駅舎は明治時代の築です。
駅構内は広く、長いホームにSL時代の面影が残ります。

これだけでも小城に来る価値があるものですが、
4月の中頃に火事があり一部燃えてしまっています。
全焼してないのは不幸中の幸いですが痛々しい限りです。




posted by にゃおすけ at 11:44 | Comment(0) | 九州ボラボラ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: