2022年04月25日

パパとムスメの東海道五十三次・藤川宿→御油宿

●15日目、藤川宿→赤坂宿→御油宿


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

IMG_2578.JPG

車掌さんもバイバイ〜!と声をかけてくれました。
よっぽど嬉しかったのか「テンションあがるわ」だって (笑

今回はまるでGWのような陽気になりました。
歩くにはこれぐらいがちょうど良いのですが、
気を付けなければならないことが一つ。

IMG_2587.JPG

それは水分の補給です。
まだ寒かった午前中はそうでもなかったのですが、
昼になると娘は薄いシャツだけで歩くようになり、
それにつれて飲み物をどんどん欲していきます。

町中なので自販機類の心配はしてなかったのですが、
これからの季節は予備の飲み物の準備は大事ですね。

健康のためにも飲み物はお茶で。
ジュースはちょっと我慢してもらいましょう。

IMG_2590.JPG

少ないながらも連子格子の建物が残る藤川宿。

往時は比較的小さな宿場町だったようです。
隣に大きな岡崎宿や男衆に人気の赤坂宿があったので
泊り客が分散してしまっていたのだそうです。

IMG_2613.JPG

IMG_2589.JPG

藤川宿資料館はこじんまりとした展示施設。
前回訪れた10年前と何も変わらない展示で感動しました。
もちろん良い意味で。

小規模であってもあるのとないのとでは、
宿場の印象が全然変わってくるので有難いことです。

IMG_2593.JPG

IMG_2618.JPG

IMG_2626.JPG

道端に咲いた可愛い花。
いきなりポケットに入れて持って帰ろうとしています。

ママに持って帰ってあげる

まぁ、これはこれで嬉しいことではあるのですが、
写真に撮って見せるのが一番だよと教えておきました。

IMG_2673.JPG

名鉄と国道1号が並行して進んでいます。
天候が良かったので花粉がいっぱい飛んでました。
おかげで娘はくっしゃみを連発・・・。

ほどなくして本宿の”cafeあじこ”にてランチタイム。
ご飯は五穀米だったのですが娘はどうも苦手なようでした(^^;

IMG_2639.JPG

IMG_2636.JPG

一つ横の筋が大動脈の国1なのが信じられない風情。
こういうギャップがたまりません。

本宿の代官はあの柴田勝家の末裔だったそうです。
建物は復元され本宿のシンボル的存在になっていました。
また、は徳川家康が幼少期に育った法蔵寺があって、
東海道を行く大名は下馬して詣でていたそうです。

本宿はただの間の宿ではないですね。
見所が多くあります。

IMG_2648.JPG

IMG_2659.JPG

IMG_2677.JPG

長沢付近では思いがけず良い町並みに出会えました。

東海道は本など資料が多いですが
紹介されてない良い場所を見つけた時はこの上ない喜びを感じます。

梅が咲いてました。もう春です。
娘も四季の移り変わりを実感しているはずです。

IMG_2684.JPG

IMG_2696.JPG

赤坂宿は飯盛女を多く抱えていた宿場町でした。
元旅籠の大橋屋が残っていて公開されています。

さっそく見学。
まずは天井が高くて驚きました。
奥には季節柄、雛人形が飾ってあって思わずほっこり。

IMG_2701.JPG

IMG_2714.JPG

さぁ、御油の松並木です。
往時を思わせる松並木が現存してるのは何とも良いですね。
娘と高さを比べると何倍も高いのがわかります。

松並木は絵になるのですが
どれも同じ構図になってしまうのが悩みのタネですね・・・。

IMG_2707.JPG

御油宿は松並木に注目されがちですが
町並みもまた伝統的な家屋が並んでいて良いものでした。

今回も無事に終わったわけですが、
豊橋が近くなって大阪から随分と遠くなってきました。

IMG_2716.JPG

遠くなることの問題は行き帰りが長くなることで、
それだけで疲れた〜となってきてしまいます。
そこで今回も秘密道具を用意しました。

「ワイヤレスヘッドホン」

もう娘に”あまあま”です・・・。

事前にiPhoneに取り込んだ動画を喜んで見ていたので、
とりあえず移動での退屈対策はこれで良しとします。
まあ、本当は簡単な勉強でもさせなきゃと思うのですが、
東海道を歩くこと自体が勉強になってますからね。

IMG_2721.JPG

次回は豊橋までの日帰りか泊りで二川宿までを考えています。
10km程度の行程の旅はまだ暫くは続けていきますが、
距離短縮のおかげか今日の娘は終始ご機嫌で良い旅でした。



 
posted by にゃおすけ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック