2022年06月22日

パパとムスメの東海道五十三次・JR磐田駅→袋井宿

●21日目 JR磐田駅→見附宿→袋井宿  


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

この日は前日以上の暑さになりました。

朝食はホテルのバイキングを頂きましたが、
2人分の取り分けとなると大変でした・・・。

しっかりエネルギーを補給して出立です!

IMG_3800.JPG

IMG_3795.JPG

ミニクラブになっていた大きな町家。
古民家再生でカフェに転用する例はよくありますが、
この手の商売への転用は初めて見た気がします。

磐田駅前の印象はサッカー需要によるホテル乱立以外は
意外とレトロな雰囲気が残っていて良いものでした。

このシブいビルが並んでる様子なんて最高です。

IMG_3804.JPG

IMG_3808.JPG

旅の安全を祈って府八幡宮を参拝しました。

娘はまだ参拝の仕方をよく分かってない様子ですが、
何度も神社に立ち寄ることで自然に覚えていくでしょう。

学校や塾では教えてくれないようなことを
街道を通して知ってくれたらいいんですけどね。

IMG_3819.JPG

国・分・寺・跡!

ええ、ここでもやりました。追いかけっこ。
10分近くやりました・・・。早くも私はバテバテ(汗

IMG_3826.JPG

IMG_3827.JPG

見附宿の入口でパチリ。

近代以降も大きく発展した歴史深い町で、
古くは家康が岡崎城から居城を移す時において、
浜松にするか見付にするか多いに迷ったそうです。

もし、見付になっていたら・・・。
歴史は今と全く違っていたかもしれません。

IMG_3833.JPG

IMG_3836.JPG

見附宿は蔵の多い町です。
御油へと抜ける姫街道入口にも立派な蔵がありました。

そんな見付のシンボル的存在なのが旧見付学校です。
5階に望楼を備えて町を一望することができます。

IMG_3848.JPG

IMG_3855.JPG

お勉強しました♡

「父ちゃんはここ!」と言われたので
私は後ろで立たされています。トホホノホ。

見付の名物は「あわ餅」です。
休憩で食べる目的でとりあえず購入しておきます。
道中では古くからの和菓子屋があることが多いので
街道歩きの楽しみの一つになっています。

IMG_3859.JPG

IMG_3865.JPG

愛宕神社から見付宿を一望。
なんと気持ちの良いことか。

景色を眺めながら「あわ餅」をほおばると、
ここまでの疲れが一気に消え去っていきました。

IMG_3861.JPG

さて、春なので道中では花が咲き誇っています。

娘は名前を聞いてくるのですが
私はこの分野は疎いので殆んどわかりません。

そこで新兵器となったのが「Googleレンズ」
スマホアプリなのですがカメラを対象物に向けるだけで、
そのものの名前がわかるという有難い代物なのです。

これには娘も感激したようで花があれば調べる始末。

おかげで歩みはノロノロに(笑
まあ、何事も関心を持つことは良いことです。

IMG_3875.JPG

IMG_3887.JPG

三ヶ野は磐田原台地の東端部にあたります。

大日堂からの眺めは素晴らしいものがありました。
冬場だと富士山も見えるのかもしれませんね。

IMG_3889.JPG

IMG_3891.JPG

坂を駆け下りて振り返るとこの光景。
まさに台地の端!

IMG_3907.JPG

ここでモナカ投入。

街道ウォーカーに人気のアイスですが、
娘も美味しそうに頬張っていました。

歩きながら食べても
溶けるスピードが遅いので助かります。
あと手が汚れにくいというのもありがたいです。

IMG_3912.JPG

旧澤野医院は昭和9年築。
天窓を多様した屋内が非常に明るい空間。
昔の医療技術も見学することが出来ました。

袋井宿は五十三次の宿場のちょうど真ん中に当たる場所。
町中に「どまん中」が溢れていました。

IMG_3918.JPG

ゴール後に食べたお昼は名物の「たまごふわふわ」

泡を食べる感じですが
昔からこのネーミングだったなんて凄いですよね。

IMG_3926.JPG

街道歩きの後はご褒美に浜松科学館へ。
プラネタリムが最新型で結構凄いらしいです。

こうして2日間の道中を終えたわけですが、
家に帰ってきて結構日焼けしていることが判明。

友達と写真を撮ると1人だけ日焼けになりかねないので、
次回からはさらなる対策を迫られてしまいました。
とりあえずUVカットの帽子を買って様子を見ることにします。



   
posted by にゃおすけ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック