2022年10月25日

パパとムスメの東海道五十三次・箱根峠→畑宿 

●33日目 箱根峠→箱根宿→畑宿 


↑詳しいルートと記録は【山行記録のページへ】もご覧ください。

5月から中断していた東海道歩き。

当初は10月からと考えていたのですが、
箱根は紅葉で混みそうなので1か月前倒しにしました。

IMG_7496.JPG
来宮神社でパワーをget!

9月に入って涼しくなったとはいえ、
小田原は29℃予報だったので気が気でありません。

あと、街道歩きのブランクをどう埋めるかー。

課題が山積みのままの出立となりました。

IMG_7505.JPG

IMG_7498.JPG

涼しいー!箱根峠!

熱海からの路線バスは標高を一気に稼ぐので、
アクロバティックな走行を楽しめます。

酔わないか心配でしたが・・・(笑

それはさておき、
道の駅で早速うどんを食べて燃料補給。
関東のお出汁にも慣れてきました。

IMG_7506.JPG

IMG_7509.JPG

挾石坂の入口。

藪化が激しく道が見えません。
これは時期的なものもありますが想定外です。

娘「行きたくない・・・」

これには、嫌な予感がして焦りました。

IMG_7510.JPG

私「父ちゃんの後をついてきたら大丈夫!」

と、根拠のない自信で誘導。
娘は半泣きになりながらもついてきます。

IMG_7518.JPG

やがて大好きな石畳が現れると、この通り。

楽しんでます(笑

ただし、前日に雨が降ったせいで石畳はウェット。
こういう状態は滑りやすいので要注意です。

箱根峠は標高846m。癒しの空間でした。

IMG_7531.JPG
湧水の冷たさに感激!

IMG_7532.JPG

箱根宿は元々何もなかった場所でしたが
三島と小田原の人が移住したことで誕生します。

今や富士山と芦ノ湖の豪華な絶景が広がる一大観光地。

娘は芦ノ湖湖畔で水遊びをしてみたり、
箱根駅伝のスタート地点で渾身のポーズをしたりと、
娘なりに楽しんでいる様子に見えました。

IMG_7543.JPG

IMG_7555.JPG

箱根で忘れてはいけないのが関所です。

当時は入鉄炮出女は特に警戒していたようですが
我々は入女(江戸に入る)ほうなので無事に通過ー。

この日の富士山は雲の合間からチラチラっと見える感じ。
やはり夏場はなかなか難しいものがありますね。

IMG_7559.JPG

IMG_7580.JPG

天を貫くように真っすぐ生えた樹齢400年の大木が続く。
娘と比較してみるとその大きさがわかると思います。

この箱根杉並木もまた人気のスポットではあるのですが、
連休を翌週に控えていたからか観光客は少なく、
比較的静かな箱根を楽しむことができました。

IMG_7590.JPG

IMG_7615.JPG

甘酒茶屋までは外輪山の上り坂が続きます。
この辺り名前が付いた坂が多いのは難所だった証です。

私が一瞬滑りかけたところ、

娘「私を頼りにしたらあかんで!」
娘「石と石の間を歩くんやで!」

とアドバイスを頂きました(笑

IMG_7630.JPG

甘酒茶屋で400年続く伝統の味に舌鼓み。しめて1400円なり!

名物には少々高くてもお金を惜しみません。
昔の人と同じ体験が出来るのは貴重です。

それは歩いてきてこそ実感できます。

IMG_7626.JPG

IMG_7642.JPG

畑宿までは旧道半分、舗装路半分といった感じでしょうか。

「苦しくて、どんぐり程の涙こぼれる」ほどの急坂なので
娘も思わず「あかーん」「疲れたわ」と弱音を吐いてました。

IMG_7644.JPG

IMG_7646.JPG

風格ある一里塚が門番のように佇む畑宿。
寄木細工が有名な間の宿です。

この日は小田原で宿を取りました。

ほんとは湯本あたりでの宿泊が理想でしたが、
直前キャンセルが不可な宿が多かったり、
朝食付きで朝早い出発が難しいこともあったり、
もちろん、予算的なこともあります(^^;

IMG_7647.JPG

宿に着くなり娘は「マッサージしとくわー」

と、自ら足のメンテナンスをするではないですか。
どこでマッサージ覚えたん?と思いましたが、
よっぽど疲れていたのでしょう。

そのおかげか状態は徐々に回復。
フォロワー様から頂いた葡萄も食べ翌日に備えました。


  
posted by にゃおすけ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック