2022年11月30日

パパとムスメの東海道五十三次・大磯宿→藤沢宿

●36日目 大磯宿→平塚宿→南湖の左富士→藤沢宿



前日と同じく綺麗に晴れてくれました。
駅舎がシブい大磯駅より出立です。

ちなみに荷物は平塚のホテルに置いたまま。
平塚宿を通過する時に回収するという戦法です。

まずは親子共々身軽な格好で朝散歩♪

IMG_8381.JPG

IMG_8389.JPG

松並木がずらりと並ぶ。
朝から清々しい気持ちにさせてくれます。

下の写真は化粧井戸。

化粧とかいて「けわい」と読みます。
虎御前も化粧に使ったというから歴史は古く、
私も試しに・・・と覗くと空でした(涙

IMG_8399.JPG

IMG_8409.JPG

IMG_8412.JPG

平塚宿の浮世絵にも描かれた高麗山が見えてきました。

「あの山の先は山深い場所だから今夜はここで泊まっていきな」
という風に宿の人が客寄せをしていたそうです。

そんな高麗山のことを・・・

あろうことか「クレヨンしんちゃんのお尻に似てる」と。
たしかに特徴的ではあるけども(笑

IMG_8413.JPG

IMG_8425.JPG

高麗山が良さげに見える度にお尻のポーズを手で表現する娘。
同じようなショットを10枚ぐらい撮らされました(汗 

ちなみに、この辺りが平塚宿の京方の入口にあたる場所で、
近くには平塚の名前の由来になった「塚」が存在します。

IMG_8429.JPG

いわゆる「平塚の塚」というもので
桓武天皇の孫娘がこの地で亡くなったので墓として塚が築かれ、
その塚が平らな形状だったことが一説のようです。

10年前に訪れた時は寺の境内の中にあったのですが
今は平塚市に塚の周辺の土地を割譲したとのことでした。

IMG_8428.JPG

IMG_8445.JPG

そして、ここが江戸方の見付。
現在の駅からは随分と西に離れた場所が宿場の中心でした。

立派なアーケード。こういうのはコーフンしますね。
平塚といえば大きなアーケードのあるイメージです。

IMG_8446.JPG

IMG_8451.JPG

IMG_8459.JPG

平塚八幡宮に寄り道してお参りしました。

手を合わせて「無事に家に帰れますように」
「コロナにかかりませんように」声に出して拝んでおりました。

IMG_8465.JPG

神社でお参りする意味もわかってきてる様子。
2礼2拍手1礼の作法も様になってきました。

ホテルで荷物を回収して再び歩き始めます。
娘の装備は朝と変わらず。重いのは私だけ・・・(涙

IMG_8490.JPG

馬入橋からの富士山をパシャリ。

さて、今回の道中からは関東平野に入ったわけですが
人の多い町中をどう乗り切っていくかが悩む点でした。

町の雰囲気を聞いてみると

「大阪と一緒やん!」「イオンあるしな」

子どもの目からすると同じように見えるのでしょう。
でも、どこかしら大阪と違う部分があるのです。
そういう細かな違いを教えながら楽しみました。

たとえば

娘「2階建ての電車すごい!」
私「15両だよ」「環状線は何両だったっけ?」
娘「1,2,3、、、8両!」

ってな具合に(笑

あと、車の多さは暑さよりも大変でしたが、
湘南地方はまだまだ緑が多いのには助かりました。

IMG_8495.JPG
押しボタン式信号を押すのは娘が率先してやってくれます。

IMG_8510.JPG

IMG_8515.JPG

南湖の左富士。

江戸から歩くと普段は右側に見える富士山ですが
道の湾曲によって左に見えるという特別な場所。

富士を見ながら楽しめる茶屋が人気だったそうです。

ちなみに、茅ヶ崎は茅が生える沼地が広がっていたことが由来です。

元々は南湖がこの辺りの賑わいの中心だったのですが
鉄道開業でごっそりと駅周辺に茶屋などが移転してしまいます。

IMG_8522.JPG

IMG_8527.JPG

ここでランチタイム。
せっかくなので茅ヶ崎の名物をと思うのですが
街道歩きではタイミングを合わせるのが難しいことがあります。

地元でもよく食べる”びっくりドンキー”での食事。
まあ、好きなのでこれで良いのです。

IMG_8530.JPG

何を思ってか松の大木の切株を撫でる娘。

茅ヶ崎の駅周辺には意外と松並木が残っています。
都会にも関わらず現代になってもあること自体凄いことで
茅ヶ崎の行政には頭が下がる思いです。

松並木があるということは
江戸時代はただの道だった証拠でもあります。

これだけでも昔の情景がわかって面白いものです。

IMG_8541.JPG

IMG_8547.JPG

嬉しそうに指を指す娘。
「ディズニーランドもうすぐやで!」と声をかけてやりました。

IMG_8557.JPG

四ツ谷立場は大山阿夫利神社の一の鳥居や道標などがある
言わば、追分らしい”追分”です。

IMG_8560.JPG

IMG_8563.JPG

立派なお不動さん。
目を見ながら横を歩くと目が動いてるように見えるんですよ(汗

下の写真はおしゃれ地蔵。
願いが叶うと化粧をするのがルールらしい。

私が「べっぴんになりたいと願ったら?」というと
「またここに来なあかんな」と娘(笑

IMG_8573.JPG

IMG_8571.JPG

藤沢宿は多くの参詣道が集まる交通の要衝で
遊行寺の門前町として古くから栄えた場所でした。

藤沢本町駅付近で今回のゴール!

駅に裏にある伊勢山に登ると江ノ島がよく見えました。

IMG_8588.JPG

藤沢から小田原までグリーン車で移動して
1階席と2階席の乗り比べなんてのもしました。

小田原では足湯もあるビュースポットに立ち寄り。
疲れたわ〜っていう表情がウケる(笑

てな感じで少し観光もしつつ新幹線で帰阪。

IMG_8600.JPG

次回は鶴見駅まで。
残すところ2回の遠征でのべ4日となりました。



   
posted by にゃおすけ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 東海道五十三次 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック