2007年08月02日

大日本帝国の看板が!

今の戦後になってそういう文字を書いた建物は
もう実在しないと思っていたのですが
いまだあるものなんですねー。

SANsdfdsdY0043.JPG

日本水準原点標庫という建物。
ようするにこの中に全国の高さの元があるわけで
場所は永田町。国会議事堂のすぐ近くにあります。
題名の"大日本帝国の看板"は屋根の下あたりで
ちょっとわかりづらいですが旧字体で書いてます。
たしか公的な建物ではこれが唯一のものと
どこかの資料で見たのですが歴史を感じますねぇ。

SANYsdfsdf0044.JPG

そういえば、
昔は帝国や皇国と呼ばれていたのですが
その首都の東京は帝都と呼ばれていました。
その名残といえば、帝国ホテルや帝国劇場など
いまだ残ってるところが多いですよねー。

今で言う「東京メトロ」は以前は「営団」と呼ばれてました。
実はこの「営団」は略称で正式には「帝都高速度交通営団」
さらには京王電鉄もつい最近までは「京王帝都電鉄」でした。
他にも名称に昔の名残のあるものは探せばあるかもですねぇ。

話は元に戻りますが
「日本水準原点標庫」の建物は明治24年製。
空襲にも耐えたというのもスゴイのですが
いまだ現役でいるってのがこれまたスゴイところデス。

タグ:レトロ 東京
posted by にゃおすけ at 20:46 | 大阪 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | 関東ボラボラ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、わが社もその昔、帝国人造絹糸だったっけな?
Posted by うえ at 2007年08月07日 07:20
>うえさん
おお!いかにも
戦前を感じる名前ですねぇ♪
Posted by にゃおすけ at 2007年08月07日 08:41
宇都宮ってなに?
Posted by BlogPetのうさすけ at 2007年08月08日 08:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック